--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

07

10

コメント

「奇跡」への序曲 【みを木】

白河の飲み友けーさんから、昼頃メールが届く。
「急に東京出張となりました。夜飲みませんか?」だって。

行きますとも。

万難を排してでも駆けつけますよ。

だって、けーさんと東京で飲んだことはこれまで1度もないのだ。


すると、ほどなくしてManoaさんからメールが舞い込む。

メールによると、なんでもManoaさん夫妻が週末に仕事で那須へ行くという。
その泊まりがエクシブ那須白河だというではないか!?

ってことはManoaさん白河初参戦ですか!!!

メールには「白河のいいお店を教えて下さい」とある。

よし、こうなればけーさんとManoaさんを引き合わせちゃおう。

「今晩、けーさんと東京で飲むので一緒にどうですか?」 
「白河での作戦をみんなで立てましょう!」と返信する。



話はトントン拍子でまとまり、3人で飲むことにし、場所選びにとりかかる。

けーさんの帰りの新幹線を考え、東京駅周辺で店を探したのだが、
候補はすべて満席で断られる。

そうだ、銀座の「みを木」があるじゃないか。
神田新八新丸ビル店の女将が昨冬に独立してオープンした素敵なお店だ。
メニューボード


けーさんと有楽町駅で待ち合わせ、
まずはビールで再会を祝す。(しょっちゅう会ってるけどね…)


そして、Manoaさんが少し遅れてくるようなので、「篠峰」を先にオーダーして待つ。

篠峰 雄町


すると程なくManoaさん登場!

この3人が同じテーブルで酒を囲む日が来るとは。
なんか不思議な気分。
でも、はじめてという気がしないのもこれまた不思議。


酒肴の注文は年若の私が担当する。
お刺身

枝豆

厚焼き卵

若鮎フライ

ポテサラ


この3人だと、お酒のペースが3倍あがる。

星自慢

天遊琳

満天星

羽前白梅

月の輪


あっというまに新幹線の時間が近づき、けーさんとお別れをする。

神様がけーさんとManoaさんを引き合わせたとしか思えないこの夜は、
「奇跡の夜」の序曲に過ぎないのだった。




佳肴 みを木
中央区銀座2-2-4 
ヒューリック西銀座第2ビル地下1階
03-3563-6033




 
関連記事
管理者にだけ表示を許可する

Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。