--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

07

04

コメント

会津酒魂 【宮泉銘醸株式会社 會津酒造資料館】

ソースカツ丼を平らげ、娘も満足げだ。

あいにくの雨模様なので、午後は郡山で買い物をしようと行ったら、
子どもたちは喜んでいる。

ただし、その前にパパが寄りたいところがあるのだ。

鶴ヶ城のそばには宮泉銘醸があり、酒造資料館をやっているのだ。
子どもたちは「ここはパパにつきあってやるか」という顔で車を降りる。

酒好きは、酒蔵に入るだけで興奮してしまう生き物だ。
宮泉02

山川三兄弟

水


宮泉は会津の老舗「花春」から昭和29年独立して造られた蔵元だ。

宮泉04

最近は寫楽が東京でも売られ、知名度・人気とも高まってきた蔵と言えよう。

宮泉06

宮泉07

試飲

宮泉07 (1)

宮泉08

DSCF2064.jpg

何百円か払うと、蔵の中を少しだけ見学することができる。
タンク

夏酒の仕込みをしているところらしい。
タンク02

DSCF2054.jpg

蔵内

酒造米

小原庄助さんのお墓は白河にもある。
小原庄助

酔い方とグラスの持ち方で性格分析されていた。
これはちょっとおもしろい。
酔い方

グラス持ち方


宮泉か寫楽を買って帰ろうかと思ったが、
好みのスペックのお酒が、純米大吟醸の超高額商品しかなかったので、
お土産購入は断念。



途中で見つけた会津酒楽館(渡辺宗太商店)に急遽ピットイン。
子どもたちは「また~おさけ~」と顔をしかめ、
車から降りても来ない。

カミさんとふたりで品揃えを拝見。

会津酒楽館01

酒庫

会津酒楽館02


DSCF2069.jpg

DSCF2068.jpg

ここで会津娘の雄町と、会州一を購入。
これがこの旅で私が買った唯一のお土産だ。


2日間で酒蔵2軒、酒屋に2軒立ち寄って、
いったい誰のための何のための旅だったのか。

自分でもあきれてしまうが、楽しい旅であった。

帰路は被災者証明書を有効活用し、
会津若松ICから郡山ICへは無料で移動。

ところが、被災者証明を使う人が増え、料金所の一般レーンだけ大渋滞だ。

こりゃこれからも混み続けるからだろうから気をつけないとね。




宮泉銘醸株式会社
會津酒造資料館
会津若松市東栄町8-7
0242-27-0031




有限会社 渡辺宗太商店 会津酒楽館
会津若松市白虎町1番地
0242-22-1076






関連記事
管理者にだけ表示を許可する

Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。