FC2ブログ

06

22

コメント

20年ぶりの中華麺 【めとき】

新大久保駅を降り、大久保通りを右手に数百メートル進む。
戸山方面への路地へ分け入ると、不思議なラーメン屋があらわれる。

「めとき」だ。

高校生のころに何度か食べに来たことがある。
まだやっているのだろうか。
およそ20年ぶりに足を運んでみる。

記憶を頼りに路地を進んでいくと、昔と変わらぬ店構えが見えてきた。
外観


実はここは知る人ぞ知る有名店のようで(でも、取材は一切受けないらしい)、
昔はそんなことも知らずに食べていた。

私はラーメンのことはよくわからない。
美味ければ何でも好きなのだが、
ここは永福町大勝軒の流れを組むお店だということだ。
それがどういう意味を持つのかはさっぱりわからない。

かつて私が通っていた頃もよく店先にお客が並んでいた。
最近も行列が絶えないようだ。

カウンター席が7席しかないからね。

それに営業時間が昼しかやっていないし、日曜が定休日だから、
なおさら行きづらいお店なのだ。

この日は、たまたま行列もなくすんなり入ることができた。
のれんをくぐると、さすがに20年の歳月を感じる店主がラーメンを手際よく作っていた。
丼もお冷やのコップも変わっていない。

メニューもシンプルで中華麺普通(870円)が小(820円)しかない。

ここの普通サイズは普通ではない。
2人前はあるのではないかという麺の量なのだ。

でも、20年ぶりの来店で「小」もなかろうと思い、「普通」にする。
中華麺

うわぁ、懐かしい。
何も変わっていない。

なるとにのりに挽肉と炒められたメンマ。
厚切りのチャーシュー。

そして、こぼれそうなスープに積み上げられた中細麺。

麺


お勘定のシステムも昔のまんまだったが、
そのことはすっかり忘れていて、
ラーメンが出されてすぐに座席の前の小皿に130円が置かれたときに、
思い出したのだ。

食べ終わると、1000円札とこのおつりを交換すればよく、
店主がひとりでやっているお店ならではの工夫なのだ。


ここの煮干したっぷりの魚介系ラーメンはひとたび食べるとすぐにまた食べたくなる中毒性がある。

今回20年ぶりのめときの中華麺ではあったが、
次の訪問は1年以内になりそうだ。

店主にはいつまでも元気でがんばってほしい。
外観02



めとき
東京都新宿区大久保2-29-8
03-3200-8836

営業時間 11:00~14:30(売切れ次第終了・閉店30分前には必着)
定休日 月曜・日曜・祝日



関連記事

ばるべにー

ぜひ「酒呑息子」さんと「酒呑親爺」さんの親子で
新大久保の路地を探検してみてください。

ちょっとレトロなお味にはまります。

06

22

21:56

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad