--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

12

13

コメント

「紀土」12種を12名で学ぶ 【吟花】

飲み友伊藤さんに「『吟花』へ行きませんか?」とお誘いをいただく。
「吟花」はいまをときめく「六花界」グループの姉妹店で女性限定のお店と聞く。

「え? 『吟花』に行けるんですか!!!」

「『紀土』の会なんで、山本さんの紹介で行けるんですよ」と伊藤さん。

これはなんと嬉しいことでしょう。

食随筆家の伊藤さんと「紀土」を醸す平和酒造の山本典正専務は
お互いの著書の出版記念イベントでトークセッションをおこなった間柄。

そのイベントには私もご招待していただいたが、
山本さんの酒づくりへの情熱にとても感動したのだった。

▼そのときの記事はこちらをクリック!
http://barwhiteriver.blog65.fc2.com/blog-entry-2178.html


そして、吟花で山本専務を迎えての日本酒会が開かれるというのだ。
ワクワク♪

場所は残念ながらヒミツ。。。
時間にならないと扉が開かないので、看板もない。
杉玉だけが目印の“隠れ家”だ。

お店につくと、この日のお客さんがすでに6、7人店先に並んでいる。

18:30、定刻にお店が開く。
靴を脱いで中へ入ると、大きなコの字カウンター席。
12名で満席だ。
女性限定とのことだったが、ほかにも男性2名がいて、
女性8、男性4がこの日のお客さんのようだ。

「吟花」は、高橋えりさんが店主として切り盛りされていて、
美しい“きき酒師”なのだ。

「六花界」の姉妹店なので、
出されるお料理は肉・にく・ニク。

写真でお見せしたいが、以前お邪魔した「初花一家」同様(ブログ未掲載)、
撮影NGですので、ご勘弁を。

12名という少人数で、蔵元から直に酒造りのお話を聞きながら、吟花のお料理に舌鼓をうつ。

いろんな日本酒会に出てたが、
日本酒好きとって、こんなに贅沢で、これほど勉強になる会はなかなかない。

私も調子に乗ってあれこれ質問しちゃった。
今思い出しても至福の時間だったなぁ~

会の最後、お酒のお写真はOKとのことだったので、
こちらがそのときの一枚。
梅酒まで含めると12種のスペックを味わった。


高橋さんと山本さんが創り出す至福の時間と空間、最高でした。
ありがとうございました。

伊藤さん、貴重な会にお誘いいただきありがとうございました。
お礼に伊藤さんの宣伝しときます♪

この10月からBSフジではじまった「ニッポン百年食堂」に伊藤章良さんが出演され、
百年以上続いている老舗をめぐっています。

ぜひ、ご覧ください!
logo.png


関連記事
管理者にだけ表示を許可する

Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。