--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばるべにー

いやいや私が有名人なのではなく、飲み友さんがみなさん偉い方々ばかりで、私はいつもその恩恵に預かっているだけです(^^;;

日本酒の人気は若者にもジワジワ広がってはいると思うのですが、若い人たちはお酒全体を飲まなくなってきているようですからね…

若い人たちが家で日本酒を晩酌するとなったら本当の日本酒好きだと思うのですが、私もブログを通して日本酒の魅力を今後も発信していきたいですね。

03

05

06:29

ばるべにー

今度の天明の会には参加できないのですが、また粋酔に来られることがあれば、いずれ遭遇するかもしれませんね。
楽しみにしています。

03

05

06:24

 案山子

こんなイベントに招待されるとは
ばるべにーさんは有名人なんですね

作り手を育てる蔵元さんの凄さが
ヒシヒシと伝わって来ます

でも、作り手だけでなく
飲む方も育てないと日本酒はどうなるのでしょう?
日本酒を飲むの人の
平均年齢が上がっていくだけで将来が不安

03

03

19:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

03

03

02:03

管理者にだけ表示を許可する

03

03

コメント

「紀土」を醸す若き蔵人の情熱に感動! 【蛇の市本店@三越前】

和歌山県の銘酒「紀土」を醸す平和酒造専務の山本典正さんが書いた『ものづくりの理想郷』。
この本の出版を記念して開かれたイベントに参加。
DSCF6735.jpg

先日同じ出版社から発売された
『幸せになれる料理店 東京百年レストランⅢ』の著者である
伊藤章良さんと山本さんとのトークセッションが
このイベント内で企画されている。

「出演者の『特権』でご招待しますよ!」と“飲み友”伊藤さんから嬉しいメールをいただき、
馳せ参じたのだ。

参加者は料飲店の方や日本酒界で高名な方々が多く、
私のようなシロウトが参加して申し訳ないが、とっても楽しい♪

伊藤さん、ありがとうございま~す!
DSCF6770_2015022617011031e.jpg

若き蔵元、山本さんのご挨拶。
DSCF6744_201502261701064ac.jpg

そして、乾杯!
DSCF6748_201502261701071c8.jpg

とにかく若い蔵人たちを大切にしている山本さんの情熱が半端ない。

だから重労働・不規則勤務になりがちな酒蔵であっても、
多くの若者が集まってくるのだろう。
DSCF6754.jpg

『ものづくりの理想郷』が取り上げられていた記事はコチラ
↓クリック!
日本酒の蔵元が書いた注目の“ビジネス書”が話題に!


では、そうした思いのつまった「紀土」のあらゆるスペックを片っ端からいただきましょう。

DSCF6757_20150226170204190.jpg

DSCF6758_20150226170205eec.jpg

DSCF6759.jpg

DSCF6760_2015022617020879f.jpg

DSCF6756.jpg

DSCF6761.jpg

DSCF6764_201502261702222e3.jpg

「紀美野」は地元で昔からあるブランドで、
「紀土」は山本さんが新たに立ち上げたブランドなのだ。
DSCF6773.jpg

「紀美野」ははじめて飲んだが、純米酒がかなり好みの味わいだったな。
DSCF6774.jpg

そして、こちらが平成21年度に醸造した激レアもの。
なんとこれがラストの1本らしい。
心していただく。
DSCF6765.jpg

仕込み水を「和らぎ水」としてしっかり補給する。
DSCF6777.jpg

そして、伊藤さんと山本さんのトークセッション。
日本酒蔵と東京百年レストラン、
「持続可能性~Sustainability」がトークのキーワードになっていた。
DSCF6794_20150226170357b8e.jpg

後半は若き蔵人たちが醸した日本酒をきく。
これらのお酒は市販していない。

勉強のためとはいえ、
若き蔵人たちにそれぞれ造りを体験させてしまうなんて。
実にうらやましい。

そして、こういう取り組みを考え出し、どんどんトライさせる蔵がやはりアツイ!
DSCF6781.jpg


DSCF6798.jpg

DSCF6779_20150226170339ed9.jpg

DSCF6778.jpg

いずれこうした若い蔵人が経験を積んで技術を向上し、
日本酒界を支えていってほしいものだ。


数ある「紀土」のなかで、私がいちばん気に入ったのは、
乾杯で飲んだこの大吟醸だったな。
DSCF6804.jpg


ものづくりの理想郷――日本酒業界で今起こっていることものづくりの理想郷――日本酒業界で今起こっていること
(2014/12/13)
山本 典正

商品詳細を見る

幸せになれる43の料理店 ―東京百年レストランIII幸せになれる43の料理店 ―東京百年レストランIII
(2014/12/24)
伊藤 章良

商品詳細を見る



実は、このイベントには「粋酔」のマスター夫妻もいらしていたので、
このあと2次会へと一緒に向かうのだった。





「また来ますね」と言って店を出てから2時間後、
ふたたび「蛇の市」ののれんをくぐる(笑)
こうなる気がしてたんだよねぇ。。。


「あれ? どうも!」と五代目。

「どうも、お久しぶりです!」と私。

なんなんだ、この会話・・・(笑)


「粋酔」のマスター夫妻と
現代浮世絵を手がける女性画家の方と4人でカウンター席に並び、
おつかれの乾杯!

粋酔に飾られている絵は、この素敵“レディー画家”さんの作品だ。

レディー画家さんとは、はじめましてのご挨拶。
DSCF6810.jpg

さぁ、飲み直すぞぉ!

赤貝
DSCF6815.jpg

ミル貝・ホッキ貝
DSCF6857.jpg

ぶり
DSCF6859_201502261709438f7.jpg

さより
DSCF6856_20150226170908dc0.jpg

たまご
DSCF6858.jpg

カウンターの反対側にマスターのお知り合いがいらして、
こちらのお酒をいただいてしまった。

「宮寒梅」(宮城)
DSCF6816.jpg

次は「豊能梅」(高知)
たぶんはじめて飲む銘柄だ。
DSCF6826.jpg

「久保田」(新潟)・「東北泉」(山形)
DSCF6836.jpg

「久保田」久々に飲んだけど、この生原酒、イケルなぁ~
一方、この「東北泉」はかなり独特な味わいを感じた。

常連さんの若くてかわいい“ポン酒女子”がお燗をつけてくれた。
「辨天娘」(鳥取)。
DSCF6843_20150226170907575.jpg

最後にお燗はカラダもココロもあったまっていいねぇ~
DSCF6841_2015022617090501a.jpg


マスター夫妻には、
「粋酔」が開店する前はいろいろなお店に連れて行っていただいたが、
「マスター」になってから、
外でご一緒したのははじめてだったかも。

楽しかったな。
マスター、また外呑みしましょう!



鮨処 日本橋 蛇の市本店
中央区日本橋室町1丁目6−7
03-3241-3566



関連記事

ばるべにー

いやいや私が有名人なのではなく、飲み友さんがみなさん偉い方々ばかりで、私はいつもその恩恵に預かっているだけです(^^;;

日本酒の人気は若者にもジワジワ広がってはいると思うのですが、若い人たちはお酒全体を飲まなくなってきているようですからね…

若い人たちが家で日本酒を晩酌するとなったら本当の日本酒好きだと思うのですが、私もブログを通して日本酒の魅力を今後も発信していきたいですね。

03

05

06:29

ばるべにー

今度の天明の会には参加できないのですが、また粋酔に来られることがあれば、いずれ遭遇するかもしれませんね。
楽しみにしています。

03

05

06:24

 案山子

こんなイベントに招待されるとは
ばるべにーさんは有名人なんですね

作り手を育てる蔵元さんの凄さが
ヒシヒシと伝わって来ます

でも、作り手だけでなく
飲む方も育てないと日本酒はどうなるのでしょう?
日本酒を飲むの人の
平均年齢が上がっていくだけで将来が不安

03

03

19:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

03

03

02:03

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。