--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

02

20

コメント

のれんわけ 【増田屋@武蔵小杉】

この日は長男と武蔵小杉へおでかけ。

西武線が副都心線・東横線と乗り入れたおかげで、1本で行けてしまう。
便利になったものだ。

用事を済ませ、駅前の「増田屋」に入る。
DSCF2033.jpg


DSCF2024.jpg

DSCF2023.jpg

長男はいつもの「山かけそば」
DSCF2030.jpg

私はそば弁当(特製天丼)にする。
DSCF2026.jpg

天丼は海老2本だが特製天丼は海老が1本で野菜天(なす・かぼちゃ)が入るようだ。
DSCF2029.jpg

「増田屋」って長寿庵みたいに関東ではよく見かけるお店だが、
「増田屋」チェーン店やフランチャイズとは異なり
「のれん会」というシステムで成り立っているのだそうだ。
DSCF2025.jpg


以下、「蕎麦倶楽部」のサイトから引用。


増田屋の「のれん」が創業されたのは明治23年(1891年)で港区麻布(旧町名)の日赤正門前に開業されました。
そして増田屋の「のれん分け」第一号店として、
新潟県人の故古道文次氏が、明治45年に渋谷区原宿(旧町名)に開業したのです。

昭和26年に同志が6,7名営業再開を果たし、
正式に「増田屋のれん会」が発足して発足10周年の昭和36年には会員の数も40店に殖え
「のれん分け」の仕事も盛んに行われました。

20周年の昭和46年には、100店舗の大台に飛躍的な発展を期したのです。

そして迎えた昭和56年の創業90周年並に「のれん会」発足30周年には会員の店数も160余店に発展したのです。

現在、およそ200店舗です。
       
増田屋は、のれん分けでありチェーン店ではないのですべての店が同じ味をしているわけではありません。
独自の研究と発展を成す店もあり個々にがんばっております。



・・・だそうだ。
なるほど、こういうことだったんだな。

カミさんの実家のそばにあった増田屋は残念がら数年前に閉じられてしまったが、
増田屋さんに入ると亡き義父が増田屋さんが好きだったのを思い出すのだ。


増田屋
神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目432
044-711-3111

関連記事
管理者にだけ表示を許可する

Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。