--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

03

13

コメント

だるまと蕎麦とビール 【一休庵@深大寺】

深大寺のだるま市にはじめて行ってみようとカミさんと相談していた。
ところが、当日になってカミさんに急用ができてしまった。

それならば私も行くのを辞めようかと思ったが、
前厄の今年は厄除けの意味もあるので、行くことにした。

練馬から深大寺は意外と行きにくい。
自家用車で行けば距離的には遠くないのだが、
だるま市は大変な賑わいで駐車場も混むだろうし、お酒も飲めなくなっちゃうので、
石神井から吉祥寺までバス。
R0022192.jpg

そして、バスを乗り換え、深大寺へ。
R0022193.jpg


11時頃着いたが、平日ということもあり、思っていたほどの混みようではない。
おそらく前日の日曜日はすごい人出だったのだろう。
R0022196.jpg

R0022199.jpg

どこでだるまを買おうかなぁ。
高崎のだるまが目立っている。
白河だるまの出店はないようだ。残念・・・
R0022201.jpg

高崎とここ深大寺のだるま市は日本三大だるま市に数えられる。
残るひとつはどこのだるま市なのか。

白河のだるま市をあげる説と、静岡県富士市の毘沙門天大祭をあげてい説がある。
まぁ、「三大なんとか」っていうのは大抵どう定義したのかよくわからないからなぁ。
R0022203.jpg

R0022204.jpg

R0022206.jpg

越谷のだるまを購入。
R0022207.jpg

R0022208.jpg

買っただるまを開眼所に持って行く。
R0022210.jpg

深大寺の僧侶が直々に眼を入れてくれるのだ。
R0022211.jpg

ダルマの左目に梵字の阿字を書き入れる。
阿吽の「阿」だ。
これは深大寺独特のものだそうだ。
1年後、心願叶ったダルマの右目に「吽」の字を入れ、
感謝の意を込めてお寺に納めるのが深大寺流ということらしい。
R0022212.jpg

さぁ、だるまに眼も入れていただいて、お詣りは済んだぞ。
となれば、深大寺蕎麦でしょっ♪

深大寺門前には数多くの蕎麦屋が建ち並ぶ。
そのなかから「一休庵」に入る。
R0022214.jpg

深大寺ビールでほっと一息。
R0022215.jpg

ホッピービバレッジが造っている地ビールだ。
売り上げの一部が復興支援になるんだね。
R0022217.jpg

八割・九割・十割とあるのだが、店名を冠した九割の「一休そば」にする。
R0022218.jpg

わりと固めのゆで加減で、しっかりとした歯ごたえがある。
これが深大寺蕎麦のスタンダードなのかな。
R0022220.jpg


R0022222.jpg


R0022223.jpg



食後も深大寺を散策。
R0022224.jpg

神代植物園には入らなかったけど、植物園前の蕎麦屋が気になる。。。
おばちゃんの呼び込みが素敵で、なんだかお店に吸い寄せられていく。
R0022228.jpg


えーい、もう1枚食べちゃおうかな(笑)



深大寺
調布市深大寺元町5-15−1
042-486-5511


一休庵
調布市深大寺元町5−11−2
042-482-6773



関連記事
管理者にだけ表示を許可する

Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。