--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばるべにー

そうなんですよ、太麺も細麺も白河らしさはどこにも感じられず、
何をもって白河なのか聞きたかったですね。

コメントをくださったからびーさんにも御利益が届きますよ☆☆☆

12

14

23:28

びーとも

年末ジャンボ当たる気がしてきました( ̄▽+ ̄*)

12

13

09:19

管理者にだけ表示を許可する

12

07

コメント

「和同開珎」で金運アップ!? 【白河多加水麺 奥我】

たまにはカミさん孝行しなくちゃと、
休みの日に突然秩父方面へ行くことを思いつく。
だいぶ秋も終わりになってしまったが、まだ紅葉も見られるだろう。

関越自動車道と有料道路を使って長瀞へ。

出発したのがすでに12時。
長瀞に着いたのは13時過ぎ。

おー、練馬から1時間ちょっとで長瀞に着いちゃうんだね。


そして、着くやいなや、まずはお昼ご飯だ。



さてと、どこで食べようか。

大丈夫!
ちゃんとチェックしたきましたとも。

せっかくの長瀞ですもの。







訪ねたのは「白河多加水麺 奥我(おうが)」。
無論「白河」の2文字に反応したのだ。
奥我

外観


事前のチェックでは「担々麺」が看板メニューのようだったので、
私が担々麺、カミさんがワンタン麺の醤油にする。

麺は細麺・太麺選べるとのことだったので、
担々麺は太麺、ワンタン麺は細麺にしてみる。
メニュー


ワンタン麺。
ビジュアル的には「白河」らしさがないわけではないが・・・・・・
ワンタンメン


ひとくちもらったが、
残念ながらスープ、ワンタン、細麺、
いずれも「白河」らしさは感じられなかった・・・
R0018833.jpg

どのあたりが「白河」なのか、たずねてみたかったが、
小心者の私にその勇気はない。。。


そして、看板メニューの担々麺。
とっても濃厚なスープだ。

なんだろ、このとろみ感は、溶き卵が入っているのかな?

正直、正統派担々麺とはほど遠いが、これはこれでとっても美味しい。
麺も太麺のほうがいいようだ。
担々麺


「白河ラーメン探訪記 番外編」を楽しんだあとは、
長瀞周辺の観光をしていくことにする。

そりゃそうだ。
ラーメン食べただけで帰ったんじゃ、カミさん孝行になりゃしない(笑)

むしろ余計に怒りを買ってしまうだろう(汗)



どこへ足を伸ばすかな。

実はそれもちゃんと決めてきた。

秩父というと、秩父三社(三峯神社・秩父神社・宝登山神社)や
長瀞ライン下りなどが有名だが、
そんなメジャー処には目もくれず、
我々が目指すのは「和銅遺跡」だ。

彩甲斐街道を秩父方面に向かい、国道沿いに看板を発見。
左折し、まずは「聖神社」を参拝する。
国道から

和銅遺跡という名前ですでにわかるように、
このあたりは日本最古の貨幣である「和同開珎」の鋳造に使われた銅が
採掘された場所なのだ。
和銅遺跡00

「富本銭」という天武朝天皇の時代に鋳造された和同開珎より古い貨幣が
1999年に飛鳥池遺跡から発見されているが、
流通貨幣として認めていいかどうかは
まだまだ研究の余地があるようだ。


だから富本銭の登場があっても「和同開珎」が皇朝十二銭の最初として
奈良時代に広く流通した貨幣としての歴史的意義は変わらない。
和銅遺跡

このあたりで天然銅が採掘され、それが朝廷に献上されたのが708年。
これを喜んだ元明天皇が元号を「和銅」と改元したのだ。
聖神社01

そして、天然銅の献上を機に元明天皇が創建したのがこの「聖神社」なのだ。
聖神社05

聖神社04

社殿の横には木製の大きな「和同開珎」が建てられている。
聖神社02

ちなみに元号は「和銅」だが、
貨幣の「どう」は「同」の字を用いているのである。
和同開珎


和同開珎にまつわる聖神社は「銭神様」ともよばれ、
金運アップの神社として密かに人気があるようだ。

↓これは聖神社を参拝したおかげで、宝くじが当たったり、
競馬が当たったりした人たちが御礼のために
あらためてお参りにきたときに書いたもの。
すごい、御利益だなぁ~
お礼

年末ジャンボや有馬記念を思い浮かべながら(笑)、
いつもよりも丁寧に「二礼 二拍手 一礼」をする。
聖神社03

夫婦杉にもお賽銭がたくさん。
杉


普通の観光客は、聖神社を参拝して終わりだろうが、
マニアックな我々は、さらに奥地へ。

和同開珎の銅が採掘された跡を実際に見に行かないと気が済まないのだ。

聖神社から山の方へあがっていくと、こんな看板が出てくる。
看板

看板に従い、山道を入っていく。
道02


道01

5分ほど歩くと沢のほとりに「和同開珎」の巨大モニュメントが突如あらわる!
日本貨幣発祥の地

その対岸の斜面が「和銅露天掘り跡」なのだ。
和銅掘り跡

掘り跡01

掘り跡02

和銅遺跡説明

標柱



神社にとどまらずここまで来たんですから、
どうか和同開珎の神様、よろしくお願いしますよぉ。


早速カミさんは帰ったら年末ジャンボ買ってたよ(笑)



白河多加水麺 奥我(おうが)
埼玉県秩父郡皆野町下田野1337−5
0494-62-3036



聖神社
埼玉県秩父市黒谷字菅仁田2191




長瀞にある「月の石もみじ公園」で紅葉のライトアップをしていると聞いたので、
暗くなるのを待って寄ってみる。
R0018923.jpg

コンデジじゃ、なかなかうまく撮れないなぁーーー
R0018936.jpg

デジタル一眼レフ欲しいって、はじめて本気で思ったよ。
R0018941.jpg

R0018943.jpg

R0018944.jpg

R0018948.jpg



秩父・長瀞って久しぶりに来たけど、
なかなか見どころが多くて楽しいなぁ。

半日でも十分楽しめた。

意外と石神井から近かったし、また来よう!




関連記事

ばるべにー

そうなんですよ、太麺も細麺も白河らしさはどこにも感じられず、
何をもって白河なのか聞きたかったですね。

コメントをくださったからびーさんにも御利益が届きますよ☆☆☆

12

14

23:28

びーとも

年末ジャンボ当たる気がしてきました( ̄▽+ ̄*)

12

13

09:19

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。