--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

31

コメント

酒瓶を撮るのも忘れるくらい・・・【宵のま@四谷荒木町】

古き良き花街の風情を残す四谷荒木町には、
酒飲みを唸らせる名店が数多く軒を連ねている。

今日訪れる「宵のま」はそんな名店がひしめき合う中でも人気店として有名なのだが、
それはまず女将さん(だって元女優さんですもの)がとてもチャーミングで美しいからだ。

そこに来て日本酒好きの女将が作られるお料理は、酒飲みの心をくすぐるというか、
酒飲みの気持ちがわかっているというか、日本酒に合うものばかりなのだ。

こうなると荒木町を愛するおじさまたちのハートも胃袋も
あっという間に女将にがっちりつかまれてしまうのは当然だ。
DSCF1937.jpg

私も以前から「宵のま」に足を運んでみたかったのだが、これまでそのチャンスがなかった。

ようやく今回、こちらのご常連さんから
「『宵のま』で【12名限定】貸切の会を開くのですがどうですか?」と
お声をかけていただき、念願の「宵のま」デビューとなったのだ。

DSCF1941_20161014135524ebb.jpg

DSCF1946_20161014135523f54.jpg

DSCF1949_20161014135538120.jpg

DSCF1952_201610141355398aa.jpg

DSCF1953_201610141355417ae.jpg

DSCF1942_201610141355269a6.jpg

DSCF1956_201610141355426ed.jpg

DSCF1957.jpg

はじめてお会いする方ばかりで終始緊張気味だった私。

何種類もの日本酒をいただいたのだが、酒瓶をいちいち撮るのもはばかられ、
みなさまとの時間を大切に会話と食事を楽しんだ。

なので、酒瓶マニアの私らしからぬ記事となってしまったが、
いずれまたお邪魔したいと思うので、そのときこそアップしたいと思う。


お誘いいただいたTさん、
当日ご一緒したみなさま、ありがとうございました。



宵のま
新宿区荒木町7−1 野崎ビル 2F




スポンサーサイト

10

24

コメント

女将の手打ちラーメン【割烹きよみず@学芸大学/三軒茶屋】

本日は割烹きよみずの「秋の日本酒会」だ。

きよみずは学芸大学と三軒茶屋の中間(やや学芸大学寄りなのかな・・・)にあるので、
どちらから行こうか迷うのだが、職場からは三軒茶屋ルートの方が行きやすいので、
いつも3番バス停から「目黒駅」行きの乗って行く。

この路線、本数が多くて、わりとボンボン来るんだよね。

DSCF2353_20161014135846292.jpg

そして、5つ目のバス停「学芸大学附属高校」で下車すると、
その道路をはさんだ反対側に「割烹きよみず」はある。

DSCF2354_201610141405246f2.jpg 

カウンター席12名限定、至福の日本酒会のはじまりだ。

DSCF2356_2016101413584923b.jpg

今年お初のいくら♪
この醬油漬けはこのあとの日本酒とも合わせたいので、
取っておいてちびちびいただく。
DSCF2371_20161014135844fc6.jpg

1本目は辛口純米の「久礼」(高知)
パンチを感じつつも切れのいいタイプをしょっぱなに。
いくらと合うなぁ。
DSCF2358_20161014135850cf5.jpg


岩手九戸の松茸と湯葉
DSCF2370.jpg

DSCF2369.jpg

綾花 ひやおろし(福岡)
旭菊さんのお酒。
DSCF2363_20161014135942daa.jpg

DSCF2379_20161014140048255.jpg

霧降 ひやおろし(栃木)
こちらは仙禽さんの別ブランド。
DSCF2381.jpg

琵琶湖長浜産の子持ち湖鮎
これでおとなのサイズ。
この小さいお腹に子がいっぱい詰まっていて美味。
DSCF2388.jpg

アンフィルタード・サケ 備前雄町(奈良)
梅乃宿さんのお酒。
DSCF2383_201610141400458c4.jpg


DSCF2394.jpg

神亀 ひやおろし(埼玉)
これは少しお燗したものも飲み比べたかったな・・・
DSCF2389.jpg

丹波篠山の猪肉
岩手九戸の天然本しめじ、舞茸、香茸
DSCF2401.jpg

店主が大好きな銘柄「手取川 山廃純米 無濾過生詰」(石川)
DSCF2397_20161014140127337.jpg

こちらで6種のお料理と日本酒のマリアージュは終了だが、
まだまだ終わらない。

ここからはオプションとして追加オーダー。

日本酒をもう少しいただこう。
澤乃井 純米吟醸  奥の手(東京)
DSCF2405.jpg 

川口納豆(宮城)
綿屋さんのお酒。
DSCF2406.jpg 

日本酒と納豆、もっともイケナイ組み合わせだと思うが・・・(笑)
川口納豆は宮城県栗原市の地元ブランド納豆。である川口納豆の休耕田で栽培した「美山錦」を同市の「綿屋」さんが醸したお酒ということだ。
natto_kokusan_101102_02_20161021100556120.jpg 


そして、こちらの日本酒会のお楽しみは〆メニューにある。

毎回、趣向を凝らした店主お手製のラーメンが楽しめるのだが、
このところは麺を女将が打つようになって、前回は手打ちうどんをいただいた。

さぁて、今回はどんな〆メニューを企んでいるのかとワクワクしていたら・・・

なんと、ミニ茶漬け&ミニ麺とWメニューをぶっ込んできた。
今までは麺のフルサイズとハーフサイズのチョイスができたけど、
今回はミニの2種。
両方食べてもよし。どちらか好みのミニ1種だけでもよしとのこと。

そりゃぁ、両方食べるに決まってるでしょっ!

真鯛の昆布〆の胡麻醤油の漬け丼
DSCF2427_201610141402244ac.jpg

出汁をかけていただく。
う、美味すぎる。フルサイズで食べたい。
DSCF2426_20161014140222508.jpg

丹波猪肉と天然キノコの味噌らーめん
むむっ、先程の椀物とはまた違った趣の味噌ラーメンに仕上がっている。
DSCF2425_20161014140227dc2.jpg

手打ち麺、いいじゃないですかぁ(^^)/
白河ラーメンを彷彿させるボコボコ感は私好み。
一同、麺ばかりを褒めるもんだから、ご主人ムッとしたなかったかな・・・
女将の麺が褒められてるんだから、そんなことないか(笑)
DSCF2424_201610141402258ef.jpg

いやはや、今日も大満足の日本酒会だった。
次回は1月か・・・なんとかスケジュール調整して伺いたいものだ。

ごちそうさまでした!

DSCF2354_201610141405246f2.jpg 

帰りは学芸大学駅から電車に乗る。
副都心線経由で石神井まで1本で帰れたらいちばんいいんだが、
22時を過ぎると西武線直通の電車は少なくなってしまい、いまひとつ便が悪いのだ。

でも、昔に比べたら東横線沿線がずいぶんと近く感じるようになったものだな。

割烹きよみず
世田谷区下馬4丁目3−9 魚鯛ビル 1F



10

17

コメント

祝1周年! アバンギャルドな手打ちそば屋さん【そば切り かはほり@富士見台】

カミさん、くまくま夫妻に誘われ最近ウクレレをはじめた。
本日はその2回目のウクレレ教室。

会場は富士見台にある「そば切り かはほり」。
富士見台駅南口から近いのだがちょっと目立たない路地にある。

こちらを貸切営業でお借りしてのウクレレ教室というわけだ。

実は、「かはほり」さん、今日(10月17日)でちょうど開店1周年なのだ。
お邪魔したのは先月下旬だが、この日にあわせてアップ!
おめでとうございます。
DSCF1630_20161014122524a81.jpg

私は音楽的センスがないので、ウクレレ教室はパス。
教室後の飲み会目当てなのだ(笑)
だから、レッスンが終わったころを見計らって来店したというわけ。

DSCF1610.jpg

「かはほり」って噛みそうな店名だが、古語に由来し、「コウモリ」のことだ。
だからコウモリの絵が描かれているんだね。
DSCF1628_20161014122523163.jpg

店に入ると、みなさんまだレッスン中。
こちらが先生のガズレレさん。

私もレッスンの様子を少し拝見させてもらったが、みなさん真剣。
楽器弾けるってうらやましいな。
DSCF1627_20161014123034241.jpg 

ガズレレさんで検索するとYouTubeにいっぱい出てきますが、
今話題の『君の名は。』の主題歌の弾き方もアップされていましたので貼っておきますね。
『君の名は。』観ましたが、RAD好きの私にはたまらん映画でした。




レッスン終了。
私も受講生のみなさんに混じって乾杯!

かはほり、お酒にめっちゃこだわってる。
ビールはクラフトビアばかり。
いわゆるナショナルビール(スーパードライとか一番搾りとか)は置いていない。

また日本酒の揃いも20種くらいあったように思うが、
その温度管理がスゴイ!
温度帯の違う冷蔵庫がふたつあって、種類・味によって使い分けているのだ。

かなりの“酒変態”ぶりを発揮してる。
でも、こういう店、キライじゃない。むしろ好き(笑)

箕面ビール
DSCF1638_201610141230001f2.jpg 

COEDO
DSCF1639_20161014122954f18.jpg

常陸野ネスト
DSCF1635_20161014122958529.jpg

私はビールのあと、日本酒に切り替えた。
数種類飲んだが、撮り忘れちゃったな・・・

こちらはワイン組が頼んだボトル。

DSCF1641.jpg

お料理は店主におまかせだ。
今日のために特別料理を用意してくれているという。

このスペシャルメニュー順にご紹介。
DSCF1633_20161014122520ac1.jpg 

DSCF1677_20161014123207364.jpg 

DSCF1678_201610141232088cd.jpg 

DSCF1679.jpg

DSCF1680.jpg


DSCF1643_2016101412320549c.jpg

DSCF1682_201610141232427f7.jpg

DSCF1681_20161014123241693.jpg



DSCF1672_20161014123714c92.jpg 

DSCF1676.jpg 

DSCF1673_201610141235299fd.jpg

DSCF1687_201610141235282f4.jpg

見ての通り、この店、いったい何屋さんなんだ!
イタリアン、中華・・・ただのお蕎麦屋さんじゃないわ。

こちらの店主、とっても勉強熱心でお料理の向学心が半端ないらしい。
まだまだ引き出しが多そうだ。

そして、〆はもちろんお蕎麦。
十割そばだ。

生かえしと本かえしの2種、さらには2種の岩塩でお蕎麦はいただく。
このこだわりも変態的だ(笑)

そして、このかえしの2種がどちらも抜群に美味い!
感動したよ。
DSCF1693_201610141238184ef.jpg

私の好みからすると蕎麦はもう少し水分を含んでいてもよかったかな・・・
DSCF1704_2016101412382205d.jpg


こだわりの塩。
この塩だけで飲めちゃうな。
DSCF1689_201610141238244b6.jpg

そして、ちゃんとデザートもあるのだ。
ブランマンジェ♪
DSCF1694_20161014123819f09.jpg

いやはや酒にも料理にも蕎麦にも驚いた。

「富士見台のアバンギャルドな手打ちそば屋です」って自ら名乗る
店主のブログを読むと、店主の真面目さだったり、変態ぶりだったりがよくわかる。
何度も「変態」って書いてすみません。。。
私の「アバンギャルド」の解釈でして、褒め言葉です。

今日は特別メニューだったから、
今度は通常営業の時にふらっと遊びに来よっと。

中野区上鷺宮4-17-6
03-4291-6158
定休日:水曜日
※17時30分からしか営業してませんのでご注意を






10

06

コメント

只管打喰・只管打呑【パラディーゾ@築地】

またしてもムシキングダンディTさんと築地にやって来た。
これでTさんとの築地は3度目になる(笑)

この日は、いま何かと話題の築地市場のすぐそばにあるイタリアンへお邪魔するのだが、
その前にお店の近くにある「波除神社」へお参りだ。
DSCF0543_201609261437111c7.jpg

ここには築地の神社らしく「活魚塚」「鮟鱇塚」「海老塚」などがある。
DSCF0538.jpg

そのなかで入口付近でひときわ目立っていたのが、吉野家の石碑
DSCF0540_20160926143709cec.jpg

築地場内の吉野家が1号店であることはよく知られているが、
豊洲移転にともなって1号店も移転する。
吉野家発祥の地を忘れないで欲しいとの願いから最近建立されたものらしい。
DSCF0542.jpg

さて、本日のお店はこの並びにある。
DSCF0539_20160926143752dab.jpg

寝静まった場外の一角で目映い光を放っていたのが「パラディーゾ」だ。
「トゥットベーネ」の姉妹店である。
DSCF0545.jpg

ちょっと意外な場所にあるが、中は大盛況、満卓だ。
DSCF0546.jpg

こういうお店は私はさっぱりわからんので、T氏にすべてゆだねて、
出てくる物をひたすら食べ、ひたすら飲むことに徹する。
「只管打坐」ならぬ「只管打喰」「只管打呑」と言ったところだろうか・・・
DSCF0547_201609261437282f4.jpg

DSCF0551_20160926143723c88.jpg

DSCF0549_20160926143722242.jpg



DSCF0550.jpg

DSCF0553_20160926143845e9d.jpg

DSCF0554_20160926143847d8d.jpg

DSCF0557.jpg

DSCF0560.jpg

DSCF0568.jpg

DSCF0569.jpg

DSCF0570_201609261439397be.jpg

DSCF0575.jpg 

DSCF0578.jpg

DSCF0579_20160926144020794.jpg

お誕生日が近かった方がいたので、サプライズ!
DSCF0591_20160926144022524.jpg

DSCF0592.jpg


本当にただひたすら食べて飲んだので、
料理の名前とかワインとかまったくインプットされておらず、
なんのキャプチャもなくてごめんなさい。。。

とにかく何を食べても美味しく、楽しませてくれるお店であったことは間違いなかったのだ。

パラディーゾ
中央区築地6-27-3

Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。