--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

27

コメント

『花は咲く』 【呑み処あかり&粋酔】

震災から5年を迎えた3.11。

富士街道にある「呑み処 あかり」で音楽屋きよふみさんのライブを開くことになった。

なんと、きよふみさんは“366日連チャンライブツアー”と称して、
日本中を車で回りながら毎日どこかでライブを続けているのだ。
http://kiyofumiproject.jp/index.htm

そして、きよふみさんが豊島園のお店でライブをしたときに、
熊夫さん・くまくまさん夫妻とお知り合いになったそうで、
後日熊夫さんから「石神井でどこかきよふみさんのライブをさせてくれそうなお店はない?」と
相談をもらったのだ。

投げ銭ライブということだが、意外とそういうことができそうなお店が思いつかない。

するとカミさんが「あかりはどう?」と提案してきた。
早速ママさんにお願いしたら快諾!

ママさん、ありがとうございます。

そして、きよふみさんとあれこれ事前準備をするうちに、
ギターを弾く熊夫さん、フルートを吹くカミさんも、きよふみさんとセッションすることが決定!!!

狙ったわけではないんですが、たまたま石神井に来てくださるのが3.11ということで、
『花は咲く』を3人でセッションし、お客さんみんなで歌おういう企画を立てた。

なんの楽器も弾けない私は、カウンターで飲んで食べて、
写真を撮って拍手を送る担当として参加(笑)

まずは、きよふみさんのライブ。

持ち歌やカバー曲などたっぷり1時間。
すばらしいギターの演奏と生声の熱唱に聞き惚れてしまいました。

そして、ラストが『花は咲く』。

いい歌だ。
この歌を聴くと、どうしてもこの5年間のことが思い出され、胸にこみ上げてくるるものがある。
3人のセッション、素晴らしかった!


ママさんに御礼を言い、「あかり」を出た熊夫さん夫妻と我が家は「粋酔」へ移動。
演奏でお腹が空いたきよふみさんを粋酔にお連れし、打ち上げだ。

いぶりがっこの入った粋酔特製ポテサラや唐揚げ、
石神井のどこのイタリアンにも負けないと自慢のリゾットなどをいただく。

すると、時計の針も23時を回り、カウンターや小上がりには私もよく知る常連さんしかいない。

ということで・・・

なかば強引に(笑)、「粋酔」でも急遽ライブをさせてもらうことに♪
マスター、ママさんありがとうございます!


さらには前日が誕生日だった私に、
昨日の朝、搾ったばかりの「天青 朝搾り」をごちそうになっちゃった。

とても思い出深い3月11日になりました。

きよふみさん、
あかりのママ、
粋酔のマスター、ママさん、ありがとうございました。

そしてこのご縁をいただいた熊夫さん夫妻にも感謝し、カミさんもおつかれさまでした。


呑み処 あかり
03-6767-0508

粋酔
練馬区石神井町7-1-2 市井ビル 2F
03-3997-7703

続きを読む

スポンサーサイト

03

20

コメント

猛者会 【蛇の市本店@三越前】

この日は高校時代の同級生Sくんと、
偶然にも共通の知り合いであったTさんと日本橋の「蛇の市本店」へお邪魔した。

こちらは江戸時代から続く老舗。

寶井基角の末裔である五代目とは以前から親しくさせていただいているが、
この五代目が日本酒に精通しており、
寿司屋とは思えぬ酒揃いにいつも驚かされる。

SくんもTさんも大の日本酒好き。
五代目には「日本酒の猛者を連れて行きますからね♪」と予告しておいたのだ。


1/3合ずつくらい、ちょこっと注いでくれるのがありがたい。
これだとどんどん新しいお酒を飲めるからね。
銘柄は五代目や酒匠のしのぶちゃんにすべておまかせだ。

中央は大トロのネギマ。
これ最高だったなぁ~


もちろん、にぎりで〆る。



旨い日本酒に美味い寿司。
日本人に生まれて幸せ。

そして、お会計のあまりの安さにこれまた幸せ(笑)

猛者とともに楽しい一夜であった。


蛇の市本店
中央区日本橋室町1丁目6−7
03-3241-3566


03

13

コメント

早春の宴 【居酒屋純ちゃん@四谷三丁目】

粋酔の常連Oさんにお声をかけていただき、念願の「純ちゃん」に行ってきたぞー!

ほんとは、10月に行くはずが持病の発作により直前で断念。。。

なんとそのときは、スーパーサブのカミさんが参戦したのだ(笑)
私よりもカミさんが先に純ちゃんデビューとはなんとも悔しい・・・

そして、いよいよ私の純ちゃんデビュー。
日本酒について博学で、かつ同じジャイアンツファンでもある、ちばちばさんにも声をかけ、いざ純ちゃんへ。

ちばちばさんは時々コメントをくださっていた方なのだが、
先日粋酔でちょこっとご挨拶しただけだったので、ちゃんと呑むのははじめてなんだよね。

25種の日本酒が次々と出され、一升瓶がぐるぐる席を渡り歩いていく。
お料理は海鮮を中心としたコース料理で、どれも日本酒に合うものばかり。
これで6800円なんだから、予約困難店というのもうなずける。

ボタン海老・縞海老 
グリーンアスパラ 素魚 金目鯛しゃぶしゃぶ  
胡麻豆腐 平貝 TKG 
鱒 ワカサギ



あれ? 瓶の写真が18種しかないなぁ~
取り損ねたか、18種で断念したのか、記憶が定かでない(笑)



カウンター席と小上がりのこぢんまりした店内に、
この日はめいっぱいの16名が参加。

私はほとんどが初対面の方ばかりだったが、
盃を交わせば、その瞬間からもう飲み友だ(笑)

楽しい“早春の宴”、Oさん、ちばちばさんありがとうございました!



居酒屋 純ちゃん
新宿区荒木町6-9 ルミエール四谷 1F
03-6457-7960
完全予約制

03

06

コメント

銘酒時間無制限飲み放題2480円!【創菜和酒 彩貴 赤羽@赤羽】

呑兵衛ライターのYちゃんが「赤羽にいっしょに行きたいお店があるんだけど・・・」って
久しぶりにメールをくれた。
なんでも粒ぞろいの銘酒が時間無制限で飲み放題だというのだ。

えぇー! まじっすか!
勿論、お供しますとも!

お店は12月にオープンしたばかりの「創菜和酒 彩貴」。
店内は真新しく、バイトのおねえさんの応対も初々しい。

クーポンを使うと2480円で冷蔵庫内にある日本酒、国産ワインが飲み放題というシステム。
冷蔵庫からの出し入れはセルフ方式で、お燗器もちゃんとあるので、冷やも燗も自在だ。

豊賀、百春、前、たかちよ、天明、紀土、町田酒造・・・
なかなかのラインナップじゃないですか。
結局、冷蔵庫内のすべての日本酒は飲みきれなかった。


料理はアラカルトで注文。
刺身盛り合わせをはじめ、かにみそバーニャカウダや梅水晶など頼む。

ノミホの冷蔵庫とは別に、十四代、新政、獺祭といったプレミア日本酒も豊富なスペックで揃っているのには驚いた。
こちらを飲みたければ、+100円とか、+300円とか、
銘柄に応じた追加料金を払うと飲めるシステムだ。
Yちゃん、プレミアばかり攻めてた(笑)

そんなんでプレミア料金とお料理代で、結局ひとり7000円になっていた。。。
乾杯の生ビールはノミホとは別だしね。
もう少しオーダーの仕方を工夫すれば、もっと安く飲めたはずだ。

ただ、こちらは最近よくある立ち飲みの日本酒飲み放題店ではないので、
ゆっくり腰を据えて飲めるところはいい。

赤羽は飲み屋激戦区だけど、がんばってほしいな。


創菜和酒 彩貴 赤羽
北区赤羽南1-6-10 2F
03-5939-7839


Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。