--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

27

コメント

安らぎのカウンター 【廣鮨@白河】

久々に白河へ帰った。

となれば、夜は相棒じぇいくさんと廣鮨へ。

毎回毎回、書いているが、ここのカウンターに帰ってくると、心底ホッとする。

大将もおかみさんも「元気だった? 変わりない?」ってあたたかく迎えてくれるし、
じぇいくさんが作ってくれた“マイ箸”は今もちゃんと大切に置いてくださっているし、
ほかの常連さんも「あれ? 帰ってたんだ?」なんて優しく声をかけてくれるのだ。

陶器のグラスの生ビールで喉をしめらせたら、まずははじめに2カンをいただく。
関あじといくらだ。

その後は、廣さんが適当に見繕ってお料理を出してくれる。
白子と牡蠣と穴子ときすの天ぷらは、嬉しかったなぁ~
好きなものだらけなんだもの。


お酒は、いつもワガママ言って持ちこませてもらっている。
この日、私が持参したのは「陸奥八仙」と「一喜」の新酒だ。

じぇいくさんが、「寫楽」、「新政№6」、「花陽浴」。
夜の帝王が、「豊盃」を持ってきたので、
カウンターはとんでもないことに・・・
毎度のことだけど(笑)

ラストはおいなりさんで〆る。
毎回あるとは限らないけど、この日はあったので2コいただく。

いなり寿司は何個食べても飽きないくらい好きなのだが、
ここのおいなりさんが、一番好き!

廣さん、ごちそうさまでした!
また「帰河」したときにはお邪魔しますね。


廣鮨
白河市向新蔵59-12
0248-27-2531


今年の更新はこれがラストですね。
白河ネタで締めくくれてよかったです。

更新頻度は週イチになりましたが、
来年もがんばってゆっくり続けます。

みなさまどうぞよいお年をお迎えください。

ばるべにー



▼追記もありますよ~

続きを読む

スポンサーサイト

12

20

コメント

今年最初の忘年会 【上海小吃@歌舞伎町】

歌舞伎町のなかでもかなりディープな一角にある「上海小吃(シャンハイ シャオツー)」に今年もやってきた。

そう、こいつを喰らいにだ。

上海蟹!!!

毎年この時期、ボジョレーヌーボーの解禁とほぼ時を同じくして、
上海蟹をいただいている。

◇2013年
上海蟹&ボジョレーで忘年会

◇2014年
不夜城で上海蟹



もちろん上海蟹以外も安くて美味い。
お酒も持ち込めるので、ボジョレーやら、オーク樽で仕込んだ日本酒やら、あれこれ持ち寄ってがぶ飲みだ(笑)

歌舞伎町にいながら上海の路地裏にいるかのような錯覚を覚えるお店で、上海行ったことないけど・・・
当然お店の方はみんな中国人。

日本語は通じるんだけど、流暢にしゃべるというわけでもない。
でも、こちらのオーダーはちゃんと聞き分けるし、
通じたのかなぁと不安に思うことがしばしばだが、それでもオーダー間違いをされたことは(私は)ない。

とっても不思議なお店なのだ。

ただ、こちらのお店の難点は、
地図が読めない方、方向音痴の方には、難易度が高すぎるお店だということ。

私はもう何度も足を運んでいるので、駅からまっすぐお店にたどりつくことができるが、
はじめての方は九分九厘、迷うであろう。

もしも運良く店の前まですんなり来られたとしても、
どこから店の中に入っていいものやら悩むに違いない。

この日の会が、今年最初の忘年会だった。
まだ11月下旬だというのに・・・

「忘年会」という大義名分の下、今年は何回飲むんだろう(笑)

こんな上海小吃のDEEPな世界、みなさんもぜひ楽しんでください。


上海小吃
新宿区歌舞伎町1−3−10
03-3232-5909


12

13

コメント

「紀土」12種を12名で学ぶ 【吟花】

飲み友伊藤さんに「『吟花』へ行きませんか?」とお誘いをいただく。
「吟花」はいまをときめく「六花界」グループの姉妹店で女性限定のお店と聞く。

「え? 『吟花』に行けるんですか!!!」

「『紀土』の会なんで、山本さんの紹介で行けるんですよ」と伊藤さん。

これはなんと嬉しいことでしょう。

食随筆家の伊藤さんと「紀土」を醸す平和酒造の山本典正専務は
お互いの著書の出版記念イベントでトークセッションをおこなった間柄。

そのイベントには私もご招待していただいたが、
山本さんの酒づくりへの情熱にとても感動したのだった。

▼そのときの記事はこちらをクリック!
http://barwhiteriver.blog65.fc2.com/blog-entry-2178.html


そして、吟花で山本専務を迎えての日本酒会が開かれるというのだ。
ワクワク♪

場所は残念ながらヒミツ。。。
時間にならないと扉が開かないので、看板もない。
杉玉だけが目印の“隠れ家”だ。

お店につくと、この日のお客さんがすでに6、7人店先に並んでいる。

18:30、定刻にお店が開く。
靴を脱いで中へ入ると、大きなコの字カウンター席。
12名で満席だ。
女性限定とのことだったが、ほかにも男性2名がいて、
女性8、男性4がこの日のお客さんのようだ。

「吟花」は、高橋えりさんが店主として切り盛りされていて、
美しい“きき酒師”なのだ。

「六花界」の姉妹店なので、
出されるお料理は肉・にく・ニク。

写真でお見せしたいが、以前お邪魔した「初花一家」同様(ブログ未掲載)、
撮影NGですので、ご勘弁を。

12名という少人数で、蔵元から直に酒造りのお話を聞きながら、吟花のお料理に舌鼓をうつ。

いろんな日本酒会に出てたが、
日本酒好きとって、こんなに贅沢で、これほど勉強になる会はなかなかない。

私も調子に乗ってあれこれ質問しちゃった。
今思い出しても至福の時間だったなぁ~

会の最後、お酒のお写真はOKとのことだったので、
こちらがそのときの一枚。
梅酒まで含めると12種のスペックを味わった。


高橋さんと山本さんが創り出す至福の時間と空間、最高でした。
ありがとうございました。

伊藤さん、貴重な会にお誘いいただきありがとうございました。
お礼に伊藤さんの宣伝しときます♪

この10月からBSフジではじまった「ニッポン百年食堂」に伊藤章良さんが出演され、
百年以上続いている老舗をめぐっています。

ぜひ、ご覧ください!
logo.png


12

06

コメント

「七賢」で魚を食らう 【行辺@千歳船橋】

この日は、ちょっとマイナーな駅で宴席。

千歳船橋駅から歩いて5分ほどの住宅地にある「行辺(あんべ)」へ向かう。
「あんべ」なんて読めないなぁー(笑)
聞いたら店主のあだ名が「あんべ」だったとか・・・

はじめて来たが、魚介類を中心としたメニューで、どれもしっかりとした仕事をされていて洗練された味わい。
ご一緒した方々も感心していた。

▲お刺身盛り合わせ・焼き白子・太刀魚・なめたがれいの煮付け・穴子・ししゃも・ほたての磯辺焼き


日本酒や焼酎もそれぞれ数種揃っており、酒好きも満足できるラインナップだ。

日本酒は山梨の「七賢」が“推し”らしく、
店の前には七賢の酒樽が3つディスプレイで並んでいたほどだ。

あまりネット情報のない店だが、ここはオススメだね。



行辺(あんべ)
世田谷区船橋1丁目5−13
03-3425-0425


Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。