--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06

30

コメント

じぇいくさんと貝尽くし 【あこや&でんらく@恵比寿】

白河の飲み友じぇいくさんが、出張で東京に来るという。

どこぞで飲みましょうということになり、私が店選びを任されることになったので、
恵比寿の「あこや」に行ってみることにした。

高円寺の「あぶさん」、鶯谷の「うぐいす」に続いてオープンした貝料理のお店だ。

「あぶさん」は行ったことがあるが、あちらは高円寺のディープな路地裏にある昭和テイストなお店だが、
こちらは恵比寿駅前の一等地にあって高級感あるお洒落なお店になっている。
DSCF6883.jpg

恵比寿で有名な「たつや」の向かいにある。
DSCF6884.jpg

カウンターに座り、まずは再会を祝し乾杯☆
DSCF6885.jpg

料理は「貝おまかせコース」にし、
〆のご飯のかわりに酒肴を増やしてもらうようにお願いした。
DSCF6886.jpg

日本酒に切り替える。
するとたくさんのお猪口が出てきて、好きなのを選べるのだ。
私はジャイアンツカラーのお猪口にする。
DSCF6889.jpg

「互」(長野)でスタート。
DSCF6891.jpg

DSCF6893.jpg

お造り
ミル貝の水管の部分が激ウマ!
DSCF6895.jpg

このあと焼いて出される貝のご紹介。
これ全部焼いてくれるんですかっ!!!
DSCF6896.jpg

日本酒のラインナップも豊富で、メニューに出ているお酒にはもう切れてしまっているものもあるようだ。
そのかわりメニューに載っていないお酒も多数あるというので、あとは店主のセレクトにお任せした。

「巌」(群馬)
DSCF6899.jpg

はまぐり
DSCF6901.jpg

貝の出汁だけでつくった茶碗蒸し。
具は一切入ってない。
貝のプリンみたいだ。
DSCF6904.jpg

大あさりに生のりをのせて
DSCF6906.jpg

とこぶしの山椒煮
DSCF6908.jpg

「十九」(長野)
DSCF6910.jpg

じぇいくさん、蒸しアワビでしたっけね?(笑)
DSCF6911.jpg

ほっき貝に酒盗を合わせて
DSCF6914.jpg

ショップカードが天明の枡に。
DSCF6915.jpg

そして、その「天明」(会津)。
店主が蔵まで足を運び直汲みしてきたそうだ。
DSCF6918.jpg

「上亀元」(山形)
DSCF6919.jpg

白貝
超絶美味し!
これがふたりともホンイチであった。
DSCF6921.jpg

サザエ
なんのコメントもいらないね。美味いに決まっている。
DSCF6924.jpg

「玉川 Ice Breaker」(京都)
DSCF6926.jpg

アカニシ貝
DSCF6929.jpg

ホタテ
DSCF6930.jpg

「寶劍」(広島)
DSCF6933.jpg

ラストはしじみ汁。
DSCF6935.jpg

「まだ出てくるん貝っ!」ってほど、貝料理が出てくる。
日本酒も文句なしだし、これだけ飲んだのだからお値段はちょいと張ったが、
じぇいくさんも私も大満足の貝好きにはたまらん「あこや」であった。


つぎは鶯谷の「うぐいす」にも行ってみないとな。


あこや
渋谷区恵比寿南1-4-4
03-6451-2467

続きを読む

スポンサーサイト

06

29

コメント

日曜の戯れ言2014 ㉑反省の日曜日

このところ「日曜の戯れ言」向けのネタがない。。。
2週も休んでしまって、今週はなんとかして書きたい。

なにかアップし忘れているネタがなかったかなぁー
スマホのアルバムを遡ってみる。

すると、私の記憶にない写真が出てきたのだ!


《写真A》

生玉子少しかき混ぜてから、写真撮ろうと思ってあわててスマホを出したと思われる」(笑)


《写真B》



《写真A》・《写真B》を撮影した日付、手帳、そしてうろ覚えな記憶から写真を分析する。



《写真A》は「猛者の集い」でプレミア日本酒をしこたま飲んで帰ったあとに、
大泉学園まで乗り過ごしてしまい、
とっとと帰ればいいのに、
駅前の松屋に入ってガッツリ牛丼を食べたものと思われる。

なにやってんだか。。。


《写真B》
こちらは「とき」で飲んだ帰りに、目の前のローソンで買ったナポリタンと思われる。
この日の「とき」ではしっかりピザを食べてるのに、
ナポリタンをわざわざ買って帰り、きっちり完食とは・・・。

イタリア人もビックリだ。



もういい歳なんだから、
こういう飲み方も、
こういう食べ方も。

やめなきゃね。。。(笑)


06

28

コメント

キャベ玉で〆る 【まるよし@赤羽】

最後はおとなりへ、そのまま流れる(笑)
「まるよし」だ。
DSCF6876.jpg

コの字カウンターでメニューを眺める。
このシンキングタイムが好き。
DSCF6871.jpg

DSCF6867.jpg

DSCF6869.jpg

DSCF6873.jpg

名物のキャベ玉(小)とマカロニサラダで黒ホッピーを、グビっと、サクっと、呑んで、
今度こそおしまいだ。

短時間に赤羽を満喫してしまったよ(笑)
赤羽は楽しい街だね。


まるよし
北区赤羽1丁目2−4
03-3901-8859


06

27

コメント

中〆 【自家製麺 伊藤@赤羽】

2軒目は左の「まるよし」ではなく、右の「自家製麺 伊藤」で〆のラーメンをいただこう。
前から気になっていたお店なので楽しみだ。
DSCF6860.jpg

こちらも人気店なので、並ぶ時間帯もあるようだが、さすがに夕方のへんてこな時間なので、
先客、待ち客、ともにゼロ。
DSCF6863.jpg

肉そばにする。 撮影する角度が悪いな。肉がよく見えていない。。。
普通、中、大とあったので、普通のにした。
DSCF6865.jpg


美味しい!
この手の煮干し系が私は好きなんだなとあらためて実感。
これならサイズは(中)でもよかったなぁ~
まだ食べられそうだ。。。

だから、〆のラーメンのはずが、
中〆のラーメンになってしまったのだ(笑)


自家製麺 伊藤
北区赤羽1丁目2−4
03-3598-2992


06

26

コメント

グッド イ~ブニング♪ 【まるます家 総本店@赤羽】

この日は赤羽へ繰り出す。
雨上がり、夕涼みのひとり酒を楽しもうではないか。

まずは「まるます家」へ。
久々の訪問だ。
DSCF6855.jpg

赤星★でスタート
相変わらず、店内は大盛況。
おっさんばかりでなく、若い女性客がちらほらいたのに驚いた。
DSCF6841.jpg

かつお刺し
DSCF6843.jpg

「100円でお新香どうですか?」って薦められたらもらっちゃうでしょ。
DSCF6847.jpg

げそ天
DSCF6846.jpg

地元、北区のお酒にしよう。
23区内唯一の酒蔵である小山酒造の「丸眞正宗 生貯蔵酒」だ。
DSCF6849.jpg

こはだ酢
DSCF6850.jpg

最後はレモンサワーで爽快!
DSCF6852.jpg

『孤独のグルメ』の気分を味わってお愛想。
DSCF6856.jpg


もうちょい赤羽を楽しんでいきましょうかね。


鯉とうなぎのまるます家 総本店
北区赤羽1−17−7
03-3901-1405


06

25

コメント

田崎真也さんとワイン会 【T+ ティ・プリュス@愛宕神社】

この日はなんと田崎真也さんが手がけるレストランで開かれるワイン会にお招きいただいた。
カミさんと熊夫さん夫妻とで参加する。
DSCF6814.jpg

レストランは愛宕神社の境内にあるという。
日比谷線神谷町駅で降りて歩いて向かう。
DSCF6747.jpg

愛宕トンネル脇の階段を上っていくDSCF6748.jpg

都会のどまんなかにこんな場所があったんだね。
愛宕神社に来たのははじめてだ。
DSCF6752.jpg

愛宕神社は幕末に歴史の舞台として何度か登場する。

桜田門外の変で井伊直弼を暗殺した水戸浪士達らが集結した場所であるし、
西郷隆盛と勝海舟がこの愛宕山から江戸を見渡し、江戸無血開城を決断したとも言われているのだ。

ちなみにこの愛宕山は標高25.7mで「天然」の山としては23区内最高峰とのこと。
(新宿区にある標高44.6mの箱根山は「人工」の山のようだ)
DSCF6750.jpg

しかし、愛宕神社で一番有名なのはこの「出世の石段」であろう。
DSCF6758.jpg



愛宕神社ホームページより転載▼

愛宕神社に上がる急な石段は「出世の石段」と呼ばれています。
その由来は講談で有名な「寛永三馬術」の中の曲垣平九郎(まがき・へいくろう)の故事にちなみます。


時は寛永11年、江戸三代将軍、
家光公が将軍家の菩提寺である芝の増上寺にご参詣のお帰りに、
ここ愛宕神社の下を通りました。

折しも春、愛宕山には源平の梅が満開。
家光公は、その梅を目にされ、 「誰か、馬にてあの梅を取って参れ!」と命ぜられました。

しかしこの愛宕山の石段はとても急勾配。
歩いてのぼり降りをするのすら、ちょっと勇気が必要なのに、
馬でこの石段をのぼって梅を取ってくることなど、とてもできそうにありません。
下手すれば、よくて重傷、悪ければ命を落としそう。家臣たちは、みな一様に下を向いております。

家光公は、みるみる機嫌が悪くなり、もう少したてば、怒りバクハツ!というそのときに、
この石段をパカッ、パカッ、パカッとのぼりはじめた者がおりました。

家光公。その者の顔に見覚えがありません。

「あの者は誰だ」 近習の臣に知る者はありません。

「おそれながら」

「おう」

「あの者は四国丸亀藩の家臣で曲垣平九郎(まがき・へいくろう)と申す者でございます」

「そうか。この泰平の世に馬術の稽古怠りなきこと、まことにあっぱれである」

平九郎は見事、山上の梅を手折り、
馬にて石段をのぼり降りし、家光公に梅を献上いたしました。

平九郎は家光公より「日本一の馬術の名人」と讃えられ、
その名は一日にして全国にとどろいたと伝えられております。


この故事にちなみ、愛宕神社正面の坂(男坂)を「出世の石段」と呼び、
毎日多くの方が、この男坂の出世の石段を登って神社にお参りにみえております。

なお、実際に神社にみえた方は男坂をごらんになって、
「こんな石段を馬が上れるわけがない。曲垣平九郎の話は講談だからウソだろう」
と思われるのですが、江戸以降にも男坂を馬で登り降りすることにトライをして、
成功している方が何人かいらっしゃいます。

明治15年・石川清馬(セイマ。宮城県出身)

大正14年・岩木利夫(参謀本部馬丁)廃馬になる愛馬のために最後の花道をつくった

昭和57年・渡辺隆馬(ワタナベ リュウマ。スタントマン)
「史実に挑戦」というテレビの特番で。
この番組では石川五右衛門は本当に大凧に乗って逃げたのか、
なんていうのもやりました。
神社では、男坂を馬で上下するのに成功された方の絵や写真を見ることができます。

また、曲垣平九郎が献上したと言われる梅の木は、
拝殿前の左手にあり、神社の四季を美しく彩っています。



鳥居の奥にあるかつて茶屋だったところがこの日の会場「T+ ティ・プリュス」だ。
DSCF6757.jpg

まさか境内にこんな素敵なレストランがあるなんて。
DSCF6760.jpg

そして、この日は田崎真也さんが、会のはじめにワインの解説をしてくださるのだ。
なっ、なんて贅沢な!

ワインに疎い私でもよくわかる興味深いお話であったが、
ダンディな田崎さんを前にしてか、私のピントが甘いのが残念。。。
DSCF6764.jpg

会の終了後の投票で出席者の一番人気となったのが乾杯のスパークリングであった。
DSCF6770.jpg

こちらは東京の食材にこだわっているのだ。
東京には伊豆七島や小笠原諸島も含まれるので、
東京の食材は野菜から肉まで意外と豊富だということに気づかされる。
DSCF6840.jpg

DSCF6771.jpg

DSCF6779.jpg

DSCF6786.jpg

DSCF6784.jpg

DSCF6788.jpg

DSCF6790.jpg

DSCF6794.jpg

DSCF6797.jpg

DSCF6801.jpg

DSCF6802.jpg

DSCF6808.jpg

田崎真也さんセレクトのワインがすばらしいのはもちろんだが、
お料理もどれも素晴らしく、
このお値段でいいのだろうかという内容であった。

熊夫さん夫妻も楽しんでくれたようだ。

帰りも出世の階段ではなく、神谷町側の裏手の階段を降りていく。
DSCF6825.jpg

DSCF6829.jpg


ぶどうの種類とか産地とか・・・
ワインをもう少し勉強すれば、もっと楽しいんだろうな。。。



T+ ティ・プリュス
港区愛宕1-5-3 愛宕神社境内
03-5777-5557


06

24

コメント

こう読むのか!? 【上海料理 好又香@石神井公園】

「那辺屋」や「肉汁やZERO」が入ってるビルの2階には、
これまでも中華料理店が何度か入っていたかと思うのだが、
なぜか長続きしていなかったように思う。

私はどの店も入ったことがなかったが、
今度入っている「好又香」はなかなか美味しいらしいと聞いて、
カミさんとランチで行ってみる。

「好又香」はコウユウカって読むのかぁ。。。
なかなか読めない。
ちゃんとどの看板にもぜんぶフリガナふってるものね。
DSCF6726.jpg

1階の入り口に置かれたメニューボードをよく見てから2階に上がる。
DSCF6727.jpg

DSCF6728.jpg

上海のホテルで腕をふるっていた方が料理長のようだ。
DSCF6729.jpg

まずは昼ビー!
DSCF6731.jpg

料理長の奥様なのだろうか、とっても丁寧な接客だ。
DSCF6733.jpg

カミさんは日替わりランチの「茄子の醤油煮込み」
DSCF6736.jpg

これ、超美味い!
DSCF6737.jpg

私は麺とご飯ものを選べるセットメニューで、
坦々麺と五目炒飯の組み合わせにした。

セットメニューだからだろう、少し小さめの器だ。
濃厚タイプのスープで私好み♪
DSCF6741.jpg

五目炒飯はシンプルにうまい。
DSCF6738.jpg

デザートは杏仁豆腐かタピオカか選べるので、
それぞれ頼む。
杏仁豆腐いいねぇ~
DSCF6743.jpg

食後にはコーヒーもつく。
DSCF6744.jpg


麺とご飯のセットメニューは1000円するが、日替わりは840円だ。
ご飯のおかわりもできたようだから、デザート・コーヒーもつくので、なかなかお得だろう。

帰りしな、「麻婆豆腐がオススメですので、今度ぜひに」と言われたので、
次のランチ定食は決まりだな。

両親を連れて夜に来るのもよさそうだ。



上海料理 好又香(コウユウカ)
練馬区石神井町7丁目1-3 Tビル2F
03-6913-3225

06

23

コメント

八王子でらーめん 【煮干鰮らーめん 圓@八王子】

八王子に降り立つ。
滅多に来ない場所なので、なんの用もなかったのだがラーメンくらい食べていこうと思う。

きざみタマネギがのった「八王子ラーメン」なるジャンルが最近よく聞かれるようになった。
八王子がラーメンで町おこしをはじめたのは2003年くらいからのことらしい。

今回、私が立ち寄ったのは「八王子ラーメン」のお店ではなく、
煮干し界で有名店の「圓」である。

以前にロッケンローさんからのコメントでオススメされてからずーっと気になっていたのだ。
ようやく来られたぞ♪

人気店でいまや町田にも支店があるようだ。
ふだんは行列必至のようだが、
この日は雨降りだったことと、夕方という中途半端な時間のせいか、
待ち客ゼロ、先客も1名という状況。

これは相当ラッキーなんだろうな。
DSCF6686.jpg

煮干しらーめん
DSCF6688.jpg

ほー、綺麗なスープだ。
にぼしのえぐみもなく、麺ともよく合っている。
チャーシューもメンマも美味しい。
あっという間に完食してしまった。
DSCF6701.jpg


またしてもラーメンの奥深さを感じさせる1杯に出会ってしまった。


煮干鰮らーめん 圓
八王子市横山町21−21


06

22

コメント

似てると思ったら・・・ 【魁力屋@鶴川】

仕事で近くを通りかかったら、赤い看板が目立つ「魁力屋」を発見!

前から気になっていた京都発のラーメン店なのだが、
家の近所にはなく、これまで訪問できずにいたのだ。

ランチはここにしよう。
DSCF6123.jpg

入ったときから、どこかのラーメン屋と似ているなと思ったが、
メニューを見て確信に変わった。

「來來亭」とおんなじなのだ。
DSCF6124.jpg

特製味玉醤油ラーメンにする。
DSCF6126.jpg

DSCF6125.jpg

やっぱり來來亭とおんなじだ。
DSCF6129.jpg

味もそんなに大差ない気もするが、
來來亭の方が私は好みだな。
DSCF6130.jpg

DSCF6131.jpg


あとで調べたら魁力屋の創業者は來來亭で修行して独立したとのこと。
なるほどね。
合点がいったよ。


魁力屋 鶴川店
町田市能ヶ谷4丁目4−18
042-736-3059


06

21

コメント

「七夕」で雨やどり 【博多屋@上石神井】

梅雨は憂鬱だ。
この日も雨が激しく降ってジメジメしている。

梅雨って「しとしと」ってイメージだが、どうも最近は違うらしい。

雨降りだと駅まで歩けず、朝夕とカミさんに送り迎えをお願いしているわけだが、
この春から長男も同じ路線で通学しているので、
雨の日は迎えが一度で済むように息子と連絡をとりあう。

するとこの日は部活帰りの息子の方が遅いようで、
小一時間、私が上石神井の駅で待たねばならないようだ。

シメシメ。

雨宿りしちゃおっ♪
DSCF6682.jpg

「博多屋」にはじめて入ってみた。
DSCF6681.jpg

瓶ビールがスーパードライだったので、ブラックにする。
DSCF6665.jpg


DSCF6666.jpg

DSCF6667.jpg

DSCF6668.jpg

フタコブラクダのポテサラ
マヨが添えられているのがマヨラーには嬉しい。
DSCF6669.jpg

レバー
DSCF6671.jpg

雨で肌寒かったので、珍しく芋焼酎のお湯割りにしよう。
「七夕」にする。
DSCF6673.jpg

しろとテッポーはみそだれにする。
DSCF6675.jpg

自家製つくね(卵黄付)
DSCF6678.jpg


「もうすぐ着くよー」と息子からメール。

雨宿りもおしましいだ。

DSCF6680.jpg


チェーン店系なのであまり期待せずに入ったのだが、
串物は結構美味かったな。


博多屋 上石神井店
練馬区上石神井1-12-13 ホワイトシャイン1F
03-3929-7002


駅に戻ると、こんなピザ屋ができていることに気がついた。

こちらも巷ではやっている格安ピザ屋の流れなのかな。
DSCF6683.jpg

大きさは直径25cm、大人ひとりが食べきるサイズということのようだ。
DSCF6685.jpg

だから1枚、380円から690円という価格帯で販売できるんだな。
DSCF6684.jpg

大人ひとりで食べきるサイズというのは、
おそらく私には足りないだろうから2枚は食べることになって、
結局いいお値段しちゃうパターンだろうな。。。

とにかく今度買ってみよっ♪

sempre pizza 上石神井店


Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。