--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

30

コメント

勝つ! 丼 【のら】

カツ丼・チャーハン・担々麺・オムライス・塩ラーメン

私のブログでよく出てくる五大メニューではなかろうか。
おそらくこの5種類があれば、私は困らないんだと思う。

じゃぁ、最後の晩餐でこの5種類から何を食べるとか問われると、
おそらく「カツ丼」と答えると思う。

母親が作るカツ丼が小さい頃から大好きで、
大学受験の時のお弁当も験を担いで「勝つ! 丼」を作ってもらったものだ。

この日は「カツ丼」な気分で(←どんな気分だっちゅうの)、
カツ丼なら味とボリュームがよく、コスパの高い「のら」のカツ丼がお気に入りだ。

カツ丼

カツ丼02



本日、白河に戻るはずです。(ずいぶんまえに予約投稿しているので)
コメントへのお返事は明日以降になるでしょう。
お待たせしてごめんなさい。

いまごろ、白河ラーメンが恋しくて恋しくて禁断症状が出ているでしょう。






のら
栃木県那須郡那須町豊原丙346
0287-72-6543



スポンサーサイト

09

29

コメント

珈琲力 【自家焙煎珈琲屋 ラヴェンナ】

いま海外出張でワシントンにいます。
時差で眠りが浅く、夜中に何度も起きてしまい、いまも早朝PCをいじっています。
この間も、コメント&拍手を多数いただきうれしい限りです。
ありがとうございます。

それにしても困ったものです。
ニューヨークからワシントンに移動してようやくネット環境が整ったので、
PCを開くと、「嫁べにー」の文字が乱立しているではないですかっ。

カミさんによってすっかり「荒らさ」れてしまいました(笑)
私がPCを使えないときを狙って、すっかり楽しんでいるようですね。

(嫁べにーさん、ほどほどにしなさいよ!)

みなさん、どうぞあまりお構いなく(笑)。。。

アメリカにたどり着くまでに実はすったもんだがあり、大変でした。
そのせいか疲労はピークですが、食欲は旺盛、そこかしこで元気に食べまくっています。
アメリカンサイズは私に合うようです。

すったもんだの話はいずれブログでしますね。






コーヒー豆が切れた……

こんな些細なことで、その日の仕事はテンションが下がる。

仕事の合間に、美味しいコーヒーを一人静かにドリップするのが大好きな時間なのだ。

ゆっくりお湯を入れ、コーヒーがじっくり落ちる様子を見ていると
それだけで気分転換になるし、気持ちが和らぐ。

いつもはカミさんにあらかじめ豆を買っておいてもらうのだが、
この日は珍しく自分で買いに行った。

コーヒー豆を買うのは「玄豆屋」か「珈香」か「SWEET ROASTARY」か、
この日訪ねた「ラヴェンナ」だ。

別に日本酒のように強いこだわりがあるわけでないので、
「必ずこの店」と決まっているわけではないのだ。

乾物屋のお隣にお店はある。
豆の種類があれこれあるが、正直なところよわからないので、
大抵「ブラジル」を買ってしまう。
コーヒー

真っ赤な焙煎マシーンがかっちょいい。
焙煎マシーン

豆を挽いてもらっている間、
アイスコーヒーをサービスしてくれる。
アイスコーヒー


外観

ブラジル



これでまた仕事に集中できそうだ。




自家焙煎珈琲屋 ラヴェンナ
白河市薄葉4
0248-23-2823
10:00~17:30
定休日(日)




09

28

コメント

ハンチョウ&ハンスパ

けーさんから「面白いお酒を買いましたので持っていきます」とのメールをもらう。

「ハンチョウ 特別純米酒」だ。
ラベルのロゴでわかったと思うが、
TBSの人気ドラマシリーズ「ハンチョウ 神南署安積班」のオフィシャル純米酒だという。

ハンチョウ01

刑事ドラマは好きなのだが、ハンチョウはちらっとしか見たことがない。
主役の佐々木蔵之介は役の幅が広くて、好きな役者だ。

でもなんでまた「ハンチョウ」のオフィシャルかというと、
佐々木蔵之介の実家は京都で古くから続く佐々木酒造という名家なのだ。

以前に京都駅前の居酒屋で「まるたけえびす」という佐々木酒造のお酒を飲んだことがある。

ハンチョウ02

ドラマ放映中しか販売されないという。

なんとハンチョウ特製升もついてくる。
ハンチョウ03


2本目は「蟻地獄」。
すごいネーミングとラベルデザインだ。

蟻地獄01

一度飲んだら抜け出せなくなるほどハマってしまうことから蟻地獄らしい。
蟻地獄02

「一寸先は闇」とは、よく飲んで記憶を失う私には耳が痛いではないか。
蟻地獄03

さらに、けーさんの家に眠っていた貯蔵酒大放出!

「玉乃光 無窮 純米大吟醸」(京都)
玉乃光

「櫻室町 室町時代 純米大吟醸」(岡山)
モンドセレクションで金賞を受賞している銘酒のようだ。
室町時代


けーさん、いつもご馳走様です。

日本にはいったいいくつ酒蔵がって、何種類の銘柄が世に出ているのだろうか。





続きを読む

09

27

コメント

閃光ランチ 【市場食堂】

郡山南ICから白河に戻る前に昼食をとろうと思うが、
南インターのそばでいいお店が浮かばない。

郡山総合地方卸売市場の横を通り過ぎたとき、「!!っ」ひらめく。

市場なら市場内に食堂があるはずと思い、はじめて入ってみる。
かなりきれいな施設の市場だ。


おぉ、予想通り、一般客も利用できる「市場食堂」があるじゃないか。
入り口

ランチタイムで市場関係者、私のような部外者が半々くらいで賑わっている。
外観

メニューボード

カルチャーパークの観覧車が見える。
カウンター席


メニュー01

メニュー02

私が選んだのはシンプルに「海鮮丼」(750円)。
海鮮丼02

まぐろ、いか、いくら、甘エビ、玉子。
海鮮丼


お米は地元郡山の安積米を使っているようだが、
酢がきつすぎて、折角のお米が台無しだよ。

市場食堂ってどこの市場でもこんなもんだよね。

普通の食堂と思えば十分いいんだろうけど、
市場ってことでついつい期待し過ぎちゃうのかな。


隣の人が食べていた鶏カラ揚定食の方が断然美味そうだったぞ。




市場食堂
郡山市総合地方卸売市場内 管理棟2階
郡山市大槻町字向原114番地
024-966-0199
AM6:00~PM2:30






09

26

コメント

純愛仕込み 【mitten】

櫻茶屋でケーキを私がほとんど平らげてしまったので、
バースデーケーキを帰りがけに「mitten」で買う。

カミさんは何度か買ったことがあるようだが、
私は初訪問。

こんなところに可愛いお店があったんだ。

外観

スイーツ好きの私だが、このスペースにオヤジ一人で入るのは何となく恥ずかしく、
気後れしてしまうが、カミさんが一緒でよかった。
ケース




仕事帰りに「しずか」で刺身を買って帰る。
カミさん用というより、堂々と晩酌できる日なので、むしろ自分用だね。
刺身


カミさんも日本酒は少々たしなむ。
(昔は私もビックリのたちの悪い酒豪だったのだが、いつのまにか弱くなっちまった。。。)

実は、数日前にカミさんが「誕生日らしい名前の日本酒を買ってきてね♪」と
なかなかの難題を私に突きつけたのだ。

まさか「くどき上手」(山形)や「おんな泣かせ」(静岡)なんて銘柄を買うわけにもいかない。

「南部美人」(岩手)、「東洋美人」(山口)はあまりに直球の名前でつまらない。


どうしようかと思案していたら、
こんなお酒を偶然発見!

「冩楽(しゃらく)」(福島)。
会津のお酒だ。
写楽

大学時代に浮世絵を研究していたカミさんにはぴったりのネーミングじゃないか。
さらには「純愛仕込み」というのが何とも素敵じゃないか☆
純愛仕込み

カミさんにこのお酒でどうだと見せたら満面の笑み。
どうやら合格のようだ。




食後はお昼に「mitten」で買ったケーキでお祝いだ。
シフォンケーキ

シフォンケーキ02

年齢分ろうそくを立てたら大変なことになるので、1本だけ。
でも、ちょっとおかしな絵になっちゃった(笑)
シフォンケーキ03


木イチゴ

焼き菓子


いやはや、あれこれ気を遣う1日でしたとさ(笑)



mitten(ミトン)
白河市みさか2-7-5
0248-21-6530





09

25

コメント

食事中のメールにはご用心 【櫻茶屋】

久しぶりにカミさんとふたりでランチ。

滅多にないことなので、ちょっと洒落込んで「櫻茶屋」へ。
看板


玄関

もう玄関のランチメニューのボードですでに心は決まっている。
ランチメニュー

ランチにつくスープとサラダ。
サラダのドレッシングがよかったなぁ。
スープ&サラダ

私はハンバーグと帆立フライのランチ。
ハンバーグ

カミさんはチキンナスピーマンのトマトチーズ焼き。
チキン

カミさんはチキン好きなので、必ずこっちを選択するだろうと思ったがその通りだった。
チキンの方が美味かったかな。


食後のコーヒー。
コーヒー

コーヒーだけでは寂しいので、デザートをひとつだけ追加して、二人でつつく。
ランチデザート

デザートが来たら、カミさんの携帯にメールが届く。
大学の同期からだ。
もちろん私も知っている女の子だ。

出張先の仙台からのメールのようだ。
新白河には停まらない新幹線で仙台まで行ったらしい。
なんて奴だ。
帰りはぜひとも途中下車してほしいものだ。

とりあえずカミさんがメールを返している間に、
デザートのほとんどは私の胃袋へ消えていく。


ちなみに同期からのメールはカミさんへの「お誕生日おめでとうメール」だったのだ。


だから、この日はこんな私らしからぬ素敵なランチをしているのだ。




櫻茶屋
白河市みさか2-48-36
0248-28-3837





09

24

コメント

汗かきうどん 【讃源】

日曜日。
長女と長男はおでかけ。
一人っ子状態の次男を連れ、3人で「讃源」に行く。

念願の初「讃源」だ。

あまりに張り切りすぎて、デジカメを置いてくるというあり得ないミスを犯し、
カミさんの携帯を拝借。
かたじけねぇ。。。
外観

店に入るなり、おでんがあったので、席に着く前におでんを吟味。
5本選ぶ。

おでん01

おでん02

メニュー

昼ビーもいただく。
うどんの出汁に用いている「いりこ」がおつまみとしてつく。
軽く炒ってるのが嬉しい。
びーる

次男はあったかいきつねうどん(小)。
きつねの煮汁のせいか、つゆの味がかなり甘い。
そこがまた美味い。
きつね

私はぶっかけ(大)。
ぶっかけ

冷たい麺はあったかい麺に比べるてかなり腰が強くなる。
麺

カミさんは釜玉(大)。
釜玉


次男もカミさんも食べきれないもんだから、
私のところにすべて回ってくる。
昼間から満腹だ。


結局、このあと「きつねうち温泉」のサウナで食べた分を懸命に消費する。
だったらはじめからそんなに食べなきゃいいのにって自分に諭すのだった。



手打ちうどん 讃源
白河市東蕪内字新屋敷13-1
0248-34-3685







09

23

コメント

仁義なき戦い 【すしおんど】

かつて白河では回転寿司乱立の戦国時代があった。
元気寿司は2軒あったし、ジャスコの中にもあった。

結局生き残ったのが、
今ある「すしおんど」と「平禄寿司」と
そして白河では不動の地位の「八千代元禄寿司」だ。

そこにいよいよ「かっぱ寿司」が宣戦布告をしてきた。
しかも、「すしおんど」の目の前にだ。

「かっぱ寿司」はかつて白河にあった。
今の「茅の器」あたりだったと記憶している。
だから正確には再進出というわけだ。


白河回転寿司戦争の勃発である。
DSCF6490.jpg

早速、「かっぱ寿司」を偵察に行こうかと思ったが、すでに店外まで人の群れが……。
ならば、向かいの「すしおんど」は空いているのでは、と思い行ってみる。




甘かった。
こちらもすでにウエイティングが始まっている。


もう完全に回転寿司を食べる脳になっていたので、あきらめて待つことにする。

でも、そんなに待たずに案内される。
DSCF6491.jpg

DSCF6492.jpg

DSCF6494.jpg

DSCF6495.jpg

DSCF6496.jpg

DSCF6497.jpg

DSCF6499.jpg

DSCF6500.jpg

DSCF6501.jpg

DSCF6503.jpg

DSCF6504.jpg

DSCF6506.jpg

DSCF6510.jpg

DSCF6511.jpg

DSCF6502.jpg

あれれれ???

こうやって食べたものを写真でふりかえると寿司らしい寿司はほとんど食べていない。
カルパッチョに牛カルビにエビ天にエビマヨ……。

回転寿司はこんなもんだな。。。




お会計の時にレジ横のお知らせに目がとまる。

9月27日から10月14日まで臨時休業するようだ。
どうやら「かっぱ寿司」の登場に対抗するため
「すしおんど」から「魚べい」に業態を変更して応戦するらしい。
DSCF6512.jpgight="552" />


「かっぱ寿司」との差別化を図るのかと思いきや、
「魚べい」も105円均一の回転寿司には変わらないと知ってガッカリ。。。

単に店の看板をすげ変えて、顧客の注目を集めようという戦略なのか。


まぁ、低価格回転寿司が鎬を削って、
美味しいものが安く食べられるならそれはいいことなんだけどね。

つべこべ言っても、「かっぱ」も「魚べい」もどっちも行っちゃうんだろうな。



すしおんど 白河店
白河市老久保28 ベイシアモール内
0248-31-2140




09

22

コメント

サンドウィッチ・アン 【ますやベーカリー】


この日は那須町文化センターへ家族でお出かけ。
あるイベントを観に行くためだ。

その前に腹ごしらえをしようと「ますやベーカリー」へ。
カミさんと子どもたちは「初ますや」だ。

前回、私はますやの名物「あん生」と「あんバター」を食べ損ねているので、
今回はリベンジせねば。

DSCF6477.jpg

どれも素朴な感じだが、種類は豊富だ。
DSCF6474.jpg

それぞれが食べたいものをどんどんトレーにのせていく。
5人もいるといろんなパンを味見できるからいいな☆
DSCF6475.jpg

次男はメロンパンにチョココルネと甘いもの専門だ。
DSCF6482.jpg

長女はシューパイに「めちゃうまっ☆」
DSCF6484.jpg

私はというと、まずはサンドウィッチ。
カツは普通だったけど、玉子は好みの味。
DSCF6478.jpg

そして、あん生とあんバター。
注文するとその場で作ってくれる。

あん生は最高だ。
あんも生クリームも甘すぎず、これは美味しい。
DSCF6480.jpg

あんバターは、バターではなくマーガリンじゃないかな。
あんと同じくらいのマーガリンが入っていて濃厚だ。
DSCF6485.jpg

私はあん生の方が断然好きだったな。



ベーカリー ますや
栃木県那須町寺子丙3
0287-72-0130


続きを読む

09

21

コメント

いつものパターンだね 【いげたや】

◆お知らせ
22日から30日まで長期出張で白河を離れます(寂しい……)。
記事は予約投稿でいつも通りアップされますが、
コメントへのお返事がしばらく返せません。
後ほど必ずお返ししますので、気軽にコメントをガンガン入れてください。



「鳥こまち」の隣にある「いげたや」ではなく、
那須町の国道4号沿いにある「いげたや」に入る。

栃木県のラーメン本にはたびたび出てくるお店だ。
外観

ラーメンだけでなく定食類も充実しているお店だ。
担々麺にしようか、カツ丼にしようかしばらく迷う。

この手の迷い方は毎回のパターンだね。
DSCF6464.jpg

キョロキョロしたら平日セットメニューというのを発見。
ラーメンは差額を足せば好みの種類に変えることができる。
Aセットを担々麺でお願いする。
DSCF6465.jpg

ごまの風味はいいんだけど、担々麺じゃぁないんだよねぇ。
でも、白河でも「担々麺」というと大抵このタイプが出てくるから想定内だ。
DSCF6466.jpg


豆腐がついてくる。
DSCF6469.jpg

半チャーハン。
DSCF6471.jpg

麺は手打ちで白河と同じ凸凹中太麺だ。
DSCF6472.jpg

セットメニューの看板の下にアイスが売られている。

食べ終えたら、
今度はアイスを買おうかどうかで、大いに迷うのであった。



いげたや
栃木県那須郡那須町豊原丙1319
0287-72-1924







Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。