FC2ブログ

06

21

コメント

ジャンボに挑む 【来々軒】

前日に「鳥こまち」で一緒に飲んだ先輩が
「白坂の来々軒にジャンボ唐揚ラーメンというのがあってすごいらしいよ」と教えてくれた。

それは「ぜひ食べてきてみてくれ」という意味だと勝手に解釈したので、翌日早速行動に移す。
DSCF3682.jpg

通常メニューにはなく、壁に張り出されたオススメメニューに「ジャンボ唐揚ラーメン」を発見!
DSCF3683.jpg

唐揚の数を1個にするか2コにするか選べるようだ。
昨日、散々鳥を食べているので、1個にしようかと考えていた。

「ジャンボ唐揚ラーメンをお願いします。」

「唐揚は何個にしますか?」とおばちゃんが尋ねる。

「唐揚はどのくらいの大きさですか?」と聞くと、
手で大きさを表してくれる。

結構でかいぞ。

おばちゃんは決してそんなことは思っていなかっただろうが、
私には「その体で1個ってことはないわよね。」と表情から受け取ってしまったので、
「はい、2個でお願いします!」と果敢に注文をする。



そして、これがジャンボ唐揚ラーメン2個入りだ。
DSCF3686.jpg

とってもジューシーな揚げたてジャンボ唐揚が2個ど~んと鎮座している。
DSCF3688.jpg

折角の揚げたてがラーメンのスープでヘタヘタになるのがいやだったので、
なるべくスープにつからないように食べる。

唐揚げラーメンとして食べるより、
唐揚げ定食で食べたいと思える美味い唐揚げだ。

でも、メニューを見ると唐揚定食はないのだ。
一品料理として唐揚げはあるのになぁ。
頼めば作ってもらえるのかな。
DSCF3684.jpg


来々軒の「々」の字ってなんて読むのが正しいのだろうか。
実は先日娘に「漢検2級のパパならわかるでしょ」って聞かれて困ったのだ。

パソコンで入力をするときは「どう」とか「くりかえし」と入れると変換できるのだが、
それが果たして正しい読み方なのだろうか。




広東料理 来々軒
白河市白坂大倉矢見218-1
0248-28-2772
定休日(水)
営業時間 11時~19時30分



06

20

コメント

福島のお酒で打ち上げ 【鳥こまち】

大きな仕事を終え、夜遅くに「鳥こまち」で小さな打ち上げ。

まずはモリモリ串焼きを頬張る。
串01

串02

串03

串04

串05

ここのレバーは臭みがなくレアで大好き☆
塩で食べても美味い。
DSCF3671.jpg

生ビールで疲れを吹き飛ばしたあとは、日本酒だ。

鳥こまちもなかなかの銘酒揃いのお店で、
時期によって置いてあるラインナップも変わる。
DSCF3678.jpg


明鏡止水(長野)
明鏡止水

義侠えにし(愛知)
義侠えにし

獺祭(山口)。
獺祭

そして、福島県シリーズ。

飛露喜(福島)
飛露喜

そして、飛露喜の酒造会社である廣木酒造の「泉川 大吟醸」。
純米吟醸は飲んだことがあったが、大吟は初めてだ。
DSCF3672.jpg

泉川裏書き


蔵太鼓(福島)
DSCF3666.jpg

会州一(福島)
DSCF3665.jpg

福島っていいお酒がいぱいあるんだよね~。
DSCF3677.jpg

最後はもつ鍋で〆る。
DSCF3675.jpg

福島県のお酒を復習しようと帰ってから、
福島県日本酒酒造協同組合のホームページを見たら、
8月27日に渋谷でイベントをやるようだ。
行ってみたい。

「地元で飲めるでしょっ!」て思われるかも知れないが、
福島県のお酒がこれだけ一堂に会す機会は県内でもそうそうないし、
東京でやるイベントは当然気合いが違うので、どの蔵もイチオシを持って行くはず。

どんなイベントなのか興味津々なのだ。


日比谷 鳥こまち 新白河店
白河市新白河1丁目36 エスペランサY 1F
0248-24-1566



06

19

コメント

オヤジと一杯 【美国】

カミさんと長男がでかけていて、私の両親と長女、次男とで美国へ行く。
80をとっくに過ぎた父親はいまだにテニスをしていて元気一杯だ。

酒量はめっきり減ったが、
いまでも白河に来て孫の顔を見たときには私とお酒を少しだけ愉しむ。
看板

ここは生ビールがサッポロ黒ラベルかキリン一番搾りかをチョイスできる。
そういえばこの両者はロスのビアハウスにもあったなぁ。

大手ビール会社の場合、
私の好みは、サントリー>サッポロ>キリン>アサヒの順だ。
私はサッポロ、両親はキリンを選ぶ。
ビール

カワハギの刺身。
カワハギ
カワハギを見ると思い出すことがある。
長女がまだよちよち歩きの頃、熱海の海鮮料理屋で出されたカワハギは気に入って、
ペロッと1人前を平らげてしまったのだ。

そういえば長女はいつでもそうだ。
大好物はひとりで独占してパクパク食べてしまう。
それはあの熱海でのカワハギ以来のことなんだと思う。

でも、この日は長女より、次男がハマってしまい、カワハギをかっさらってしまった。
血は争えないようだ。


キスの天ぷら。
きす

エビチリマヨ。
チリはエビを修飾しているのではなく、マヨを修飾している。

エビチリにマヨではなくて、エビにチリマヨってことだ。
エビチリマヨ

父の好物、めざし焼き。
めざし

刺身盛り合わせ。
刺身

生しらす。
生しらす

沼津や清水で揚がる生しらすや生桜エビが大好きなのだが、
何でも春先の気候不順で桜エビは不漁らしい。

最後は「南部美人 純米吟醸(岩手)」を1合だけ飲んで、この日はお開きとする。
南部美人

まだまだ元気な父親と時折こうして飲めることは幸せだと思う。
私も早く子どもとお酒を飲めるようになるといいなぁ。


海鮮居酒屋美国
白河市新白河3-123
0248-23-0392


06

18

コメント

登龍会の前に 【酒菜屋梅宮】

飲み友けーさんと「梅宮」へ。

近々「登龍」を応援する「登龍会」をやろうと計画しているので、
この日は、その打ち合わせという名目で飲んでいる。

のれん


てふ(福島)で乾杯。
てふ


メゴチの唐揚げ。
梅さんで大好きなメニューのひとつ。
メゴチ


つぶ貝刺し。
コリコリ感がたまらない。
つぶ貝

てふのあとはもちろん登龍の生酒をぐいぐい飲み干す。

「登龍会」はどんな会になるのかなぁ。
いまから楽しみだ。


何にせよ、最後はぐでんぐでんになる自分の姿が今から目に浮かんでしまうのだ。



酒菜屋梅宮
白河市大工町69
0248-23-4990






06

17

コメント

不覚 【阿Q 西那須野店】

ボリュームがすごいと聞いていた阿Qへ行ってみる。
大田原店が本店らしいのだが、この日行ったのは西那須野店だ。

外観

私は冷やし中華が好きじゃないのだが、
「冷やし担担麺」には惹かれてしまう。

でも、テーブルに置かれた瞬間、「しまった!」と思う。
汁なしの冷やし担担麺は好きだが、この手の「冷やし」は好みじゃないのだ。
冷やし担担麺

麺も極細ゆるゆる麺で、これもしっくりこない。
ボリュームは噂通りすさまじいのだが……。
麺

半チャーハンも頼む。
高菜が入っているのは嬉しいが、
福神漬けが添えられているのにはビックリした。
半チャーハン


出されたものはきっちり平らげる主義なのだが、
体調がイマイチだったせいもあり、
不覚にも冷やし担担麺を残してしまったのだ。




阿Q 西那須野店
栃木県那須塩原市南郷屋2-145
0287-36-4588





06

16

コメント

飲みてぇ~ 【磯料理居酒屋ゆうなみ】

先日、金内食堂で食べたとき隣にみつけた「ゆうなみ」に家族で行ってみる。
やっぱり我が家はファミレスよりも居酒屋の方が落ち着く。
DSCF3276.jpg

でも、はじめて入るお店は「家族連れでも大丈夫かな」と一応気にするが、
こちらはとっても感じよく迎えてくれた。

白河では家族連れがNGの居酒屋は厳しいよね。
でも、梅宮で小さな子ども連れってほとんど見たことないなぁ…我が家くらいかっ(笑)


まず気になるのが酒の揃い具合だ。

およよっ!
奈良萬がある。

「萬」が「満」になっているのはご愛嬌だ。

さらには、我らが「登龍」もあるじゃないか。
私の好きなツートップを置いているのは嬉しいが、
四合瓶での提供なのはちと辛い。
DSCF3277.jpg

まずはビールから。
といっても、このビールを飲んだのはカミさん。
この日の私は禁酒を命じられており、
指を咥えてカミさんの飲みっぷりを眺める。
DSCF3280.jpg

はじめて入った居酒屋でノンアルコールビールを頼む羽目になるとは……。


こうなりゃ喰うぞ。

かつお刺し。
福島県民は本当にかつおが大好きだ。
DSCF3284.jpg

ポテトフライ。
DSCF3281.jpg

ねぎ塩ホルモン。
DSCF3289.jpg

なんこつ唐揚げ。
DSCF3291.jpg

天ぷら定食。
DSCF3293.jpg

鮭茶漬け。
DSCF3287.jpg

このとき少し混み合っていた。
そんなに遅いとは思わなかったのだが、
「料理が出るのが遅くなってごめんなさいね」と自家製の厚焼き玉子をサービスしてくれた。
DSCF3295.jpg

こうしたちょっとした心配りがまた来ようと思わせるものだ。
今度は飲むぞ~



磯料理居酒屋 ゆうなみ
白河市会津町73-3
0248-27-5623



06

15

コメント

THE 5名様 【Big Boy 白河店】

いつのまにか289号沿い「洋服の青山」の隣にあった「Milky Way」が
「Big Boy」に変身した。
(と言っても、親会社は同じなので業務転換しただけだが……)
DSCF3273.jpg


私は「Big Boy」を見るとDVD「THE 3名様」を思い出してしまうのだが、
THE3名様


実際の「Big Boy」には入ったことがなかったので、
ファミレスに滅多に行かない我が家だが、行ってみる。

「5名様はこちらへどうぞ」と案内される。

ドリンクバーにスープバー・サラダバーというスタイルはMilky Wayと大差ないが、
肉にこだわったボリュームメニューがウリのようだ。
MENU.jpg

長男。
DSCF3265.jpg

次男。
DSCF3266.jpg

長女。
ラーメンはキライだけど、肉だとやたらごはんをがっつく。
DSCF3268.jpg

私とカミさんは、はんぶんこ。
大俵ハンバーグが看板メニューのようだ。
DSCF3269.jpg

子どもはドリンクバーに喜んでたけど、
私は同じ値段を払うなら、回転寿司でたらふく食べた方がいいなぁ。
Big Boy
毎日、こんなお肉ばっかり食べていたら、そりゃぁBig Boyになるよな。



Big Boy ビッグボーイ 白河店
白河市新白河2-72
0248-31-8080
営業時間 午前11:00~深夜2:00





06

14

コメント

カッコは(心の叫び) 【Hana SYUMPOO】

東京駅のサウスコートでいつも長い行列ができているのが、
「半熟カステラ」のお店「Hana SYUMPOO」だ。

この日の行列はこらえ性のない私でも何とか我慢できそうな長さだったので、並んでみる。
並んでいる間にカミさんに電話して「半熟カステラ買って帰るよ」って伝えたが、
何ともそっけない返事。
(おいおい、東京じゃ流行っているんだぞ。知らないのかよ!)
DSCF3255.jpg

思いの外、列の進みが早く10分かからずに「室町半熟カステラ」1260円をゲット!
自宅に持ち帰り、一晩よく冷やしてから翌朝家族で食べてみる。
DSCF3256.jpg

DSCF3260.jpg

とりわけようとナイフを入れると「ぐにゃっ」とした感触で切れない。
これはスプーンでつつきあって食べるのが良さそうだ。
DSCF3261.jpg

むちゃくちゃ甘い。
長男と次男は一口食べたら、もう満足したようだ。
スイーツ大好きな女性陣も「普通のカステラの方がいい」という始末。
(お父さんがわざわざ並んで手に入れたんだぞ!)
DSCF3262.jpg

挙げ句の果てには、カミさんは
「『半熟カステラ』って知らなかったら、失敗したカステラだと思うんじゃない」とか、
「これをオーブンにかけたらどうなるんだろう」などと失礼な感想を言う始末。

最後は「やっぱり福砂屋のカステラがいいわ」だとさ。
(お父さんが一生懸命買ってきたんだからいいからありがたく食べろよ!)


でも、私も期待値が高かった分、ちょっと想像と違ったかな。
また買おうとは正直思わないかな。

話のタネにぜひ一度はご賞味あれ。



Hana SYUMPOO (ハナ・シュンプウ)
東京都千代田区丸の内1-9-1
JR東京駅改札内 1F サウスコート ecute東京
03-3211-8922





06

13

コメント

職人チャーハン 【東竜 八重洲店】

チャーハン部員として以前からどうにも気になっていたお店がある。

「チャーハンのおいしい店 東竜」だ。
八重洲北口を出て徒歩3分のところにある。
DSCF3247.jpg

これだけ堂々と謳っているのだからさぞかし自信のチャーハンなのだろう。

カウンターだけで鰻の寝床みたいな店内だ。
DSCF3250.jpg

「半チャーハン+麺類」のセットメニューが充実しているのだが、
せっかく来たのだから、フルボリュームで食べてみたい。

職人チャーハン(800円)とセット焼売(120円)を頼む。
DSCF3248.jpg

細切れチャーシューがほどよく入り、わりと味付けの濃いタイプだ。
油がいささか多いように思う。
DSCF3251.jpg

セット焼売は120円を考えれば、十分おいしい。
DSCF3254.jpg


チャーハンはちょっと期待しすぎたかな。
おかげで白河のチャーハンレベルの高さを再認識できたよ。




東竜 八重洲店
東京都中央区八重洲1-7-13 ヤエス寿ビル
03-3273-1492




06

12

コメント

一生青春 【酒菜屋梅宮】

ばるべにーとしては、ここに来ずして、白河に帰ったとは言えない。
この灯りを見てほっとする。
DSCF3208.jpg

ただいま!
カナダ土産を渡し、いつもの定位置へ。
DSCF3209.jpg

これこれ。

これが食べたかったのだ。
かつおの刺身。
皮付きで切れ味のあるエッジが美しい。
DSCF3213.jpg

1週間も日本酒を飲まないことがあったろうか。
不思議とカナダやアメリカにいる間は、そんなに日本酒が飲みたくはならない。
フィッシュ&チップスに日本酒はあわないもんね。

久々の日本酒は今月のお薦め日本酒。
「一生青春 吟醸」(福島)。
「天明」で有名な曙酒造のブランドだ。

DSCF3210.jpg

たこから。
DSCF3215.jpg

焼き魚をサービスしてもらっちゃった。
DSCF3216.jpg


日本酒って本当によくできたお酒だ。
刺身・唐揚げ・天ぷら・煮物・・・日本食なら何でもあう。


冷やしても温めても美味い酒なんて世界でも類を見ないお酒なのだ。
もっと日本人が日本酒の奥深さに気づかないといかんなぁ。

一生青春っていい名前のお酒だが、
私は場合は「一升青春」の方が良さそうだ。



酒菜屋梅宮
白河市大工町69
0248-23-4990



続きを読む

Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad