--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01

17

コメント

初日の出&初日本酒 【丸福食堂@熱海】

ようやく2015年の記事になります(笑)


初日の出を拝む。

父は長ーい人生の中でこんなにしっかり初日の出を見たことがなかったようで、
いたく感動している。
よかった、連れてきて。
DSCF5416.jpg

みんな朝からがっつり食べる。
お雑煮もいただく。

ふだんの元旦なら朝から飲んでるんだけど、
車なので飲めないが少々つらい。。。
DSCF5429_201501041839333d2.jpg

チェックアウトするころにはすっかり日が昇っていた。
DSCF5431.jpg

DSCF5432.jpg





レンタカーで観光したのち、そのまま熱海まで向かう。
ここでレンタカーを返却し、新幹線で帰るのだ。

新幹線の時間までまだ時間があるので、
遅い昼食を駅前でとろうとウロウロ。

どこもかしこも混んでいて、
ようやく座席を確保できたのがこちらの「丸福食堂」。
DSCF5520.jpg

それでも、7人まとまってでは座れず、
私、カミさんと長男の3人組と、
じいちゃん、ばあちゃんと長女、次男の4人組とに分かれて座る。
DSCF5519_20150105111415202.jpg

何にしようかなぁ~
観光地価格だなぁ、意外に高めだ・・・
DSCF5506_20150105111414e5c.jpg

レンタカーも返したことだし、
とりあえず正月の祝い酒を飲まないとね。

冷酒は日本盛かぁ。。。
まぁ、仕方ない。。。
DSCF5504.jpg

丸福イチオシのおつまみを頼む
DSCF5505.jpg

アオリイカのお刺身
ねっとりしていてなかなか美味しい。
DSCF5508.jpg

かみさんはなめこうどん。
DSCF5510.jpg

長男はとんかつ定食。
DSCF5512.jpg

私はかつ丼!
DSCF5514.jpg

丸福なんて元旦から縁起の良い名前のお店に入ったな。
DSCF5516.jpg

もうすぐ87歳になる父は長男と同じとんかつ定食を頼み、
次男がなめこうどんを頼んだようだ。

それって逆じゃない(笑)
このパワフルさが長寿の秘訣だな。
DSCF5518.jpg


丸福食堂
静岡県熱海市田原本町5−7
0557-81-4234




どうにも「日本盛」が今年最初の日本酒というのが納得できず、
熱海駅前で「臥龍梅 純米吟醸」のカップ酒を買って、
新幹線の車内で飲み直す。
DSCF5522_20150105111508077.jpg


今年は何種類の銘柄を飲んで、
何升の日本酒を飲み干すのかな。


スポンサーサイト

01

16

コメント

「開運」で2014年をしめくくる 【いなとり荘@伊豆稲取】

今回は初日の出を拝むのが目的なので、
全室オーシャンビューの「いなとり荘」を予約した。


まずはお抹茶で迎えられる。
DSCF5313.jpg

2014年最後の夕日。
DSCF5314_20150104182724035.jpg

夕食

こちらからそれぞれが好きな魚ひとつを選んで刺身にしてくれるという。
DSCF5363.jpg

7人いるが、ひとりはおこちゃまメニューなので、おとなは6人。
魚は6種類あったので、6種すべて頼む。
DSCF5322_201501041827260b5.jpg

DSCF5375.jpg

DSCF5332_20150104182737940.jpg

先付
DSCF5376.jpg

洋風前菜
DSCF5327_201501041828418c4.jpg

先椀
DSCF5348_20150104183003800.jpg

日本酒は静岡の開運を四合瓶でいただく。
肝心の写真を撮りそびれた。。。
飲んだのはこちらの吟醸↓
開運 吟醸
~土井酒造場HP

本日のお造り
選らん6種のお魚以外にも伊勢エビやらさざえやら・・・
DSCF5341.jpg

火の物
DSCF5330.jpg

鮑の踊り焼き
DSCF5351.jpg

めちゃめちゃ美味い!
DSCF5355.jpg

大皿
金目鯛姿煮付け
きれいな仲居さんが取り分けてくれる
DSCF5374_2015010418283891e.jpg

蒸し物
DSCF5357_2015010418311789c.jpg

国産牛のステーキか焼き蟹のチョイス
DSCF5345.jpg

子ども達はみんな蟹をチョイス。
肉好きの長女も蟹を選んだので、私と母だけステーキにしてみた。
DSCF5366.jpg

年越しそば
DSCF5359.jpg

水菓子
DSCF5360.jpg


大満足の御食事であった。

部屋にもどって紅白をゆっくり観よう。



いなとり荘
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1531
0557-95-1234



続きを読む

01

15

コメント

お椀の中に磯がある 【活魚料理 新田@下田】

大晦日。
両親ともども家族で伊豆へ行く。

スーパービューではない、オールドタイプの懐かしい「踊り子」で伊豆急下田まで。



そして、レンタカーを借りて、下田市内を少し散策だ。

下田公園の駐車場に車を停め、まずはペリー上陸記念碑へ。
DSCF5219_20150104181724fdc.jpg

ペリーが開国を求めて来航した地は下田ではなく、浦賀である。
よく混同されがちだが、下田は日米和親条約によって函館とともに開港された地で、
下田に領事館が置かれハリスが赴任した。
DSCF5222_20150104181727cf8.jpg

ペリーは開港地として下田がふさわしいかどうか調査船を派遣。
そのとき上陸した地がここ鼻黒であった。
DSCF5220.jpg

上陸したペリー一行が交渉場所である了仙寺まで歩いたのが
この「ペリーロード」とよばれている川沿いの古い町並みだ。
DSCF5226.jpg

なかなか趣がある。
DSCF5227.jpg

DSCF5229_20150104181842b0f.jpg

DSCF5234.jpg

そして、ここ了仙寺で日米和親条約の細則を定めた下田条約を嘉永7(1854)年5月22日に締結されるのだ。
DSCF5235.jpg

DSCF5237_2015010418184039d.jpg

DSCF5238.jpg

さて、昼食をどこかでとろう。
了仙寺の近くで「うなぎ」ののぼりが目にとまり、入ってみる。
DSCF5240.jpg

DSCF5242.jpg

カミさんは「海鮮丼」
DSCF5271.jpg

長女は「いくらと鮭の親子丼」
DSCF5251.jpg

長男は「刺身定食」
DSCF5257.jpg

次男は「天丼」
DSCF5270.jpg

私は下田といえば金目鯛かなと「金目定食」
DSCF5267.jpg

濃いめの味付けで、ごはんがすすむ。
DSCF5268.jpg

父と母はそろってうな重。
私の鰻好きは間違いなく両親の影響だと思う。
DSCF5275_2015010418200051e.jpg

そして、このお椀の美味しさに長女が唸っていた。
亀の手が入っていることはすぐわかったが・・・
DSCF5274.jpg

聞いたこともない名前の貝がたくさん入っていたのだ。
DSCF5276.jpg

昼食後は宝福寺に移動。

坂本龍馬の脱藩が土佐藩主山内容堂によって許された地として、
また唐人お吉のお墓かあることで知られている寺だ。
DSCF5278.jpg

勝海舟と山内容堂が会談したのであって、
ここに坂本龍馬が来たわけではないんだけどね。。。
DSCF5279.jpg

DSCF5281.jpg

唐人お吉のお墓
DSCF5283.jpg

唐人お吉は本名「斉藤きち」といい、
天保12年11月10日、愛知県知多郡内海に、
舟大工・市兵衛の次女としてこの世に生をうけました。

4歳の時、家族が下田に移り住み、14歳で芸子となりました。
新内明烏のお吉と謳われるほどの評判と美貌でしたが、
それが奉公所の目に留まることとなり、
17歳の時、法外な年俸と引き替えに心ならずもアメリカ総領事タウンゼント・ハリスのもとへ
待妾として奉公にあがることとなります。

その後は、幕末、維新の動乱の中、芸子として流浪の果てに下田に戻り、
鶴松と暮らし、髪結業を始めますが、ほどなく離別。

さらに小料理屋「安直楼」を開業しますが、2年後に廃業しています。
「唐人」という相も変わらぬ世間の罵声と嘲笑を浴びながら貧困の中に身を持ち崩し
明治24年3月27日の豪雨の夜、遂に川へ身を投げ、自らの命を絶ってしまいます
波乱にみちた51年の生涯のあまりにも悲しい終幕でした。

~八幡山宝福寺 唐人お吉記念館HP



それでは下田を離れ、宿へ向かおう。



活魚料理 新田
静岡県下田市三丁目2−12
0558-22-1672


02

22

コメント

朝も晩も桜えび 【桃中軒 三島駅新幹線ホーム店】

出張のため三島駅で下車。
約束の時間には余裕を持って到着。
R0021649.jpg

それは新幹線ホームの駅そばを食べるためだ。
なんでも三島駅らしく「桜えびのかき揚げ天そば」というのがあるらしいのだ。
R0021651.jpg

480円+生卵50円=530円は駅そばとしては強気な価格設定だ。
R0021652.jpg

桃中軒は「港あじ鮨」の駅弁でも有名だね。
R0021653.jpg


海苔とネギがいっぱいで嬉しい☆
R0021655.jpg


自慢の桜えびもいっぱいだが、揚げたてではないので、
あまり風味豊かではない。
R0021656.jpg

麺は駅そばとしてフツーレベルだ。
ちょっと期待しすぎたようだ・・・
R0021657.jpg

でも、朝からしっかり食べることができたので、
仕事は快調に終えることができた。



帰りの新幹線に乗る前に駅の売店でお土産を購入。

お目当ては生桜えびと生しらすだ。
冷凍なのは駅の売店では仕方がないところだ

どちらも大好物なので、今宵の晩酌のアテにしようと思う。



家に着くなり、解凍。
R0021659.jpg

おぉ、いい感じ♪
R0021662.jpg

R0021663.jpg

お酒は2月4日に立春しぼりとして発売された「天覧山」(埼玉)と「澤ノ井」(東京)だ。
R0021666.jpg

ふだんの「澤ノ井」はあまり好みではないんだけど、
この立春しぼりはかなり美味い!


でも、どうせなら静岡のお酒と合わせればよかったかな。。。



桃中軒 三島駅新幹線ホーム店
静岡県三島市一番町16-1





01

05

コメント

伊豆高原でイタリアン 【イル・コーヴォ】

シャボテン公園を出て、遅めのランチ。
私はおいしい伊豆の魚が堪能できる回転寿司にでも行きたかったが、
昨夜が和食だったので女性陣はイタリアンが食べたいらしい。

そこで、「IL COVO イル・コーヴォ」へ行く。
イルコーヴォ外観

私はよく知らなかったが、結構有名なお店らしく、
お昼時を過ぎていても満席であった。

こちらは犬も一緒に食事が楽しめるので、愛犬家には好評のようだ。
イルコーヴォ店内

いろんな味を楽しみたいので、
カミさんだけ「本日のパスタランチ」にして、
他のメンバーは単品であれこれ頼むことにする。

まずは「本日のパスタランチ」。
パスタランチ

パン

サラダ

牡蠣

きのこ入りミートソースをチョイス。
きのこミートソース

ゆずのジェラートとパンナコッタ。
デザート

カルボナーラ。
カルボナーラ

アラビアータ。
アラビアータ

アサリのトマトソース。
アサリ トマト

アサリのオリーブオイル。
アサリ オリーブ

父と私は軽くビールも忘れずに。
80を過ぎた父は食欲旺盛でこうした洒落たイタリアンの分量では物足りないようで、
店を出てからも不満げであった。
YEBISU

隣席にはワンちゃん2匹がいたが、
はじめ犬がいることに気付かなかったくらい
きちんとお座りしてお利口であった。


よっぽど我が家のオス×2の方が、
あれこれうるさく落ち着きがなく、
お行儀が悪いのだった。


とっても感じのいい高原のイタリアンで、
メインストリートからはちょっと奥まったところにあるのもよかった。


でも、お腹いっぱいにならない父は
帰りの伊豆高原駅でおまんじゅうを2つほおばっていた。

私より食べているよ。
これが長寿の秘訣かもね・・・。



IL COVO イル・コーヴォ
静岡県伊東市大室高原
0557-51-9555





01

04

コメント

サボテンあら絞り 【伊豆シャボテン公園】

翌日は、伊豆シャボテン公園へ。
シャボテン公園

ここも小さい時に2度ほど来た事があるはずだ。
2009年で開園50年になったそうだ。

「サボテン」がメインの公園なのだが、ここは「シャボテン」と書く。
「さぼてん」だとトンカツ屋になっちゃうしね。

しゃぼてん01

しゃぼてん02

しゃぼてん03

【け】さん、これがテキーラの原料なんですねぇ。
はじめて見たなぁ。
テキラーナ02

テキラーナ01

シャボテンメインなんだけど動物がいっぱいる。
カピバラがここの一番人気だ。
カビパラ

このときは入ってなかったけど、露天風呂につかる姿がカワイイんだとさ。
カビパラ02


動物01

動物02

動物03

動物04

おみやげコーナーで、ちょっと試したくなる飲み物を発見!
一番下にある「わさびラムネ」ではない。
それは飲んだことがあるのだ。
冷蔵ケース

サボテンあら絞りジュースだ。
サボテンのあら絞り

みんなで一口ずつ味見をして回ったのだが、
私の手元に戻ってきてもわずか3センチしか減っていなかった。

・・・というくらい、強烈な個性あふれる味なのだ。



おみやげ屋さんを出ると、富士山が遠くに顔を出したのだった。
富士山





伊豆シャボテン公園
静岡県伊東市富戸1317−13
0557-51-1111

01

04

コメント

伊豆山々 【ヴィラージュ伊豆高原】

この日宿泊したのは「ヴィラージュ伊豆高原」だ。
ネットで見つけて予約した。
ヴィラージュ看板

ヴィラージュ外観02

ヴィラージュ外観

コンドミニアムタイプなので、年末シーズンにしては比較的リーズナブル。
お部屋はどこも広く、ゴージャスなリゾートマンション気分を味わえる。
ヴィラージュ02

ヴィラージュ01

ヴィラージュ04

ヴィラージュ03

ヴィラージュ05

プールもある。入らなかったけど。
ヴィラージュプール

温泉よかったなぁ。
露天風呂からは伊豆大島や利島が望める。
露天風呂

夕飯はホテル内のレストランでとることにした。
伊豆美

お酒はやはり地のものを。
「伊豆山々」
伊豆山々

本日の献立はコチラ!
献立








続きを読む

01

03

コメント

伊豆でもどこでもまずはビール! 【スーパービュー踊り子&ぐらんぱる公園】

年末、両親・兄夫婦・我が家で家族旅行。
3家族で行くのは相当久しぶりだ。

行き先は「伊豆高原」。
地震で一時はキャンセルも考えたが、
その後の経過が落ち着いたので、予定通りに伊豆へ向かう。

旅行はもっぱら車が多いのだが、
今回は電車旅だ。

新宿から「スーパービュー踊り子」(SVO)に乗る。
スーパービュー踊り子02

スーパービュー踊り子01

ユザワヤはここに移転するのかぁ。
ユザワヤ

車内は景色をより楽しめるよう窓が大きく、ハイデッカーになっている。
車内

さらにこのSVOのウリは「子供室」だ。

子供室入り口

JR東日本、いいんじゃないの♪
子供室02

おかげで子ども達は出発するや否や、子供室に行ってはしゃいでいる。

しめしめ。ウッシッシィ。

そこで私はまず生ビール☆(SVOでは生ビールを売っているのだ!)
電車旅のおかげで「朝ビー」だ。
生ビール



そして、あっという間に伊豆高原についたのだった。
伊豆高原




続きを読む

Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。