--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

01

コメント

魚沼で候 【和酒彩菜 遊月亭@馬喰町】

この日は、飲み友イトーさんと「遊月亭」へお邪魔する。

先日の「紀土の会」でイトーさんが「遊月亭」の店主とお話されたご縁での訪問だ。
DSCF7869_20150321084801d91.jpg

DSCF7870_20150321084802ba7.jpg

プレモルで乾杯!
DSCF7872_20150321084806de6.jpg

店員のじおりんさんがセレクトしたお酒セットをオーダー。
DSCF7874_201503210847593eb.jpg

DSCF7880.jpg

日本酒がますますすすんでしまうアテといっしょに提供される。
一番左の塩が格別だったな。
DSCF7884_20150321084817778.jpg

店主が魚沼出身とのことで
本来は魚沼地域限定の「魚沼で候」がここでは飲めちゃうのだそうだ。
DSCF7885_20150321084813355.jpg

お料理はおまかせだと
次のようなコースでセレクトできるとのこと。

1.ちょっとしたおつまみ2品1,500円
2.おまかせ料理3品2,000円
3.お刺身盛り合わせ含む3~4品2,500円
4.しっかりご飯まで5~7品3,000円

「3」でお願いした。
DSCF7875_20150321084907d7b.jpg

DSCF7887_2015032108490935d.jpg

DSCF7892_20150321084906e29.jpg

「池雲 CLOUD」(京都)
DSCF7889_20150321084910b28.jpg

池雲の「雲」=CLOUD、蔵人ともかけているんだね。
DSCF7890_20150321084911137.jpg

DSCF7944_20150321084934433.jpg

「昇龍蓬莱」(神奈川)
DSCF7896_201503210849336ac.jpg

DSCF7868_2015032108475926d.jpg

オープンして5年とおっしゃっていたかな。

若い店主だが、
日本酒好きの常連さんがしっかりついているお店だったな。

ごちそうさまでした!


和酒彩菜 遊月亭
千代田区東神田1丁目9−4
03-5809-2659

ちなみにこの日もしっかり銭湯に入ってから飲んでますよ(笑)



スポンサーサイト

03

09

コメント

ガード下の大衆酒場 【大越@神田】

この日は、兵庫で社長さんしている大学時代の先輩が上京し、
カミさんともども神田で一緒に飲むことになっている。

そのH先輩とはなんと十数年ぶりに会うのだ。
実に楽しみだ。

約束の時間よりも40分ほど早く神田に着いたので、
ガード下の「大越」へ。
神田の有名店だが私は初訪問だ。
DSCF6948_201502261805500e3.jpg

店内はほぼ満席。
カウンター席とかないので、
3人組とご夫婦の間に相席でちょこりんと座らせてもらう。

瓶ビールはスードラか。。。ちょっと残念。
DSCF6941.jpg

マカロニサラダ
DSCF6942.jpg

きす天
サクサクだ。
DSCF6998_20150226180551435.jpg

DSCF6947_20150226180549542.jpg

聞き耳を立てていたわけではないが、
となりの老夫婦の会話がなんともいえない掛け合いで、
とっても微笑ましかったな。

カミさんが神田駅に着いたとのメールが届く。
急いでお勘定をして店を出るのだった。



大越
千代田区鍛冶町2丁目14−3
03-3254-4053

02

07

コメント

福井県の給食 【文部科学省職員食堂@霞ヶ関】

この日は文部科学省なんてところへ赴く。
文科省に入るのははじめてだ。
DSCF6039_20150202130921e63.jpg

旧文部省の建物は文化庁となっていて、
文化庁を抜けた中庭の向こうに近代的ビルとなっている文科省があらわれる。
奥に見えるのが職員食堂だ。
DSCF6042.jpg

中庭には「さざれ石」が飾られていた。
DSCF6040_20150202130923244.jpg

文科省らしい。
DSCF6041_20150202130924e66.jpg

用件の前に、まず職員食堂で腹を満たさねば。
私らしい。。。



お役所の職員食堂で食べるのは中央合同庁舎5号館職員食堂以来、2度目だな。

文科省の食堂では、
ちょうど「全国学校給食フェア」を開催していて、
この日は福井県の給食が特別メニューで出されている。

食券機の横にあったサンプル。
せっかくだから、これにしよう。
DSCF6107.jpg


我々のようなゲストは食券を購入するのだが、
いつも利用している職員さんはID(?)をかざして決済していた。
電子マネー化されているようだ。


「ごはんは普通と大盛どうしますか?」って聞かれたので、
反射的に「大盛でお願いします!」って答えてしまった。
値段が変わらないようだったからつい・・・
DSCF6045_20150202130944a6e.jpg

メインは「あじの漁火ピカタ」
こんな洒落たおかずが福井県では本当に出るのか!?
DSCF6046_2015020213094669e.jpg

ピカタ以外のイカのマリネと杜仲茶団子はとっても薄味だったなぁ。

普段濃い味にいかに慣らされているか、ということなのかな。
ちょっと反省してみる。


給食と言えば私が子どもの頃は、ごはん食はほとんどなくて、
パン食だったな。

今思うと、とてもパンとは合わないようなおかずばかりだった気がする(笑)

給食のパンというと、
「揚げパン」が懐かしいって人が多いけど、
私はあの油まみれの揚げたパンと、
そこにまぶされたきな粉が苦手で、
揚げパンはたいてい友達にあげていた。

あと給食で思い出すのは「ミルメーク」だな。
瓶牛乳をコーヒー牛乳に鮮やかに変えてしまう、
魔法の粉、ミルメーク。
いまでも売られているようだが、どこにあるんだろ?

給食ネタってつきないよね。



文部科学省 職員食堂
千代田区霞が関三丁目2-2
03-5253-4111


09

15

コメント

お・もも・て・な・し 【宮崎地鶏炭火焼 車@東京】

長女とカミさんと国際フォーラムへ行った帰り。
すぐとなりのTOKIAでランチ。

とくに狙っていたお店があるわけではなかったので、
行列店もあるなか、すぐに入れそうだったこちらにする。

「宮崎地鶏炭火焼 車」
DSCF0033.jpg

ランチメニュー
DSCF0020.jpg

ランチビール♪
DSCF0023_20140913180903465.jpg

私はチキン南蛮。
DSCF0025_2014091318090542d.jpg

タルタルはやはりやめられません。。。
DSCF0026_20140913180906c8a.jpg

鶏と茄子の味噌炒めは長女。
DSCF0027.jpg

思っていたのよりだいぶ甘めの味噌味だ。
DSCF0028_20140913180927c3f.jpg

カミさんは鶏と豆腐のハンバーグ。
DSCF0032_20140913180928234.jpg

私は自制したが、ごはんのおかわりができるようで、
向かい側のテーブルにいた若者は何度もおかわりしていた。
昔の私を見ているようだ(笑)

DSCF0034.jpg


宮崎地鶏炭火焼 車
千代田区丸の内2丁目7−3 東京ビルTOKIA B1F
03-3216-0022


そして東京駅に向かって地下を歩いていたら福島県の物産展をやっていた。
福島産の桃のアピールのようだ。


「お・もも・て・な・し」って上手いコピーだけど、
なんか噛んじゃったようにも聞こえるね(笑)


08

21

コメント

まさかの・・・ 【ゴーゴーカレー@お茶の水】

この日はお茶の水で仕事。

ランチをどこでとろうかとウロウロ。

ゴリラと目が合ったので「ゴーゴーカレー」へ。
久々の「ゴーゴー」だ。
DSCF9220.jpg

そして、かねてから一度は食べてみたかったメジャーカレーが1000円に値下げされていたので、
思い切って「メジャーカレー エコノミークラス」にした。

ロースカツ、チキンカツ、ウインナー2本、エビフライ・ゆで玉子。
揚げ物オンパレードだ。
DSCF9218.jpg


見た目ほどの破壊力はなく、すんなり食べられたな(笑)

この日は5のつく日だったので、トッピング無料券2枚がもらえた。ラッキー!
DSCF9219.jpg

しかしそれより驚いたのは食券の時間だ。

12:55

おぉ! ゴーゴーじゃないか!


ゴーゴーカレーお茶の水駅前店
千代田区神田駿河台2丁目1−17 御茶ノ水SIAビル1F
03-3219-2255


04

08

コメント

浪江の大将 【鮨ダイニング辰@淡路町】

この日、連れて行っていただいたのは、
創業明治38年現存最古の居酒屋ともいわれる「みますや」のそばにある「寿司DINING辰」だ。
DSCF3650.jpg

DSCF3651.jpg

浪江町出身の大将がご夫婦でやられているお店だ。
DSCF3652.jpg

DSCF3653.jpg

あつあつ焼きたて厚焼き玉子
DSCF3654.jpg

隠岐の岩牡蠣
DSCF3655.jpg

のれそれ
DSCF3656.jpg

銀むつ
DSCF3657.jpg

お刺身盛り合わせ
DSCF3658.jpg

生醤油、たまり醤油、塩 
お刺身に合わせて使い分ける
DSCF3660.jpg

日本酒は「日高見」をいただく
DSCF3662.jpg

そして、にぎり。
どれも美味しいなぁー。
DSCF3663.jpg


DSCF3665_20140330093332200.jpg

いちごをいただきながら、
米焼酎と鯨ベーコンをサービスしていただいてしまった。
DSCF3667.jpg

鯨は日本の食文化。
これからも食べられるといいんだけど・・・
DSCF3668.jpg



木訥なご主人と優しい奥様が営むこぢんまりとしたお鮨屋さん。
このあたりはいいお店が多いなぁ。

また寄らせていただきます。


すっかりご馳走になってしまった。
ごちそうさまでした。


かなり酔い気分で石神井へ帰るのだった。



鮨DINING辰
千代田区神田司町2-17-8
03-5217-1511


04

07

コメント

銭湯モードでGo! 【梅の湯&クラフトビアマーケット淡路町】

この日は永年お世話になっている方にお声をかけていただき淡路町で会食だ。

しかし、約束の時間までだいぶ空いてしまった。

それなら・・・ひとっぷろ浴びるかっ! どんな思考回路だよっ!
ちゃんとスタンプノートも鞄に入っているし(笑) はじめからそのつもりだったんだろっ!


このあたりで入れそうな銭湯はないかなぁと銭湯アプリで検索。

するとすぐさまHit! 

専修大学そばの「梅の湯」に向かう。
マンションの1階が銭湯になっているようだ。
DSCF3637.jpg


DSCF3635.jpg

DSCF3636.jpg

いままでで入った銭湯でもっとも狭い脱衣場だったが、
お風呂は清潔でさっぱりした。

マラソン大会のポスターやランナーへのメッセージが壁には貼られていたので、
ランナー御用達の銭湯なのかもしれないな。


湯上がりのほてった体をクールダウンしながらゆっくり淡路町方面へ歩く。


うーむ、まだちょいと時間があるなぁ。。。





おっ! いいところにいいお店があるじゃないか!

クラフトビアマーケット淡路町店に入る。
こちらは神保町、虎ノ門、三越前にもお店がある人気店だ。
DSCF3641.jpg

DSCF3642.jpg

京都 嵐山街道 ケルシュ Glass
DSCF3643.jpg

伊勢角屋麦酒 コモンビール(三重) Glass
DSCF3646.jpg

料理は頼まずさくっと2杯だけ飲んでチェック。
DSCF3647.jpg

やっぱり風呂上がりのビールは最高だ。
ましてや美味しいクラフトビアならなおさらだ。

実にいい塩梅でお約束のお店に向かうのだった。



梅の湯
千代田区神田神保町2-8-2
03-3261-5897

クラフトビアマーケット 淡路町店
千代田区神田司町2丁目9−1 第1高田ビル 1F
03-5577-3046

12

25

コメント

1300円の担々麺 【高級中国四川料理 登龍@麹町】

この日は麹町で仕事。
「麹」の町、実に素敵な地名だ。
DSCF0583.jpg

お昼休み。
ランチに出るが、行き先はすでに決めているので脇目もふらずまっしぐら。
DSCF0584.jpg

四川料理の「登龍」だ。
麹の町に登龍だなんて、さらに素敵だ。
DSCF0591.jpg

しかし、ランチメニューを見て、ぎょげっ! 高っ!!
さすが店名にわざわざ「高級」と謳っているだけある。
DSCF0594.jpg


するとお目当ての担々麺はランチタイムは500円引きではないか。
これはありがたい。
DSCF0593_20131221194352707.jpg


店内はサラリーマンで大賑わい。
4人がけの円卓におひとりサラリーマン同士が相席だ。

お好みランチ2500円ってのもすごいな。
5番を食べてみたい。。。
DSCF0590.jpg

そして、担々麺がやってくる。
ほー、美しい。
DSCF0588.jpg

麺は細麺。
ほうれん草と挽肉だけのシンプルな具材ながら、
スープはなんともいえぬ深みのある味。
辛さと濃厚さのバランスが私好みだ。
DSCF0589.jpg

スープのほとんどを飲み干してしまった。

DSCF0596.jpg


1300円の担々麺は人生史上最も高い担々麺だったかも知れないが、
満足の逸品であった。



高級中国四川料理 登龍 麹町店
千代田区麹町4−2−2
03-3264-6628


そして、その晩、家に帰ると家にも「登龍」が。
注文しておいた「白陽 純米吟醸おりがらみ」と「登龍 特別純米無濾過生原酒 せめ」が届いたのだ。
「白陽」のおりがらみは新商品だね。少し甘めだが、おいしい。
「登龍 せめ」は3月に「四十代」に詰めてもらったのと同じかな。
DSCF0599.jpg



「登龍」の他の新酒もはやく飲みたいなぁ




12

18

コメント

鹿鳴館でランチ!? 【日比谷公園】

日比谷公園を抜けて仕事先である日比谷公会堂へ。
紅葉がきれいだ。
DSCF0369.jpg

日比谷公会堂は昭和4年に完成した古い建物だ。
戦前から戦後にかけて、政治家の演説会でも多用され、
さまざまな歴史の舞台となっている。
DSCF0372.jpg

せっかくの日比谷なので日比谷松本楼でリッチなランチにしようかと頭をよぎったが、
約束の時間まで20分少々しかない。
DSCF0374.jpg

日比谷公園前、帝国ホテルのとなりのビル内にあるコンビニへ。
DSCF0378.jpg

やみくもにこのコンビニを選んだわけではない。
実はこのビルのあたりには、かつて「鹿鳴館」があったのだ。
いまは「鹿鳴館跡」とかかれたプレートがあるだけだが・・・
DSCF0376.jpg

1883年に完成した鹿鳴館は、
不平等条約改正をめざす井上馨外相が推し進めた「欧化政策」のシンボルとして知られ、
欧米列強の賓客を招いての舞踏会や晩餐会が連日ここで開かれた。
DSCF0377.jpg

鹿鳴館ではいったいどんな西洋料理が出されていたのだろうとか思いながら、
鹿鳴館跡にあるテーブル席に腰掛け、ランチパックとヘルシアを急いでかっこむ。
DSCF0381.jpg


DSCF0379.jpg

そして、ふたたび日比谷公会堂へ。
DSCF0371.jpg

仕事を済ませたら、夕暮れ迫る日比谷公園を少々散策しながら駅へと向かう。
DSCF0382.jpg

DSCF0388.jpg

DSCF0391.jpg

DSCF0393.jpg

DSCF0395.jpg

DSCF0396.jpg


長年、東京にいるのに日比谷公園を歩いたのははじめて。
日比谷公園の歴史も古く、1903(明治36)年の開園というのだから、
今年で開園110年というわけだ。

まだまだ東京にも行ったことのない名所が数多くある。
いろいろと回ってみたいものだ。



日比谷公園
千代田区日比谷公園1
03-3501-6428


10

22

コメント

ガッツリ! おかわり! 【とんかつ うちの@市ヶ谷】

この日は市ヶ谷でランチ。

どこにしようか。
「大川や」のお蕎麦にしようかと思ったが、
10月とは思えぬ暑さのこの日は、とにかく歩くのが面倒で、なるべく駅近がいい。

そこで思いついたのが、
ミートショップうちの」が直営する「とんかつ うちの」だ。
R0029409.jpg

揚げものLOVEの私だが、ランチでとんかつ店に入ることは滅多にない。
R0029413.jpg

でも、この日は昼から胃袋を満タンにしてエネルギー補給したい気分だったのだ。
R0029414.jpg

それでも「ヘルシー」というコピーに反応する私。
そして、通常よりも400円も安くなっているお買い得感から
奮発して「えごま三元豚ロースカツ定食」にする。
R0029411.jpg


R0029412.jpg


R0029415.jpg


R0029417.jpg

R0029420.jpg

ごはんが進みまくる。
R0029422.jpg

にんじんが多めの自家製ポテサラ。
R0029418.jpg


こちらのお店は、ごはん、お味噌汁、キャベツがおかわり自由なのだ。

ならば、1380円の元を少しでも取らねばと、変な欲が働き、
よせばいいのに、ごはんとお味噌汁をしっかりとおかわりしてしまった。
ポテサラもおかわりできたらよかったのにぃ


たまには「これでもかっ!」てくらい満腹になるランチがあってもいいのだ。


夜ご飯で調整だな。。。



とんかつ うちの
千代田区九段北4丁目2−15
03-3262-7924



Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。