--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

17

コメント

立石コワイ 【二毛作&ミツワ&邦右衛門@京成立石】

4軒目は、おでんの「二毛作」へ。
こちらはとなりの丸忠蒲鉾店がやっているお店とのこと。

のれんは「宇ち多゛」から贈られたもののようだ。
DSCF4288.jpg

なかは立石っぽくない(笑)、若者テイストのオシャレなコの字カウンターだった。
DSCF4330_20141213170245a5a.jpg

もうそろそろ日本酒が飲みたい気分だったので、
お燗にしよう!

「辨天娘」と「小笹屋竹鶴」
DSCF4341_2014121317030347d.jpg

「玉櫻」
DSCF4345_201412131703055b0.jpg

寒かったのでくいくい飲み過ぎた・・・
DSCF4332.jpg

ポテサラ
DSCF4334_20141213170240291.jpg

おでんは、牡蠣やちくわぶやら・・・
DSCF4338_20141213170242ad4.jpg

さすがかまぼこ屋さん直営だ。
DSCF4350_20141213170258345.jpg

名物のトマトのおでん。
DSCF4352_2014121317030151c.jpg

“立石命”に“立石”を感じるな。
DSCF4328_20141213170344992.jpg

そして、われわれも立石でまだハシゴをつづける。



おでん二毛作
葛飾区立石1丁目19−2
03-3696-6788


続きを読む

スポンサーサイト

12

16

コメント

立ち食いの「粋」 【栄寿司@京成立石】

3軒目はこれまた立石の有名店「栄寿司」へ。
DSCF4250.jpg

こちらは昔ながらの立ち食いスタイルで、
お酒もビール小瓶しか置いていない。

ビールを飲みながら、
ちょこっとつまんでいくというのが江戸っ子的な「粋」なのだろう。
寿司好きの I さんと並んで1貫ずつシェアしていく。

さば
DSCF4509.jpg

白エビ
DSCF4510_20141213165906eed.jpg

ほたて
DSCF4511_2014121316590032b.jpg

白子
DSCF4512.jpg

穴子
DSCF4513.jpg

煮ホタテ
DSCF4508.jpg

うわぁー、どれもとってもおいしい。
まだまだ食べ続けたい気もしたが、ここらでストップ。


随分前にこちらに来たことがあるという I さん曰く、
「以前よりも美味しくなったなぁ~」とのこと。
DSCF4312.jpg

ここだけ目当てに来たいくらいだが、立石は練馬区からいささか遠すぎる・・・・・・
DSCF4310.jpg


ここまで3軒とも衝撃のコスパだ。

「聖地」立石は、おもしろすぎる。


栄寿司
葛飾区 立石1丁目18−5
03-3692-7918



12

15

コメント

サクッと串揚げ 【立飲み 串揚100円ショップ@京成立石】

「宇ち多゛」のお次はサクッと揚げ物にいっちゃいましょう!

実は立石に降りた直後、
京急から京成に乗り入れてきた西武カラーの「Yellow Happy Train」車両にも遭遇したのだが、
そちらは撮り逃してしまった。
ショック・・・
DSCF4290.jpg

線路沿いにある「串揚100円ショップ」へ。
DSCF4291.jpg

立ち飲みだ。
DSCF4293.jpg

どれでも100円、2本からオーダーできるシステム。
DSCF4292.jpg

ビールであらためて乾杯!
DSCF4295.jpg

消費税率引き上げのときにも値上げをしなかった心意気に打たれる。
DSCF4296.jpg

二度漬けは無論禁止。
DSCF4297.jpg

いか・もちチーズ・うずら・ウインナー・たまねぎなどなど、あれこれ食べる。
DSCF4298.jpg

DSCF4299.jpg

DSCF4301.jpg

DSCF4306.jpg

レモンサワーで仕上げて、終了。
DSCF4305.jpg

こういう串揚げ屋さん、近所にもあるといいんだけどなぁ。
揚げ物好きの私にはたまらないよ。。。
DSCF4307.jpg


さぁ、気持ちもアゲアゲになって、3軒目に突撃だぁ!


串揚100円ショップ
葛飾区立石1-22-7


12

14

コメント

葛飾区に討ち入り!? 【宇ち多゛@京成立石】

今日、12月14日は赤穂浪士が討ち入りをした日だ。
忠臣蔵ファンの私としては胸躍る日だ。

ただ、12月14日は旧暦のことなので、いまの暦だと1月30日にあたるのだが、
旧暦の日付をそのまま生かして「義士祭」なども各地でおこなわれている。
こういう旧暦とグレゴリウス暦とのズレは記念日ではよくあることだが紛らわしい。
いまさら1月30日が討ち入りの日だと言われてもピンと来ないしね。


そんな私もちょいと前に「討ち入り」を果たしてきた。
といっても、誰かの仇を討ってきたわけではない。

呑兵衛にとっての「討ち入り」とは立石の有名店「宇ち多゛」に入ることで、
これを「宇ち入り」というのだ。

そもそも立石というエリアは呑兵衛の聖地といわれ、
安くて旨くてディープな飲み屋がひしめきあっているのだ。

しかし、これまで立石周辺には足を踏み入れたことがなく、
なんと葛飾区自体がこのブログにようやく初登場というのだから自分でもびっくりだ。

やっとやっと、
これでばるべにー23区コンプリートというわけだ(笑)

京成立石!
DSCF4247.jpg

駅を出るといきなり美味そうな揚げ物が並ぶお店。
DSCF4248.jpg

DSCF4249.jpg


すでに「宇ち多゛」の前に開店前から並ぶ人たちが大勢。
大常連さんが多く、私のような初心者は入る前からもうビビり気味。。。
DSCF4252.jpg

DSCF4257.jpg

1巡目では入れず、30分ほど待ったのち中へ。
一緒に座ったSさんは宇ち多゛に何度か来たことがあるので、
オーダーは彼にお任せだ。

というのも、この宇ち多゛のオーダーはなかなか難しく、
私のようなトーシローには歯が立たないのだ。
なんたってもつ焼きのメニュー表はどこにもないのだからね。

でも、Sさんは次々と呪文のようにオーダーを繰り出していく。

あっという間にテーブルはもつまみれ(笑)
どれがなんだかさっぱり覚えていない。
DSCF4260.jpg

とにかく急いで撮って、急いで食べる感じ。
DSCF4261.jpg

DSCF4263.jpg

DSCF4264.jpg

DSCF4265.jpg

DSCF4269.jpg



瓶ビールを飲み干したら、やはり宇ち多゛は「梅割」でしょ。
梅多めでお願いする。
DSCF4270.jpg

破壊力があとからきいてくる禁断の焼酎だ。

まだまだ食べるよー
DSCF4271.jpg

DSCF4274.jpg

DSCF4278.jpg

DSCF4277.jpg

DSCF4281.jpg

DSCF4284.jpg

DSCF4282.jpg


ちゃんともつ焼きの説明ができず申し訳ない。

もつの部位、焼き方、味付け。
この3種の組み合わせでオーダーするのだが、
今回は結局自分ではオーダーできなかった。。。

DSCF4287.jpg

滞在時間は何分だったのだろう。
念願の「宇ち多゛」で飲んだわけだけど、
その独特の世界観に飲まれていたのは私の方だ・・・・・・。

こんなに緊張して飲んだの久しぶり(笑)


でも、とっても美味しかったな。
自分で呪文を操れるようになって「宇ち多゛」の世界をもっと知りたいと思いながら
店をあとにするのだった。


宇ち多゛ (うちだ)
葛飾区立石1-18-8 仲見世商店街
03-3697-5738


Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。