--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07

28

コメント

ぎょぎょぎょ! “神イベント”だ!【東京魚商@築地市場】

とある日曜日。
大江戸線揺られて築地市場駅までやって来た。

地元飲み友で博学のムシキングダンディーさん(以下、MKDさん)から
「とんでもないイベントが築地であるので行きませんか?」お誘い頂いたのだ。
DSCF7213_20160719131654ba7.jpg

集合場所は築地市場の正門前。
DSCF7214.jpg

しかし、この日は日曜日で、市場も場内の飲食店もお休み。
あんまりそれらしき人も集まっておらず、若干不安気味に待つ。
DSCF7215.jpg

するとほどなく、MKDさんも登場。
ちらほらと参加者も集まりだし、主催者の方もやって来て、人数確認の上、いよいよ場内へ。
閑散とした場内に入れるだけで、ちょっぴり優越感♪
DSCF7216_20160719131651057.jpg

会場は本日のイベントの主催者である東京魚商協同組合の建物である。
「東京魚商」は、平たく言えば「街のお魚屋さん」が加盟する組合だ。

その東京魚商さんが開催する「プレミアム料理教室」に参加させてもらう。
DSCF7217_20160719131652cc8.jpg

実はこの料理教室、「鑑賞型」の料理教室なのだ。

お魚のプロである街のお魚屋さんが、魚の捌き方を披露してくれて、
我々は“見て学び”、そして“食べて喜ぶ”という贅沢過ぎる、
まさに“プレミアム”なイベントなのだ。

ホワイトボードに書かれたこの日の食材を見るだけで、テンションがおかしくなる。

新鮮な旬の魚介類がすでに卓上に並んでいる。
コチ・真子カレイ・真いわし・さざえ・生インドマグロ
DSCF7221.jpg

まずはコチ。
夏らしいお魚からスタートだ。
DSCF7225.jpg

あっという間に捌かれ、この通り。
DSCF7237.jpg

お次は真子カレイ。
DSCF7245.jpg

見て学ぼうとするが、プロのテクニックに驚嘆するばかり。
DSCF7252.jpg

こちらもこの通り。
DSCF7259.jpg

イワシは割愛して・・・

本日のクライマックス。
生インドマグロの登場に参加者も歓声をあげる。
DSCF7262.jpg

う、うっ、美しい!
DSCF7268_2016071913292548e.jpg

マグロの部位の説明をしながら、手際よくサクに分けていく。
DSCF7278_20160719132927f80.jpg

ラストはサザエ。
DSCF7284.jpg

ふたの開け方、肝の処理などの説明を聞く。
これはすぐにでも実践できそうだな。

ところで、サザエの肝、緑がオスで白がメスっての知ってましたか?
そうだったんだ~
DSCF7287.jpg

盛りつけ方も教わる。
綺麗だ。
DSCF7299.jpg

そして、完成した盛り合わせがコチラ!
DSCF7301.jpg

ジャーン!
DSCF7302.jpg


“見て学ぶ”は終了。
途中、参加者が挑戦する場面もあり、お父さんやちびっ子などがトライしていたが、
MKDさんも私も結局包丁は一度も握らず・・・(笑)

ハナから“食べて喜ぶ”に専念しようと決めていたのだ。

参加者には一人ずつお刺身を盛りつけてくれる。
DSCF7305.jpg

先程のイワシを使ったつみれ汁や小鉢などもつく。
そして、驚くなかれ、キンキンに冷えた缶ビールまでもがついてくるのだ!!!
DSCF7304.jpg

いやいや、驚くのはまだまだ。

なんとお酒の持ちこみが自由なのだぁ!

いったいどこまで至れり尽くせりなんだ。
酒飲みの気持ちもよくわかっていらっしゃるぅぅぅ

お酒の仕入担当は私。
前日、小山商店で購入した四合瓶を2本持参した。

その前に、念のためMKDさんから東京魚商さんにお酒を持ちこむ確認の電話を入れたそうなのだが、
そのときのやりとり。

MKD:日本酒を四合(しごう)瓶で1〜2本持ち込みますので、冷蔵庫貸してください。
魚商:冷蔵庫はいいですが、4〜5(しご)本は多すぎませんか?

どんだけ飲むと思われてんだか(笑)

「房島屋 兎心 おりがらみ」(岐阜)&「開運 涼々」(静岡)
DSCF7303.jpg

つみれ汁もメチャウマ。
DSCF7308.jpg

DSCF7309.jpg

ネギもどっさり入れちゃった。
DSCF7310.jpg

ごはんも出されたので、最後に取っておいたマグロを白飯にオン♪
プチマグロ丼にしていただく。
たまらん。
DSCF7315.jpg

聞きしに勝る“神イベント”であった。
抽選というのもわかるし、一般募集もしていないんだとか。

MKDさんの情報網とくじ運、恐るべし(笑)

そして、私を誘ってくださり感謝感激だ。
ありがとうございました!


築地市場はこの秋でその歴史に幕を閉じ、豊洲へ移転する。
築地場外は今後も残るようだが、場内はなくなる。

築地場内の情緒を楽しめるのもあとわずか。
DSCF7318.jpg

この風景も見られなくなるんだなぁ~
DSCF7319_2016071913320393c.jpg

このイベントは来年もあるのかな。

もし豊洲移転後も行われるようなら、
MKDさん、また抽選当ててくださいね。

またお魚の捌き方の“勉強”をしに行きましょう!(笑)


スポンサーサイト

06

02

コメント

娘と「ザギンでシースー」 【乾山@銀座七丁目】

銀座七丁目「乾山」の昼のおまかせ贅沢ランチ梅コース(通常3,888円)が
2280円になるというチケットをクーポンサイトで見つけ2枚購入。

はじめは美術館の帰りにでもカミさんと寄ろうかと思ってチケットを買ったのだが、
娘の誕生日に「ザギンでシースーできる券が誕生日プレゼントね」ってふざけて言ったら、
「え~! 本当! 嬉しい~♪」と予想外の反応。

・・・てな訳で、後日、娘とランチデートすることになった。
これじゃぁ、私が贈ったプレゼントなのに、私が贈られたような感じだけどね(笑)



私はビールで喉を潤し、一白水成(秋田)を頼む。
すると日本酒に合うアテをさっと出してくれた。
いかげそに鯛の酒盗がのったものだ。これがメチャウマで娘にだいぶ食べられてしまったけどね・・・



正直、クーポンサイトのチケットなので期待しないで行ったのだが、
かなり良かった。

そうえいば、チケットには7貫+巻物1本ってあったけど、
実際は、10貫+巻物1本だったしね。

とっても親切で娘にも優しい対応だった大将がオマケしてくれたのかな・・・
それとも誕生日プレゼントって聞こえたからサービスしてくれたのかな・・・

いずれにしてもお買い得クーポンのおかげで、
娘と「ザギンでシースー」できちゃった。

白木のカウンター席は娘もちょっと緊張したようだけど、
いい経験になったみたいだしね。

ごちそうさまでした。


乾山 銀座七丁目店
中央区銀座7-3-9 銀座リービル2F
03-3571-0910



03

20

コメント

猛者会 【蛇の市本店@三越前】

この日は高校時代の同級生Sくんと、
偶然にも共通の知り合いであったTさんと日本橋の「蛇の市本店」へお邪魔した。

こちらは江戸時代から続く老舗。

寶井基角の末裔である五代目とは以前から親しくさせていただいているが、
この五代目が日本酒に精通しており、
寿司屋とは思えぬ酒揃いにいつも驚かされる。

SくんもTさんも大の日本酒好き。
五代目には「日本酒の猛者を連れて行きますからね♪」と予告しておいたのだ。


1/3合ずつくらい、ちょこっと注いでくれるのがありがたい。
これだとどんどん新しいお酒を飲めるからね。
銘柄は五代目や酒匠のしのぶちゃんにすべておまかせだ。

中央は大トロのネギマ。
これ最高だったなぁ~


もちろん、にぎりで〆る。



旨い日本酒に美味い寿司。
日本人に生まれて幸せ。

そして、お会計のあまりの安さにこれまた幸せ(笑)

猛者とともに楽しい一夜であった。


蛇の市本店
中央区日本橋室町1丁目6−7
03-3241-3566


10

04

コメント

VIVA! 健啖家 【トゥットベーネ@築地】

だいぶ涼しくなってきたサマーナイト。
地元の酒雄“ムシキングダンディー”ことTさんにお招きいただき、
築地で人気のピッツェリアにやってきた。

こういうオシャレなお店はまったく門外漢なので、料理もワインもすべてみなさんにおまかせ。
あぁ、なんて楽ちんなんだ(笑)

こちらのお店はボリューミーらしく、
ならばと「健啖家」の私にお声がかかったというわけ。
よかったぁ、大食いで(笑)

期待に応えるべくモリモリ食べますよ~


お初なお方お二人ともすぐに打ち解け、とても楽しい一夜となりました。
Tさん、また誘ってくださいね。

こちらのお店、『おとなの週末』10月号 ピッツァランキングにも選ばれています。
thumb1.jpg

驚いたのは、掲載上位5店から私が行ったことのあるお店が3店もあったこと。

ピッツェリアなんて滅多に行かないのに、
美食家の友人のおかげで連れて行ったもらったお店ばかり。

持つべきものは酒友・食友ですな。


築地トゥットベーネ
中央区築地7-10-10
03-6278-7048


04

02

コメント

東京百年寿司【蛇の市本店@三越前】

「遊月亭」を出て、イトーさんともう1軒。

日本橋へ移動して「蛇の市本店」へ。
寿司通のイトーさんを一度お連れしたかったのだ。
DSCF7897.jpg

いつものごとく、お酒は五代目に丸投げ(笑)

「鍋島 アームストロング砲 特別本醸造活性にごり」(佐賀)でリスタート!
DSCF7898.jpg

白魚
DSCF7943.jpg

締めたものが食べたいとのイトーさんのリクエストではじめはこちらから。

〆鯖、こはだ、平目の昆布締め
DSCF7902_201503210857052b5.jpg

赤貝とミル貝
DSCF7916.jpg

「蛇の市」に来たら穴子はマスト。
穴子の白焼き
DSCF7942.jpg

「謙信」(長野)
DSCF7906_20150321085706672.jpg

「翠玉」(秋田)
両関酒造が醸すお酒だが、「十四代」の高木社長の指導でつくられたお酒ということで、
「らしさ」を感じる。
DSCF7910.jpg

「万齢」(佐賀)
DSCF7913.jpg

「西條鶴」(広島)
DSCF7917.jpg

「能古見」(佐賀)
DSCF7920_20150321085807861.jpg

福島の2本
「豊圀」・「泉川」
DSCF7928.jpg

最後はにぎってもらう。

いか
DSCF7941_201503210859017ed.jpg

くるまえび
DSCF7940.jpg

あじ
DSCF7939.jpg

煮はまぐり
DSCF7938_2015032108590467f.jpg

あなきゅう
DSCF7937.jpg

かんわさ
DSCF7936_201503210859035a8.jpg


この日は1階も2階もメチャ混み。
それでも忙しい合間に、
いつものような軽快なトークを繰り広げる五代目。

五代目の気さくな人柄と
老舗ぶらずに気取らないこちらのお店が大好きだ。

まさに『東京百年レストラン』のコンセプトにもふさわしい名店である。

そして美味しいお酒とお寿司のコラボに
イトーさんが喜んでくれたのが何よりよかったな。



鮨処 日本橋 蛇の市本店
中央区日本橋室町1丁目6−7
03-3241-3566


03

10

コメント

オーパス・ワンに酔いしれた夜 【ジードロップ(G'drop)@神田】

大学時代のH先輩が連れて行ってくれたのは「G'drop」というワインバー。
DSCF6950.jpg

てっきり赤提灯に行くのかと思っていたら、
こんなおしゃれなワインバーとは!
DSCF6951_2015022618110201a.jpg

まずはグラスワインで再会を祝し乾杯。
DSCF6952.jpg

兵庫から東京に出張の折には、この店によく来るらしく、
H先輩は店長さんとも顔なじみのようだ。
DSCF6954_20150226181105b78.jpg

大学時代はビールや焼酎、
銘柄なんて関係のない添加物たっぷりの日本酒ばかり飲んでいたが、
三十を過ぎてからワインの美味さに目覚めたとH先輩。

ワインも料理も先輩におまかせしちゃう私たち。
DSCF6955_2015022618110686f.jpg

DSCF6961_20150226181112917.jpg

DSCF7001_20150226181122359.jpg

DSCF6999.jpg

なにやらスゴイボトルが出てきた。
カリフォルニア州ナパ・バレーにあるオーパス・ワン・ワイナリーの
「オーバーチュア(OVERTURE)」
オーパス・ワンのセカンドだそうだ。
DSCF6968.jpg

「リンゲンフェルダー ガニメット 2008」
ラベルが『鳥獣戯画』みたいに見えた(笑)
DSCF6972.jpg

そして、これが「オーパス・ワン」。
先輩もはじめて飲むと言って、
テンションがめちゃくちゃあがっている
DSCF6976.jpg

ワインは詳しくないので、何の講釈もたれられないが・・・
ただひとこと。
おいしい♪
DSCF6980.jpg

講釈はどこぞのワインショップのホームページから転載させてもらう。

フランスの名門「シャトー・ムートン・ロートシルト」のフィリップ・ド・ロッチルト男爵と、
ナパを代表する「ロバート・ モンダヴィ・ワイナリー」のロバート・モンダヴィによる
米仏共同の画期的なジョイントベンチャーとして、1978年に設立。
同社が唯一生産している「オーパスワン」は、
ナパが世界に誇る繊細な最高品質の超一級品として、
日本でも高い知名度と絶大な人気を得ています。  
オーパスワンとは音楽用語で“作品番号1番”のこと。
「一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインはメロディのようなもの」
とロスチャイルド男爵によって命名され、
ラベルにはモンダヴィとド・ロッチルト男爵2人の横顔とサインが描かれています。 ~葡萄屋HP


DSCF6983.jpg

これだけ高級ワインを次々と空けたのだから、
会計は当然のお値段。

すると先輩が私たち夫婦の分まですべてごちそうしてくれた。
なんという男気。
いよっ、社長!(笑)

実は二十数年前、私をサークルに勧誘してくれたのがH先輩だった。
新歓期間、ひとり寂しく歩いていた私に優しく声をかけてくれたのだ。

そして、そのサークルでカミさんと出会うのだから、
H先輩あっての私たちなのだ。

そんなH先輩との十数年ぶりの一夜は記憶が吹っ飛ぶほど楽しかった(笑)
H先輩、本当にごちそうさまでした!


G'drop
中央区日本橋本石町4丁目5−5 藤ビル 1F
03-3231-1036


03

03

コメント

「紀土」を醸す若き蔵人の情熱に感動! 【蛇の市本店@三越前】

和歌山県の銘酒「紀土」を醸す平和酒造専務の山本典正さんが書いた『ものづくりの理想郷』。
この本の出版を記念して開かれたイベントに参加。
DSCF6735.jpg

先日同じ出版社から発売された
『幸せになれる料理店 東京百年レストランⅢ』の著者である
伊藤章良さんと山本さんとのトークセッションが
このイベント内で企画されている。

「出演者の『特権』でご招待しますよ!」と“飲み友”伊藤さんから嬉しいメールをいただき、
馳せ参じたのだ。

参加者は料飲店の方や日本酒界で高名な方々が多く、
私のようなシロウトが参加して申し訳ないが、とっても楽しい♪

伊藤さん、ありがとうございま~す!
DSCF6770_2015022617011031e.jpg

若き蔵元、山本さんのご挨拶。
DSCF6744_201502261701064ac.jpg

そして、乾杯!
DSCF6748_201502261701071c8.jpg

とにかく若い蔵人たちを大切にしている山本さんの情熱が半端ない。

だから重労働・不規則勤務になりがちな酒蔵であっても、
多くの若者が集まってくるのだろう。
DSCF6754.jpg

『ものづくりの理想郷』が取り上げられていた記事はコチラ
↓クリック!
日本酒の蔵元が書いた注目の“ビジネス書”が話題に!


では、そうした思いのつまった「紀土」のあらゆるスペックを片っ端からいただきましょう。

DSCF6757_20150226170204190.jpg

DSCF6758_20150226170205eec.jpg

DSCF6759.jpg

DSCF6760_2015022617020879f.jpg

DSCF6756.jpg

DSCF6761.jpg

DSCF6764_201502261702222e3.jpg

「紀美野」は地元で昔からあるブランドで、
「紀土」は山本さんが新たに立ち上げたブランドなのだ。
DSCF6773.jpg

「紀美野」ははじめて飲んだが、純米酒がかなり好みの味わいだったな。
DSCF6774.jpg

そして、こちらが平成21年度に醸造した激レアもの。
なんとこれがラストの1本らしい。
心していただく。
DSCF6765.jpg

仕込み水を「和らぎ水」としてしっかり補給する。
DSCF6777.jpg

そして、伊藤さんと山本さんのトークセッション。
日本酒蔵と東京百年レストラン、
「持続可能性~Sustainability」がトークのキーワードになっていた。
DSCF6794_20150226170357b8e.jpg

後半は若き蔵人たちが醸した日本酒をきく。
これらのお酒は市販していない。

勉強のためとはいえ、
若き蔵人たちにそれぞれ造りを体験させてしまうなんて。
実にうらやましい。

そして、こういう取り組みを考え出し、どんどんトライさせる蔵がやはりアツイ!
DSCF6781.jpg


DSCF6798.jpg

DSCF6779_20150226170339ed9.jpg

DSCF6778.jpg

いずれこうした若い蔵人が経験を積んで技術を向上し、
日本酒界を支えていってほしいものだ。


数ある「紀土」のなかで、私がいちばん気に入ったのは、
乾杯で飲んだこの大吟醸だったな。
DSCF6804.jpg


ものづくりの理想郷――日本酒業界で今起こっていることものづくりの理想郷――日本酒業界で今起こっていること
(2014/12/13)
山本 典正

商品詳細を見る

幸せになれる43の料理店 ―東京百年レストランIII幸せになれる43の料理店 ―東京百年レストランIII
(2014/12/24)
伊藤 章良

商品詳細を見る



実は、このイベントには「粋酔」のマスター夫妻もいらしていたので、
このあと2次会へと一緒に向かうのだった。



続きを読む

03

02

コメント

贅沢な0次会 【蛇の市本店@三越前】

ある出版社の“おいしい”イベントにご招待いただき、日本橋へやって来た。
DSCF6713.jpg

DSCF6714.jpg

そのイベント会場の場所を調べたら「蛇の市」さんの目と鼻の先だったので、
顔を出さないわけにはいかないな。

イベント前にすこしお腹も慣らしておこう。
贅沢な0次会だ。
DSCF6715.jpg

五代目にあいさつし、ビールで喉を潤す。
DSCF6717.jpg

40分ほどしか滞在時間がない事情は説明したので、
ちょこっとだけおつまみを出してもらう。

あん肝
DSCF6743_201502151744132f6.jpg

さより
DSCF6742.jpg

こうなると日本酒も猪口っと飲みたくなってしまう。

五代目が口の開いていない「新政」を2本持ってきてくれたので、
どっちも少しずつ飲み比べをさせてもらう。

これまた贅沢ぅー
DSCF6724.jpg

酒こまち
DSCF6725.jpg

美山錦
DSCF6728_20150215174447786.jpg

どっちも旨いが、
酒こまちの方が私は好みだったかな。

鯛の昆布締め
DSCF6740.jpg

奄美大島のマグロ
DSCF6737_20150215174511d5d.jpg

イベントの開始時間がせまってきた。

もっと五代目と酒談義したかったけど、
最後に二貫だけいただいてあわただしく終了。

五代目、次はゆっくり来ますね♪



鮨処 日本橋 蛇の市本店
中央区日本橋室町1丁目6−7
03-3241-3566


12

30

コメント

スルーできないでしょ!【博多らぁめん ふくちゃん@築地】

月島へ向かおうと勝ちどき橋を目指すと、
その手前にある「博多らぁめん ふくちゃん」が大変なことになっていた。

なんとこの日だけ680円のらーめんが390円だというのだ!!!
こんな貼り紙を見たらスルーできないでしょっ。
DSCF4760_20141222110728084.jpg

急遽予定を変更して、
390円ラーメンを食べていくことにした。
DSCF4762_2014122211072932e.jpg

博多ラーメンに紅生姜が定番かもしれないが、
私は紅生姜は入れない。
DSCF4764_2014122211073160c.jpg

大好きな高菜だけのせるのだ。
DSCF4766_201412221107323b8.jpg


予想外の展開に
胃袋もだいぶ満タンになってきているが、
予定通り月島へ向かう。

一生懸命歩いて、お腹をすかせよう(笑)

DSCF4767_20141222110734727.jpg

DSCF4769.jpg

DSCF4770_201412221107457c4.jpg

DSCF4772_20141222110747d84.jpg


さぁ、月島はすぐそこだ。


生粋博多らぁめん ふくちゃん 築地総本店
中央区築地6丁目9−5
03-3545-6005


12

29

コメント

場外乱食 【山長&おかめ&ハレの日食堂@築地場外】

築地場内を出て、今度は築地場外へ。
DSCF4725.jpg

こちらは買い物客などで、賑わっている。
DSCF4726_201412221052235d9.jpg

DSCF4728_20141222105226fc1.jpg

山長の串玉100円
DSCF4727.jpg

甘めと甘さ控えめが選べるが玉子焼きは甘いのが好き。
「大根おろしはどうしますか?」と聞かれたが、大根おろしはつけなかった。

アツアツの玉子焼き、美味しいに決まっている(笑)
DSCF4731.jpg

そして、お次は立ち食い寿司の「おかめ」へ。
DSCF4734.jpg

5人で満席のような小さいお店だ。
そしてとってもリーズナブル。
DSCF4735_20141222105358881.jpg

DSCF4742.jpg


DSCF4741.jpg

ビールは飲んできたので、
さっそく「越乃景虎」。
DSCF4738.jpg

こはだ
DSCF4776_201412221054425b5.jpg

ほっき
DSCF4777_20141222105443001.jpg

いわし
DSCF4778.jpg

さば
DSCF4779_20141222105447d68.jpg

金目鯛・ぶり
DSCF4780.jpg

いか
DSCF4781_2014122210552897f.jpg


小ぶりなお寿司なので、ぱくぱく食べられた。

「おかめ」をあとにし、食後も場外を散歩。

おっ!
牡蠣があるじゃないか!
DSCF4757.jpg

焼牡蠣
DSCF4753.jpg

生牡蠣
DSCF4754.jpg

どっちにしよう。。。
迷うなぁ~


えーい、だったら両方食べちゃえ!
DSCF4756.jpg

よく食べるふたりだ。
築地はこれくらいにしといてやろう(笑)

お次は月島へ足を伸ばすのだ。


築地山長
中央区築地4-10-10
03-3248-6002

おかめ
中央区築地4-8-7
090-8849-8734

ハレの日食堂
中央区築地4-10-5 1F
03-5565-6477


Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。