--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

13

コメント

ワンタンも白河の味 【手打中華せきた@白河】

ああ、もう白河を離れなくてはならない。

よし、新幹線に乗る前に「菜華軒」でチャーハンを食べていこうじゃないか。
なかなかいいアイデアだ。


ぎょげっ!
まさかの工事による臨時休業とは。。。






気を取り直して高原口へ移動し、駅前の「せきた」へ。
DSCF8722.jpg

口開けの客のようだ。
DSCF8715_20150327090206061.jpg

ワンタンメン
DSCF8717_20150327090208b0b.jpg

味付け玉子を注文すると別皿で来る。
DSCF8718_20150327090209bce.jpg

前日も「月の家」で白河ラーメンを食べているが、
「月の家」にはワンタンメンがないので、チュルチュルワンタンが嬉しい。
DSCF8724_201503270902053e7.jpg

白河ラーメンは毎日食べても飽きないのだ。
DSCF8725.jpg


次回の「帰河」こそは、「菜華軒」のチャーハンも食べるぞ!

☆2015年ラーメン17杯目

手打中華 せきた
福島県西白河郡西郷村道南西93
0248-27-2810


スポンサーサイト

04

09

コメント

離れて実感 【月の家@白河】

久々の「帰河」。

「まずは白河ラーメンでしょっ!」てことで、
新白河駅から割と近い「月の家」へ。
DSCF8622_20150327083636195.jpg

「月の家ラーメン」を麺固めでオーダー。
DSCF8623_201503270836385f9.jpg

このスープの香り、チャーシューの燻製臭。
DSCF8624.jpg

そしてピロピロ麺。
やっぱり白河で食べるラーメンは落ち着くよ♪
DSCF8628.jpg


こういうラーメンを年がら年中あちこちの店で
当たり前のように食べられていたあの頃は贅沢だったんだなぁ~
離れてみてしみじみ思う。


☆2015年ラーメン16杯目


月の家
福島県白河市北堀切29-1
0248-23-7773


12

18

コメント

“ねりごまみそ”で克服か!? 【石井食堂@白河】

白河で暮らす弟夫婦に3人目が誕生!

すでに赤ちゃんと対面しているカミさんは石神井に残し、
私と子どもたちとで会いに行く。

こういう帰河のパターンって珍しいなぁ~

白河ICで降りるや、まずは腹ごしらえせねば。
やっぱりラーメンが食べたい。

でも長女はあまりラーメンが好きでなく、
「醤油は絶対イヤ、味噌なら食べられるかも」と言っている。

次男は「塩ラーメンがいい」。

長男は「べつになんでもいい」と無関心。

おいおい、久々の白河ラーメンにもっと興奮しようぜ!
父親だけが盛り上がっているではないか(苦笑)

よし、石井食堂にしよう!

昼時から少し時間がズレていたのに混んでいる。さすがだ。
DSCF4197.jpg

私はメニューを見ずとも決まっている。
DSCF4200.jpg

塩ラーメンはないので、次男は塩味のたんめんにした。
DSCF4204.jpg

長男はラーメン。
チャーシューとかネギとか入れてもいいのに、
シンプルにラーメンを選ぶあたりが長男なんだよな。
DSCF4205.jpg

そして、私と長女は石井食堂の看板メニュー「ねりごまみそラーメン」。

はぁ~、相変わらずウマイ!

長女も一口食べたとたん、「これ、うまっ!」だって。
よしよし、ねりごまみそにハマったようだぞ(笑)
これで長女のラーメン嫌いが少し変わっていくといいな。
DSCF4201_20141213172742c0b.jpg

この日は、ごまの濃厚さよりも味噌の味わいがまさっていた。

また、麺も以前より1.3倍くらい太くなったような印象を受けた。

あいかわらずのもちもち麺で美味しかったけど・・・スープはもっとゴマっぽさが強い方が好みだ。
DSCF4207.jpg

せっかくの白河。

私だけならラーメンのハシゴをしたいところだったが(笑)、
赤ちゃんの顔を見に弟の家に向かうのだった。



石井食堂
西郷村大字小田倉字大平287-1
0248-25-0929


06

10

コメント

高原口で白河ラーメン 【かづ枝食堂@新白河】

白河にとんぼがえりのこの日、せめてラーメンくらい食べていこうと高原口へ。
DSCF5733.jpg

高原口もきれいになったなぁ~
DSCF5732.jpg

高原口には「せきた」と「かづ枝」があるが、
この日は「かづ枝」に入る。
DSCF5735.jpg

かづ枝の名物は「からしタンメン」だが、私はいつもここでは「しおラーメン」を頼むことが多い。
DSCF5736.jpg

DSCF5737.jpg

かづ枝の醤油は食べた覚えがないと思い、ワンタンメンにした。
DSCF5738.jpg

ひさしぶりの白河ラーメンだ。
DSCF5744.jpg

ふぅー、しあわせ♪
DSCF5746.jpg

出張とおぼしきサラリーマンも店内には多くいた。

新幹線待ちの人にとっては、
とってもありがたい駅近白河ラーメン店なのだ。


かづ枝食堂
福島県西白河郡西郷村道南西89
0248-27-0944


08

30

コメント

胃袋との戦い 【菜華軒@白河】

長女と長男と一足早く東京へ戻る。

その前に、思い残すことがないよう菜華軒で満腹にしてかえるぞー!

いつも変わらぬべたべたのメニュー(笑)
R0028080.jpg

夏メニューも一応確認するが、3人ともオーダーは決まっているのだ。
R0028081.jpg

まず、私はビール!
R0028082.jpg

ビールを飲み、高校野球を見ながら待つ。
お通しも盛りがイイ。
R0028086.jpg

子どもたちは店に置いてあるマンガを読んで待つ。
「こち亀に石神井公園が出てるぅ!」と長男が叫ぶ。
ワニ騒動のころの話だな、こりゃ。
R0028083.jpg



そして、まず長女のオーダーがやって来る。


長女のチョイスはもつ煮定食。

それって中学女子が頼むメニューですか!?
相変わらずの「もつ煮マニア」だ。
R0028090.jpg

もつ煮の量もやっぱり菜華軒サイズだ。あふれてる(笑)
R0028088.jpg

私はシンプルに「塩ラーメン」
R0028091.jpg

ここの干しエビが入ったスープが好きなんだよね。
R0028093.jpg

R0028094.jpg


最後は長男のチャーハン。
最近長男も食欲が増してきたし、私もチャーハン食べたかったから、
「大盛」にした。

普通でもトンデモナイ量なのに、土星の上に木星が乗ったようなサイズでやってきた。
R0028097.jpg


中心から何口か食べたら、大きなカルデラのようになった(笑)。
深っ!
R0028099.jpg


チャーハン「普通」にしておけばよかった。。。

もつ煮もチャーハンも私のところに回ってくるものだから、
私のお腹も土星の上に木星が乗ったような状態に・・・
さすがの私の胃袋もはちきれそうで言葉も出ないほどだ。


長女は「ここのもつ煮は、人生で3本の指に入るね♪」だって。
おいしくて気に入ったのはよかったけれど、
その年齢でもつ煮を語れるってのはどうかと思うがね(苦笑)

長男も菜華軒のチャーハンが基準になっているようで、
他所でチャーハンを食べると、
菜華軒のチャーハンよりどうだとか、こうだとか、論じている。
R0028101.jpg


こいつらもっと大きくなったらいろいろうるさそうだな(笑)


駅には新しい八重のポスターが。
R0028102.jpg


大河ドラマも終盤になってきた。
明治時代の綾瀬はるかも魅力的なのだ。



菜華軒
白河市新白河3-8
0248-24-0312



08

18

コメント

らいどファミリーといっしょ 【SUGAZO@白河】

この日は、らいどファミリーと一緒にお昼ご飯。
もちろんラーメンだ。

小さいお子さんがいるので、家族連れでも入りやすいお店ということで、
らいどさんにお店は任せたところ、私が未訪の「SUGAZO」になった。

となりのダンス・カラオケが気になりながら、店に入る。
R0027612.jpg


白河では珍しい和風とんこつのお店だ。
R0027603.jpg

丼のサイドメニューも魅力的だったが、ここは夜のことを考え、自制する。
R0027604.jpg

R0027605.jpg

R0027606.jpg

らいどさん、和風とんこつの味噌
R0027607.jpg

らいど夫人、汁なしらーめんの甘辛。
R0027610.jpg

私はやっぱし担々麺!
濃厚スープと肉味噌がうまい。
でも、もうちょっと辛くてもよかったのと、
上に乗っかるのは水菜より青梗菜がいいなぁ。
R0027608.jpg

R0027611.jpg

この日、らいどJr.とは初対面だった。
泣かれちゃうかなぁーと心配したけど、
だっこしてもニコニコご機嫌のいい子さんだ。

私もついついデレデレ♪

ばるおじさんとのツーショット記念写真は大きくなっても大事にしておくんだぞ(笑)


白河に戻ったときの再会を約し、らいどファミリーと別れるのだった。


和風とんこつら~めん SUGAZO
白河市萱根北街道端3
0248-27-1271



08

16

コメント

田んぼのなかにある「聖地」 【とら食堂@白河】

有名な白河ラーメン店はすべてブログに登場したはずなのだが、
実は「あの店」がまだ登場していないのだ。

東京人が東京タワーに行かないようなものだろうと白河にいるときは思っていて、
なんとなく訪れる機会を逸していた。

ブログをはじめる前にはちょくちょく行ったことがあるので、
実に5年ぶりの訪問となる。

あの店とは・・・
そう、いまや白河ラーメンの聖地ともいえる「とら食堂」だ。
R0027428.jpg

この店で修行したお弟子さんがあちこちに店を出したことで「とら系」なんて言葉が生まれ、
それが白河ラーメンの裾野を広げることにもなった。
東京にも「とら系」のお店はあるからね。

この看板を寄贈した「えびまさ」もやはり「とら」のお弟子さんで、
かつて西郷にあった名店だ。
残念ながら店主が亡くなり店を閉めたと聞いたが、
私はついぞ行けずじまいであったことを後悔している。
R0027429.jpg

11時オープンなので、平日のお昼ならそんなに並ばないだろうと思っていた。

ところが10時50分に着くと、すでに15人くらい並んでいる。
駐車場を見ると他県ナンバーが結構停まっている。
やっぱ。すげーなぁー、とら食堂おそるべしだ。
R0027430.jpg

暖簾が出され、順に店内へ。
私もカウンター席の一角に通される。
R0027431.jpg

そして、まずはすべてのお客が座ってから、
ちゃんと入った順にオーダーをとっていく。
このあたりのオペレーションがなかなか見事なのだ。

それ以外にも水への気配り、客の手荷物への心配り、
これだけ忙しい店なのに、接客も行き届いていたのに感心した。
R0027432.jpg

私は焼豚麺+半熟煮玉子にする。
R0027433.jpg



やはり美しいね。
R0027436.jpg

正当派白河ラーメンの具材がのる。
ねぎ・ほうれん草・メンマ・なると・のり。
R0027435.jpg

そして焼豚麺は3種のチャーシューが楽しめる。
基本のモモにバラとかぶりだ。
R0027437.jpg

麺は白河ではやや細めに感じる、白河らしいボコボコ麺。
R0027438.jpg

久々のとらの一杯。
もう、言うことないよ☆
R0027439.jpg


「はー、大満足だな♪」と爪楊枝を手にして、シーハー、シーハー。

食後に爪楊枝が欠かせなくなった、もうすっかりオッサンだな・・・
いい加減あきらめよう(苦笑)



すると歯間からミントの味がしてきた。

???

ミント葉がつまっているのか?

ゆうべはモヒートなんて飲んでないしなぁ(笑)


ん!?

なんとミント葉がつまっていたのではなく、
爪楊枝にミント味がついていたのだ。
R0027440.jpg

この爪楊枝気に入っちゃった☆
どこで売っているんだろ?

店を出ると、列は延び、駐車場はほぼ満車だ。
R0027443.jpg

こんな田んぼのなかにある、超わかりづらい立地の店なのに、
これほど混むのだからな。
R0027441.jpg

とら食堂が元気なくなっちゃうと白河ラーメン全体が盛り上がらないだろうから、
これからも頑張って欲しいな。
R0027445.jpg


さてと、このあとはこのまま棚倉方面へドライブしようっと。



とら食堂
白河市双石滝ノ尻1
0248-22-3426



続きを読む

08

15

コメント

新白河ラーメン 【風雲児醤@白河】

ぼぶさんと別れ、ひとりで〆ラーに。

本当はぼぶさんとにくさんと福港で〆ラーを考えていたんだけど、
廣さんでみんなおなか一杯になってしまったようだ。

私は余力十分(笑)

久しぶりに風雲児醤に入る。
R0027416.jpg

カウンターに腰掛け、定番メニュー以外の新メニューをチェック。
R0027417.jpg

ここではいつもこがし醤油を頼んでいるが、「極上」こがし醤油なるものが出てるぞ。

ならば、コレ頼むでしょっ!

店主に「普通」と「極上」の違いを尋ねると、
チャーシューが1枚多いのと、スープの濃厚さに特徴があるそうだ。
R0027424.jpg

確かにスープに干しエビのコクが加わっているように思う。
美味しい。
R0027421.jpg

麺も幾分ボコボコ感が増し、少し太くなった気がしたが、
「麺は変わっていない」とのこと。
それは私の気のせいだったようだ・・・・・・


新白河駅に近い場所柄、「白河ラーメンありますか?」って県外のお客さんが結構いるらしい。
出張族が近くのビジネスホテルからも来るのだろう。

R0027427.jpg

そんなときは「うちは白河ラーメンでなく、『新白河ラーメン』です」と答えているそうだ(笑)



風雲児醤
白河市新白河2丁目2−48
0248-23-5665


04

03

コメント

にんにくは別添えで・・・【茶釜食堂 年貢町@白河】

家族5人揃っての「帰河」は夏以来かな。
久々の白河なので、5人それぞれスケジュールがびっちり。

白河ICに着くなり、次男をお友達の家へ送る。
お昼ご飯もそちらでごちそうになるらしい。


よーし、我々は、白河ラーメンを食べるぞぉー

長女は醤油ラーメンの匂いが苦手。

そこで味噌が美味しい年貢町の茶釜食堂にする。
私以外は初訪問だ。
R0023265.jpg


R0023268.jpg


五目には大きく×がされている。なんでだろう?
R0023267.jpg

R0023269.jpg

ラーメンに4ケタ払う気にはならないんだよなぁー
R0023270.jpg

R0023271.jpg


長女はみそたんめん。
長女はにんにくを入れないので、別皿にしてもらう。
R0023273.jpg

長男はシンプルに中華そば。
R0023274.jpg

カミさんはどこのお店でも大抵ワンタンめん。
R0023276.jpg

味噌、醤油ときたから、私は塩らーめんにする。
いやいや、塩もうまいねぇ-。
R0023278.jpg

R0023264.jpg

白河ラーメンを満喫したぞ。

午後は、カミさんと長女はおでかけ。
私と長男は歴史散策だ。

そう、「八重の桜」をめぐるのだ。



茶釜食堂
白河市年貢町50
0248-23-2705

拍手ができないトラブルが数日続いていたようです。
おかしいなぁと思っていたのですが、ゆなママさんに
コメントをいただくまで気付きませんでした。
昨日、復旧したようですので、
今までの分もふくめて
遠慮なく押しちゃってください(笑)

02

11

コメント

ゴマドロドロ濃厚担々麺 【花心凪】

さて、どこぞでお昼を済ませたら12時15分発の新幹線で東京へ戻らねばならない。
これから次男の書き初め展を見に行くからだ。

よし、11時早々にもお店に入って、あっという間に食べてから帰ろう。

先日、ライオン206さんから花心凪の新メニューに担々麺があるとの情報をいただいたので、
担々麺好きとしては行かねばなるまい。
R0020877.jpg

R0020878.jpg

確かに新メニューに担々麺がある♪
しかし、限定5食の鶏しおラーメンにもすごく惹かれてしまぅー
R0020879.jpg

どうしようかなぁー
R0020881.jpg

席に着き、メニューを見ても決まらない。
R0020882.jpg

写真を見ると余計悩む。
R0020883.jpg




が、結局は・・・

やっぱり担々麺だね♪
R0020885.jpg

でも、ひとつだけヤッてしまった。。。
花心凪は味玉がデフォで半分入るのに、味玉トッピングしたもんだから、
味玉1.5個に。忘れてたよ・・・

いかにも濃厚そうなスープでビジュアルも美しい。
R0020886.jpg

「細麺、中太麺どちらにしますか?」って聞かれたので
中太麺でお願いしたが、表の看板にあった特製手もみ太麺も気になるところだ。
R0020887.jpg


うまい!
ゴマドロドロ濃厚スープと全粒粉の中太麺がマッチする。


食べているときに辛さはあまり感じなかったが、
花椒が効いているのだろう。
後半から額に汗をかきはじめる。

「すみません、お水くださ~い」と
厨房の方に大きな声で頼むと、店員さんが「???」って顔をしている。

お店に入ったときにお茶を出してくれた。
寒い冬だから当然だ。

だからてっきり卓上ポットもお茶かと思ってしまったのだ。

お水だったのね(笑)
またヤッてしまった。。。恥ずかしい。
R0020888.jpg

R0020889.jpg

R0020890.jpg


R0020895.jpg


このあと東京に戻って中村橋駅でカミさんと次男と合流。

すでに記事にしたように「花月」でラーメンを食べたわけだが、
私がラーメンを注文しなかったのは
白河で美味しいラーメンをすでに食べてきて満腹だったからで
我慢したわけでも何でもないのだ。



花心凪(かこな)
白河市白坂勝多石30−1
0248-28-3340



Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。