--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02

14

コメント

「会津娘」を飲み比べ 【吉田屋@白河】

ちょいと急ぎの用ができて白河へ。

平日で時間もあったので、のんびりと鈍行を乗り継いで白河まで帰ってきた。
DSCF7798.jpg

まずは白河市役所に立ち寄り用を済ませる。
10分もかからず用件は終了。

せっかく役所まで来たので、「登龍の会@石神井公園」でご協力いただいた「まちづくり推進課」にもご挨拶。

ちょうどランチタイムでいちばんお世話になったFさんが席を外されていたのは残念だったが、
課の皆さんに少しばかりのお土産を渡せたので少しほっとした。

これで白河での用件は済んだのだが、
ここまで来たら“あの蔵”にも陣中見舞いに酔らないとね☆
DSCF7815_20160129150235079.jpg

やっぱりここに来ると胸躍るわ。
「登龍」のタンクを見せてもらい、造りの状況を杜氏から伺う。
そして、「美味しくなれよ~」と愛をこめる
DSCF7800.jpg

造りを重ねるごとに進化し、着実に生産量を増やしている「登龍」。
いまではおよそ400石仕込んでいるそうだ(確かそう言っていたはず。間違ってたら教えてくださいね)

このところ東京進出がめざましいので、400石ではすぐに売り切れちゃうんじゃないかな。
例の小山商店からは早速再注文も届いたらしいからね。
DSCF7801.jpg

いつも優しくしていただいている大谷専務と杜氏の大木兄さんにお礼を言い、蔵をあとにする。
(弟さんに会えなかったのは残念だ・・・)

さぁ、お次は「吉田屋」だぁ!
DSCF7816_20160129150236939.jpg

ひとりで昼に来るなんて何年ぶりかな。
DSCF7859_20160129150548720.jpg

鈍行で来たのはこのためのようなもの。
飲んじゃうぞ~!

相変わらず若旦那がそろえる日本酒のラインナップは素晴らしい。
DSCF7860_2016012915054920c.jpg

やっぱり福島県のお酒を呑みたいところだ。
DSCF7861_2016012915055147e.jpg

まぁ、まずはその前に生ビールで自分に「おつかれさん!」
なんたって鈍行での旅は4時間もかかったからね。
DSCF7826.jpg

お通しのめかぶ。
DSCF7827.jpg

「お酒に合う肴を出してもらえませんか」と尋ねたら、
ちょうど精進落としが入ったタイミングだったようで難しそうだ。そこで天ざるを頼んで、天ぷらだけ先にもらった。

こいつを肴にいっぺぇ、やんべ。
DSCF7831.jpg

「会津娘」のおりがらみをオーダーしたら、
「会津娘の純米大吟醸が2種類ありますよ」と若旦那が悪魔の天使のささやき。

そうささやかれたら頼んじゃうってわかってるくせにぃ・・・(笑)
DSCF7832.jpg
こんなに酒瓶並べて真っ昼間からすみません。お休みですんで許してください

どちらも山田錦を使った純米大吟醸だが、山田錦の産地が違うのだ。

左の金ラベルが東条町(現:加東市)山田錦 
右の銀ラベルが吉川町産の山田錦である。
DSCF7834_20160129150512c37.jpg

東条町産山田錦は「磯自慢」「義侠」など、
DSCF7839.jpg

吉川(よかわ)町産山田錦は「十四代」「菊姫」などに使われている。
DSCF7840_2016012915055496c.jpg

飲み比べる。

金の方が、香りが立つ印象。
銀の方が、後口のキレがいい印象。

この程度のコメントしか言えない・・・
米違いならともかく、産地違いを飲み比べるなんて、私のアホ舌ではよくわからんよ。

とにかく、どっちもめちゃくちゃきれいなお酒で美味しい。
甲乙なんてつけられない。
あえて好みを選ぶとすれば、銀の吉川町産の方だったかなぁ。

そして、〆はもちろんお蕎麦をいただく。
DSCF7842_2016012915133699d.jpg

海苔はナシでお願いしたのだが、吉田屋はお蕎麦の量が多くて嬉しい。
きっと、じぇいくさんには多いんだろうなぁ・・・
DSCF7841_201601291513418f3.jpg

お店も落ち着いてきたので若旦那と日本酒談義をかわす。
幸せな時間だ。
DSCF7843_20160129151338552.jpg

お蕎麦は栃木産だったのね。
DSCF7844_20160129151339824.jpg

夕方には東京に帰らなくてはならないので、今回の帰河では夜の白河を堪能できない。。。
DSCF7818.jpg

せめて昼酒だけでも楽しんでから東京に帰りたいと思っていたので、
昼でも夜でも美味しい日本酒が飲めちゃう吉田屋はナイスアイデアだった。

このプランを提案してくれたのは他でもない、じぇいくさんだ。
さすが!

じぇいくさん、今度はいっしょに白河の夜の街に繰り出しましょうねー


そば処 吉田屋
白河市本町北裏7
0248-23-3064

スポンサーサイト

01

01

コメント

2016年は「登龍」飛躍の年になるぞ!

謹賀新年
本年もBar White Riverよろしくお願いいたします

     2016年 元旦 ばるべにー


さて、新年早々のビッグニュースだ!
「登龍」が東京都多摩市にある「小山商店」での販売を開始したという。

その情報を知ったときには正直違う小山商店なのではと、にわかには信じられなかった。
だって、だって、あの小山商店ですぜ。

居ても立ってもいられず、早速店へと向かってみた。
小山商店というのは京王線聖蹟桜ヶ丘駅から歩いて15分くらいにあり、
決して交通の便のいい場所にあるわけではないのだが、東京西部の酒販店として超有名である。

都内屈指の酒揃えのため、銘酒居酒屋さんが遠路わざわざ仕入れにやってくるのだ。
まさに日本酒のプロが集う酒屋だ。

ほんとに「登龍」がそんな酒屋にあるの~
半信半疑で店に入る。
おっ! おっ!! おぉ~ ほんとにあったよ~!!!
四合瓶の冷蔵棚にちゃんと27BYがあるじゃないかぁ!



こちらは料飲店さんが買いに来るので四合瓶は少なく、大半が一升瓶でしか置いてない。
一升瓶はどうなのかと棚に向かうと・・・

堂々とあるではないか!
この立ち姿にもう泣きそう。。。
愛用の「登龍」のスマホケースがわざと棚に映り込むようにしてバッチリ撮ったぞ♪


「登龍」の兄弟杜氏や大谷忠吉本店の専務と出会ってもう8年くらいになるだろうか。
以来、(自称)営業部長としてこのブログを通じてずっと応援してきた。



▼「登龍」に関するこれまでの主な記事 もっといっぱい書いてるんだけど・・・
2008年「若い杜氏さんと飲む」
http://barwhiteriver.blog65.fc2.com/blog-entry-227.html

2008年「アツイぜ! 兄弟杜氏」
http://barwhiteriver.blog65.fc2.com/blog-entry-233.html

2010年「蔵人」
http://barwhiteriver.blog65.fc2.com/blog-entry-438.html

2010年「登龍の火入れ作業」
http://barwhiteriver.blog65.fc2.com/blog-entry-478.html

2011年「登龍をメジャーデビューさせる作戦」
http://barwhiteriver.blog65.fc2.com/blog-entry-880.html

2013年「生誕四十年記念酒」
http://barwhiteriver.blog65.fc2.com/blog-entry-1435.html

2014年「注目の蔵、みーつけた!」
http://barwhiteriver.blog65.fc2.com/blog-entry-2001.html

2015年「『白河』が『石神井』にやって来た!」
http://barwhiteriver.blog65.fc2.com/blog-entry-2188.html



私が白河から東京に移ってからも、「登龍」が東京でメジャーデビューする日を夢見てきたのだが、
ついにここまで来たのか・・・
感無量である。

小山商店に並ぶということがどれほどすごいかというと・・・

地方のローカルアイドルが、AKB48に入るような・・・

地方競馬でデビューした若駒が、中央のGⅠレースに出走するような・・・

地方の無名高校の球児が、ジャイアンツにドラフトされるような・・・

うーむ、この例えでちゃんと伝わってるかなぁ~
なんか、地方、地方ってむしろ「登龍」をdisっているようにも見えるぞ(苦笑)

まぁ、とにかくすごいんだって。

私は「登龍」を19BYから飲んでるのかな。
私が造りの体験をさせてもらったのは22BYだ。
40歳になったときに記念酒にさせてもらったのは24BYだった。
もう27BYかぁ・・・

元旦の今日、27BYをいただきます!
毎年着実に進化を続けてきた「登龍」。
今年の味はどんなかな。
さらなる飛躍を目指せ! 「登龍」!

12

27

コメント

安らぎのカウンター 【廣鮨@白河】

久々に白河へ帰った。

となれば、夜は相棒じぇいくさんと廣鮨へ。

毎回毎回、書いているが、ここのカウンターに帰ってくると、心底ホッとする。

大将もおかみさんも「元気だった? 変わりない?」ってあたたかく迎えてくれるし、
じぇいくさんが作ってくれた“マイ箸”は今もちゃんと大切に置いてくださっているし、
ほかの常連さんも「あれ? 帰ってたんだ?」なんて優しく声をかけてくれるのだ。

陶器のグラスの生ビールで喉をしめらせたら、まずははじめに2カンをいただく。
関あじといくらだ。

その後は、廣さんが適当に見繕ってお料理を出してくれる。
白子と牡蠣と穴子ときすの天ぷらは、嬉しかったなぁ~
好きなものだらけなんだもの。


お酒は、いつもワガママ言って持ちこませてもらっている。
この日、私が持参したのは「陸奥八仙」と「一喜」の新酒だ。

じぇいくさんが、「寫楽」、「新政№6」、「花陽浴」。
夜の帝王が、「豊盃」を持ってきたので、
カウンターはとんでもないことに・・・
毎度のことだけど(笑)

ラストはおいなりさんで〆る。
毎回あるとは限らないけど、この日はあったので2コいただく。

いなり寿司は何個食べても飽きないくらい好きなのだが、
ここのおいなりさんが、一番好き!

廣さん、ごちそうさまでした!
また「帰河」したときにはお邪魔しますね。


廣鮨
白河市向新蔵59-12
0248-27-2531


今年の更新はこれがラストですね。
白河ネタで締めくくれてよかったです。

更新頻度は週イチになりましたが、
来年もがんばってゆっくり続けます。

みなさまどうぞよいお年をお迎えください。

ばるべにー



▼追記もありますよ~

続きを読む

08

16

コメント

気分上昇、白河

先日、池袋駅前で白河市のラッピングバスに遭遇。

雑踏のなか、ひとりで興奮してしまった(笑)



反対側にはダルライザーがいたんだけど、撮れなかったのが悔やまれる。。。

04

22

コメント

小峰城の復興を祝して 【城山坊@白河】

この日は、急遽白河へ。

昼食はラーメンにしようか悩んだが、
にくきゅうさんじぇいくさんも最近足を運んでいた「城山坊」にした。
DSCF8966.jpg

入ると先客3名。
DSCF8967.jpg

前から気になっていた「じゅんさい冷やかけ+エビ天ぷら」のセットを頼んで、
のんびり待つ。
DSCF8970.jpg

子どもの頃は、
じゅんさいなんて何が美味しいのか、どこがありがたいのか、
さっぱり理解できなかったものだが、いまでは大好き。
DSCF8973.jpg

そう思うと、子どもの頃は好き嫌いが多かったなぁと思う。
我が家の子どもたちもあれこれ好き嫌い言っているが、
大人になったら味覚も成長するんだろうな。
DSCF8971.jpg

そもそもビールだって、その美味さがわからなかったものね。。。
DSCF8974.jpg

しばらくして「じゅんさい冷やかけ」登場。
これこれ、これを食べてみたかったのよ♪
DSCF8976_201504121723187e8.jpg

梅おろし、しそ、みょうが。
そして、じゅんさい。
よーくまぜまぜし、つゆと一緒にいただいていく。

ほー!
細くてしっかりした麺は私好みで、この冷やかけともよく合っている。
すべてのつゆを飲み干す勢いで食べてしまった。
DSCF8985.jpg

エビ天2尾と書かれていたが、
パプリカやおくら、とうもろこしなどもついている。
なにより、りんごの天ぷらが口直しによかったな。
DSCF8979.jpg

そば猪口につゆを新たに入れてきてくれ、
そば湯を楽しむ。
DSCF8982.jpg

いいお蕎麦だったな。
白河はラーメンもいいけど、蕎麦のレベルも高い街なのだ。
DSCF8986.jpg


せっかくここまで来たのだから、小峰城に立ち寄る。
DSCF8991.jpg

このときはまだ石垣の修復工事中なので三重櫓に近づくことはできなかった。
DSCF8992.jpg

そして、4月19日。
小峰城復興式がおこなわれ、
震災以来ようやく三重櫓に入れるようになったと聞く。

また行かないとね。


城山坊
福島県白河市会津町25−15
0248-24-0616

04

13

コメント

ワンタンも白河の味 【手打中華せきた@白河】

ああ、もう白河を離れなくてはならない。

よし、新幹線に乗る前に「菜華軒」でチャーハンを食べていこうじゃないか。
なかなかいいアイデアだ。


ぎょげっ!
まさかの工事による臨時休業とは。。。






気を取り直して高原口へ移動し、駅前の「せきた」へ。
DSCF8722.jpg

口開けの客のようだ。
DSCF8715_20150327090206061.jpg

ワンタンメン
DSCF8717_20150327090208b0b.jpg

味付け玉子を注文すると別皿で来る。
DSCF8718_20150327090209bce.jpg

前日も「月の家」で白河ラーメンを食べているが、
「月の家」にはワンタンメンがないので、チュルチュルワンタンが嬉しい。
DSCF8724_201503270902053e7.jpg

白河ラーメンは毎日食べても飽きないのだ。
DSCF8725.jpg


次回の「帰河」こそは、「菜華軒」のチャーハンも食べるぞ!

☆2015年ラーメン17杯目

手打中華 せきた
福島県西白河郡西郷村道南西93
0248-27-2810


04

11

コメント

極秘の「登龍」 【酒菜屋梅宮@白河】

いつも賑わっている「酒菜屋梅宮」さん。

久々の訪問だ。
結構満席で入れないことも多いので、
今回の「帰河」に際しては張り切って予約をしておいた。
DSCF8669_2015032708494067d.jpg
電球1つ切れてるね・・・

お通し
DSCF8676_20150327084943f52.jpg

大木兄弟が蔵から持ってきた「登龍 26BY」の極秘スペックを梅さんへ。
酵母違いで醸造したものみたい。

私たちも飲ませたもらったが、
「いつもの酵母が好き」ってことで4人の意見は一致。
DSCF8671_20150327084942a44.jpg
この「極秘」のスタンプってたぶん書類とかに押すやつだね(笑)


呑兵衛4人がお邪魔するということで、
梅さんも張り切ってくれたみたいで
「海鮮しゃぶしゃぶを用意しておくからね♪」
と昼間にわざわざ電話をくれた。

わーお! 
これが海鮮しゃぶしゃぶかぁ~
刺身でもいけちゃうホッキ貝、金目鯛、ホタルイカじゃないか。
DSCF8679_20150327084938ec5.jpg

しゃぶしゃぶする☆彡
DSCF8682_20150327085000f0c.jpg

梅さん特製の土佐酢おいしいんだよね。
金紋會津の徳利が素敵。
DSCF8680_20150327084939658.jpg

そして、梅さんに来たらやっぱりカツオが食べた~い!

初がつおだ。
御前崎のかつおって言ったけなぁー?

銀皮つきでこれほどエッジのきいたかつお、
東京だと食べられないんだよね。
DSCF8709_20150327084959a25.jpg

これも私の大好物、メゴチの唐揚げ
DSCF8691_201503270849576ba.jpg
▲PHOTO BY じぇいく
(私がトイレに立っている間に撮っておいてくれた)


ひげ天
これもサクサク美味。
DSCF8688_20150327084956f01.jpg

生さば塩たたき
DSCF8690.jpg

うに
DSCF8714_201503270851591a1.jpg

つくね
DSCF8699.jpg

「上喜元」「豊盃」「繁升」など何周も飲みまくったので、酒瓶写真は省略(笑)
DSCF8706_20150327085157272.jpg


この日の梅宮は比較的客足が落ち着いていて、
最後は我々だけになった。

こうなれば梅さんもカウンターから出てきて一緒に卓を囲む。

積もる話に花が咲き、5人で大盛り上がり。
実に楽しい宴となった。

じぇいくさん、大木兄弟、ありがとうございました!


DSCF8670_201503270852171eb.jpg

大工町にあったころの梅宮のカウンターが、
私の「酒場道」の原点といえよう。

いまの酒菜屋梅宮は酒場というより立派な小料理屋さんになってしまったが、
昔と変わらぬ梅さんとママさんがお店にいるだけで、
いつもホッとするよ。

ずーっと元気に頑張ってくださいね。


酒菜屋梅宮
白河市本町28−2
0248-23-4990


04

10

コメント

あんこう鍋で打ち上げ開始! 【吉田屋@白河】

夜は白河の街へ。

先日、石神井で開催した「登龍の会@粋酔」の反省会兼打ち上げをじぇいくさん、登龍の大木兄弟とするのだ。

まずは「吉田屋」に酒~豪!
DSCF8642_20150327084119501.jpg

「お久しぶりです」と若旦那スマイル。
久しぶりにお邪魔してもこうやって声をかけてくださるのは嬉しいね。

そして若旦那が取りそろえる垂涎のラインナップ。
DSCF8643_20150327084120874.jpg

福島県のお酒はもちろんのこと・・・
DSCF8647_20150327084122337.jpg

全国の今をときめくお酒が揃っているのだ。
DSCF8645.jpg

じぇいくさんと私はスモールヱビスで、兄弟はラージヱビスで乾杯!
DSCF8712_201503270841363f6.jpg

このあと2軒目が決まっているので、
若旦那には申し訳ないけど「つまみは軽めでお願いします」とお任せした。

DSCF8651_20150327084123df6.jpg

牡蠣
DSCF8713_20150327084138d46.jpg

マグロとイシナギ
DSCF8710.jpg

お酒はまず「東洋美人 地帆紅(ジパング)」(山口)からスタート。
DSCF8653_20150327084226ec4.jpg


常きげんと幻舞を頼んだら少しずつ残っている四合瓶を持ってきてくれて、
適当に飲んでくださいとのこと。
ありがたや~
DSCF8656_201503270842281d5.jpg

これは白河商工会議所青年部が白河の蔵元の若手杜氏で醸したお酒、「しらかわ 龍」。
白河産の五百万石でつくったらしい。
DSCF8658_201503270842295ef.jpg

「しらかわ 虎」というのもあるそうだが、巨人ファンとしては龍と虎はツライ。。。(笑)
DSCF8711_201503270842313fe.jpg

あんこう鍋が出てきたぁ!!!
DSCF8663_20150327084237f98.jpg

吉田屋は本当に何が出てきても美味しい。
DSCF8666.jpg

ごちそうさまでした!
若旦那、お店のみなさん、また来ま~す

DSCF8668.jpg

蔵の前を通って目指すは、お次はあの店だ。


吉田屋
福島県白河市本町北裏7
0248-23-3064

04

09

コメント

離れて実感 【月の家@白河】

久々の「帰河」。

「まずは白河ラーメンでしょっ!」てことで、
新白河駅から割と近い「月の家」へ。
DSCF8622_20150327083636195.jpg

「月の家ラーメン」を麺固めでオーダー。
DSCF8623_201503270836385f9.jpg

このスープの香り、チャーシューの燻製臭。
DSCF8624.jpg

そしてピロピロ麺。
やっぱり白河で食べるラーメンは落ち着くよ♪
DSCF8628.jpg


こういうラーメンを年がら年中あちこちの店で
当たり前のように食べられていたあの頃は贅沢だったんだなぁ~
離れてみてしみじみ思う。


☆2015年ラーメン16杯目


月の家
福島県白河市北堀切29-1
0248-23-7773


12

18

コメント

“ねりごまみそ”で克服か!? 【石井食堂@白河】

白河で暮らす弟夫婦に3人目が誕生!

すでに赤ちゃんと対面しているカミさんは石神井に残し、
私と子どもたちとで会いに行く。

こういう帰河のパターンって珍しいなぁ~

白河ICで降りるや、まずは腹ごしらえせねば。
やっぱりラーメンが食べたい。

でも長女はあまりラーメンが好きでなく、
「醤油は絶対イヤ、味噌なら食べられるかも」と言っている。

次男は「塩ラーメンがいい」。

長男は「べつになんでもいい」と無関心。

おいおい、久々の白河ラーメンにもっと興奮しようぜ!
父親だけが盛り上がっているではないか(苦笑)

よし、石井食堂にしよう!

昼時から少し時間がズレていたのに混んでいる。さすがだ。
DSCF4197.jpg

私はメニューを見ずとも決まっている。
DSCF4200.jpg

塩ラーメンはないので、次男は塩味のたんめんにした。
DSCF4204.jpg

長男はラーメン。
チャーシューとかネギとか入れてもいいのに、
シンプルにラーメンを選ぶあたりが長男なんだよな。
DSCF4205.jpg

そして、私と長女は石井食堂の看板メニュー「ねりごまみそラーメン」。

はぁ~、相変わらずウマイ!

長女も一口食べたとたん、「これ、うまっ!」だって。
よしよし、ねりごまみそにハマったようだぞ(笑)
これで長女のラーメン嫌いが少し変わっていくといいな。
DSCF4201_20141213172742c0b.jpg

この日は、ごまの濃厚さよりも味噌の味わいがまさっていた。

また、麺も以前より1.3倍くらい太くなったような印象を受けた。

あいかわらずのもちもち麺で美味しかったけど・・・スープはもっとゴマっぽさが強い方が好みだ。
DSCF4207.jpg

せっかくの白河。

私だけならラーメンのハシゴをしたいところだったが(笑)、
赤ちゃんの顔を見に弟の家に向かうのだった。



石井食堂
西郷村大字小田倉字大平287-1
0248-25-0929


Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。