--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

24

コメント

下野杜氏のお酒が楽しめるBAR 【デンゾウ・バー@つつじヶ丘】

「鳥次郎」を出てもう1軒。
実はこちらの方が本当の宿題店。

「デンゾウ・バー」だ。
DSCF7499.jpg

下野杜氏の大きなポスターが貼られているように、
栃木のお酒を取りそろえる日本酒バーなのだ。
DSCF7500.jpg

メニューもこの通り。
下野杜氏のお酒がずらっと並ぶ。
DSCF7503.jpg

DSCF7504_20150321075940c05.jpg

DSCF7505.jpg

オススメのおつまみは大きなボードで持ってきてくれたのだが、
ピンボケしてる。。。
DSCF7502.jpg

お通し
DSCF7512_201503210800051e8.jpg

「朝日榮」・「辻善兵衛」・「大那」でスタート!
DSCF7541.jpg

スルメイカと肝ルイベのセットに赤貝のひもをプラスしてもらう。
日本酒がすすむ素晴らしい肴だ。
DSCF7514.jpg

贅沢さかな串3本盛
本ししゃもと金目鯛とあとなんだっけなぁー
もう写真もぼけてるし、だいぶ酔いが回っている。
DSCF7521.jpg

でも、酒瓶は綺麗に撮れてるんだよなぁー(笑)
2周目は「若駒」・「仙禽」・「松の寿」
DSCF7540.jpg

大好きな栃木のお酒を落ち着いて楽しめる日本酒バー。
DSCF7501.jpg

酔いバーを発見♪
気に入ったゾウ。


和酒 デンゾウ・バー
調布市西つつじケ丘3丁目37−14
042-444-3865


スポンサーサイト

03

23

コメント

「松露」で焼鳥を愉しむ 【やきとり鳥次郎@つつじヶ丘】

この日は宿題店へ行こうと京王線柴崎の焼鳥屋を目指したら、
まさかの改装工事中・・・。

ふたたび京王線に乗り、お隣のつつじヶ丘へ移動。
予定を変更して、つつじヶ丘の宿題店に行ってみよう。

北口駅前にある「鳥次郎」だ。
DSCF7447_20150319073511405.jpg

お店は2階。
階段を上ると正面にお酒とオススメメニューが貼られていた。
チェックチェック。
DSCF7448.jpg

コスパがいいと聞いていたが、
お酒も串もやっすいなぁ。
DSCF7451.jpg

串は100円から160円だし、一品ものも250円前後がほとんどだ。
DSCF7452_20150319073510558.jpg

とりあえず乾杯!
DSCF7450.jpg

レバー
DSCF7525.jpg

つくね
DSCF7526.jpg

ハツ
DSCF7527.jpg

ねっく
DSCF7528.jpg

ねぎま
DSCF7529.jpg

かわ
DSCF7530.jpg

串がこの値段でこのクオリティとは素晴らしい。

串休め。

にんにくしそ漬け
DSCF7524.jpg

キムチ
DSCF7470.jpg

牛すじの煮込み
DSCF7457.jpg

焼鳥が回りにのっている「次郎サラダ」
DSCF7482.jpg

長芋の千切り
DSCF7472.jpg

「松露」(宮崎)のボトルが1800円とは、良心的な価格だな。
「松露」は芋焼酎のなかでも好きな銘柄なので嬉しい♪

1本目は早々に空いてしまい、おかわり(笑)
DSCF7489.jpg

日本酒も♪
「伊乎乃(いおの) 純米吟醸」(新潟)と「菊姫 にごり」(石川)
DSCF7490.jpg

DSCF7523.jpg

塩辛
DSCF7496.jpg

かしら? なんだっけかな?
DSCF7531.jpg

うずら
DSCF7532.jpg

ぼんじり
DSCF7533.jpg

かわ 今度はタレで
塩の方が美味かったな
DSCF7534.jpg

豚の何か
DSCF7535_20150319073726d01.jpg

ナンコツ
DSCF7536_20150319073727870.jpg

豚しそ巻き
DSCF7537.jpg

この日、唯一残念だったのがこのギンナン。
時期じゃないからだろうか。
これは正直アカンレベルだった・・・
DSCF7538.jpg

でも、総じてとっても安くて美味しい気持ちのいい焼鳥屋さんだったな。
DSCF7473.jpg

急行停車駅の駅前という最高の立地。
ひとりでもふらっと寄りやすいぞ。

ボトルも残っているし、また来ないとね。


やきとり鳥次郎
調布市西つつじケ丘3丁目35−21
042-499-2334

09

27

コメント

飲めちゃう吉野家!? 【吉呑み@調布】

「い志井東口店」をあとにし、向かったのは「吉野家」。

でも〆の牛丼を食べに来たわけではない。
吉野家に飲みに来たのだ(笑)

というのも、最近吉野家が「ちょい飲み」できる「吉呑み」という店舗を試験的にスタートさせたのだ。

いまのところまだ10店舗(東京7・埼玉1・大阪2)しかない。

そのなかで調布店がいちばん行きやすそうだったので、
この日は調布に繰り出したというわけ。

別に「い志井」のハシゴが狙いだったのではないのだ(笑)

夕方になると「吉呑み」の赤提灯に灯がともる。

こちらは2階席がある店舗なので、
1階は通常営業、2階が「吉呑み」となるようだ。
DSCF0694.jpg

2階にあがると座席はすべて埋まっていて、
待ち客が階段に並んでいるではないか!

吉呑み目当てで調布までやってきたのだ。
ここで帰れないぞ。

並ぶしかない。

回転がいいのでスムーズに列がなくなっていく。

ところが、次が我々の番となってから急に回転が悪くなってしまった。
すると店員さん「立ち飲みでお待ちになりますか?」だって。

えっ! そんなことできるの!

喜んで立ち飲みしますよ~

なるほど階段横に小さな立ち飲みスペースがあるではないか。

とりあえずビールで本日3度目の乾杯!
DSCF0700.jpg

生ビールがモルツってのがまた渋いね。
DSCF0699_20140921101127404.jpg

メニューを拝見。
へぇー、意外といろいろあるんだね。
DSCF0697_20140921101114c36.jpg

ドリンクもそこそこ。
DSCF0698.jpg


ハムポテト(250円)
DSCF0701.jpg

牛皿&鰻皿
うーむ、吉野家のお味♪
DSCF0704.jpg

吉野屋でホッピー飲めちゃうなんて不思議な感覚だ。
DSCF0705_2014092110113158c.jpg


ようやくテーブルが空き、座る。
牛すじ煮込み(350円)を追加。
DSCF0707_20140921101132dec.jpg

安いし、おつまみもそこそこあるし、
牛丼も〆で食べられちゃうんだから、
「吉呑み」楽しいよ。

こりゃ「吉呑み」の店舗はもっと増えるね。

一行と別れ、石神井に着くと夜空にはスーパームーンが雲間から輝いていた。
DSCF0712_20140921101240cfb.jpg


充実した調布スーパナイトであった。



吉野家 調布駅前店
調布市布田1丁目37
042-489-4463




09

26

コメント

こういうハシゴもある 【い志井東口店@調布】

これでメンバーは揃った。

さてとどこへ行くか・・・

「い志井にしよう!」

まさかの「い志井」のハシゴ(笑)

東口店へ移動。
DSCF0668_2014092110060916f.jpg

こちらは本店よりもハコがでかい。
テーブル席へ。

乾杯し直し。
DSCF0669.jpg

ガツ刺し
DSCF0671_201409211006117e6.jpg

カシラ・・・ なんかデジャブのような画像(笑)
DSCF0673.jpg

本店では飲まなかった日本酒へスイッチ。
「竹岡」(千葉)
内房の竹岡には子どもの頃よく海遊びに行ったなぁ。
DSCF0675_201409211006140af.jpg

残念だったのは日本酒そろいが「竹岡」だけだったこと。
本店には黒板に数種の日本酒が書かれていたのにな・・・



煮込み食べ比べ。
手前ノーマル。奥は辛いの。
辛い煮込みは結構な辛さだ。
DSCF0677.jpg

てっぽう
DSCF0678_201409211006458d7.jpg

たん刺し
DSCF0680_20140921100646408.jpg

本店にはなかったフォアレバーが東口店にはあった!
ハシゴしてみるもんだ(笑)
DSCF0681.jpg

まるちょう
DSCF0684_20140921100649563.jpg

「い志井ビール」を試しに頼んでみる。
バーレーワインのような甘さに一堂ビックリ!
DSCF0685.jpg

厚揚げ
DSCF0686.jpg

野菜いろいろ
DSCF0687_20140921100711831.jpg

梅サワーだっけか?
DSCF0689_20140921100712b13.jpg

つくね
黄身をからめて美味い!
DSCF0691.jpg


本店と東口店、微妙に違いがあるようでそれはそれで楽しかったが、
日本酒揃いは本店の勝ちだな。

よーし、本日お目当ての3軒目に行きますぜぇ!



もつやき処い志井 東口店 (やきとりどころ いしい)
調布市布田1-45-5
042-487-1410



09

25

コメント

鬼太郎が見守る通りで・・・ 【もつやき処 い志井 本店@調布】

この日は、ちょっとした話しの流れで調布で飲もうということになる。

先に向かった2人でさきにはじめる。

調布と言えばもつ焼きの「い志井」が有名であろう。

天神通りにある「本店」に向かう。
DSCF0648.jpg

なんで鬼太郎?
水木しげる氏が調布に50年にわたって住んでいるからだそうだ。
DSCF0649.jpg

天神通りに入ってすぐ左手に「い志井」の本店はある。
DSCF0650.jpg

とにもかくにもまずはラガーで喉を潤す。
DSCF0651.jpg

そして、メニューをチェック。
DSCF0659.jpg

DSCF0660_20140921100006ca0.jpg

DSCF0661_20140921100008ba1.jpg

もつ煮込豆富
DSCF0653.jpg

かしら
DSCF0656.jpg

てっぽう
DSCF0657.jpg

しろ
DSCF0658.jpg

フォアレバーがないとのことだったので、
焼き物の「れば」を1本。
連れがレバー苦手なのだ。
DSCF0662_201409211000107b0.jpg

ガツ刺し。
DSCF0663.jpg

メガジョッキ1L1000円とある。
バイスサワーでもできるいうので、「メガバイスふたつ!」

写真ではわかりづらいが、とんでもない迫力だ。
まさに、メガ倍っす(笑)
DSCF0664.jpg


ひとりだけ「れば」を頼んだ仕返しに、私の天敵しいたけを頼む連れ。。。

すると「これはうまい!」と隣で叫んでいるので、下にささった半円のしいたけをもらう。
うわぁーーーー、これは本当に美味い!
おかわりしたいぐらい。
本当におかわりを頼もうかと思ったら、もう品切れだって。
人気メニューだったのだ。
DSCF0665_201409211000199e2.jpg

私のしいたけギライも「生」ならかなり克服されているのだな。

最後に自家製ベーコンを頼むが、
これもかなり美味かった。
DSCF0666.jpg

日本酒に切り替えたいタイミングだったが、
後発メンバーが調布に着いたようなのでお愛想。
DSCF0667_2014092110002321d.jpg


さてと、調布ナイト2軒目はどこに行きますかね。


もつやき処 い志井 本店
調布市布田1-36-10
042-487-1710


07

31

コメント

にぼし総本山! 【たけちゃんにぼしらーめん@調布】

最近は煮干し系のラーメンがわりと流行っていて、私も好きなのだが、
調布に元祖煮干し系のお店があると聞き、行ってみる。

「にぼし総本山」の看板がすごい!
R0027086.jpg

食べログを見るとこちらの名物店主が5月に急逝され、
いまは息子さんが後を継がれているとのこと。
R0027087.jpg

醤油ラーメン(790円)に味玉(100円)トッピング。
R0027089.jpg

にぼにぼし過ぎず、おいしい。
R0027090.jpg

麺も私の好みの太さと固さだ。
R0027091.jpg


調布駅は最近地下化され、駅前は整備中だ。
どんな駅になるのかな。
R0027092.jpg


塩ラーメンも美味しいようなので、近く再訪してみよっ♪


たけちゃんにぼしらーめん 調布店
調布市布田1-45-1 辰巳ビル 1F
042-441-2740



03

14

コメント

おかわり! 今度は十割蕎麦 【玉乃屋@深大寺】

神代植物公園は梅の季節なので入ろうかと思ったが、
以前、水戸の偕楽園で花粉症がひどくなったのを思いだし、やめておく。
R0022243.jpg

それよりも向かいのお店が気になったので、
2枚目のお蕎麦をいただくことにする。
R0022228_20130312194952.jpg

今度は十割の「細うちせいろ」にする。
R0022229.jpg

R0022230.jpg

R0022231.jpg


R0022232.jpg

あたたかい店内の席も空いていたが、野外の席の雰囲気がよかったので、そちらに座ったのだ。
R0022241.jpg

にしん棒煮で熱燗をキュッと♪
あったまるなぁ~~~
R0022236.jpg

たしかに一休庵より細めの蕎麦だが、ゆで加減はこちらもしっかり系だ。
私はわりとしっかり系の蕎麦が好きだが、深大寺蕎麦はかなりしっかりした印象だ。
R0022237.jpg

もう少し、茹でてもいいような気がするのだが・・・蕎麦は特に人それぞれの好みだからな。
R0022240.jpg


R0022242.jpg

R0022244.jpg

蕎麦2枚を食べて、ビールと日本酒をいただく。
幸せな深大寺だるま市であった。
R0022246.jpg


帰りもバスを乗り継いで石神井へのんびりと帰る。
たまにはバス旅もいいもんだね♪



玉乃屋
調布市深大寺元町5丁目11−3
042-485-0303



03

13

コメント

だるまと蕎麦とビール 【一休庵@深大寺】

深大寺のだるま市にはじめて行ってみようとカミさんと相談していた。
ところが、当日になってカミさんに急用ができてしまった。

それならば私も行くのを辞めようかと思ったが、
前厄の今年は厄除けの意味もあるので、行くことにした。

練馬から深大寺は意外と行きにくい。
自家用車で行けば距離的には遠くないのだが、
だるま市は大変な賑わいで駐車場も混むだろうし、お酒も飲めなくなっちゃうので、
石神井から吉祥寺までバス。
R0022192.jpg

そして、バスを乗り換え、深大寺へ。
R0022193.jpg


11時頃着いたが、平日ということもあり、思っていたほどの混みようではない。
おそらく前日の日曜日はすごい人出だったのだろう。
R0022196.jpg

R0022199.jpg

どこでだるまを買おうかなぁ。
高崎のだるまが目立っている。
白河だるまの出店はないようだ。残念・・・
R0022201.jpg

高崎とここ深大寺のだるま市は日本三大だるま市に数えられる。
残るひとつはどこのだるま市なのか。

白河のだるま市をあげる説と、静岡県富士市の毘沙門天大祭をあげてい説がある。
まぁ、「三大なんとか」っていうのは大抵どう定義したのかよくわからないからなぁ。
R0022203.jpg

R0022204.jpg

R0022206.jpg

越谷のだるまを購入。
R0022207.jpg

R0022208.jpg

買っただるまを開眼所に持って行く。
R0022210.jpg

深大寺の僧侶が直々に眼を入れてくれるのだ。
R0022211.jpg

ダルマの左目に梵字の阿字を書き入れる。
阿吽の「阿」だ。
これは深大寺独特のものだそうだ。
1年後、心願叶ったダルマの右目に「吽」の字を入れ、
感謝の意を込めてお寺に納めるのが深大寺流ということらしい。
R0022212.jpg

さぁ、だるまに眼も入れていただいて、お詣りは済んだぞ。
となれば、深大寺蕎麦でしょっ♪

深大寺門前には数多くの蕎麦屋が建ち並ぶ。
そのなかから「一休庵」に入る。
R0022214.jpg

深大寺ビールでほっと一息。
R0022215.jpg

ホッピービバレッジが造っている地ビールだ。
売り上げの一部が復興支援になるんだね。
R0022217.jpg

八割・九割・十割とあるのだが、店名を冠した九割の「一休そば」にする。
R0022218.jpg

わりと固めのゆで加減で、しっかりとした歯ごたえがある。
これが深大寺蕎麦のスタンダードなのかな。
R0022220.jpg


R0022222.jpg


R0022223.jpg



食後も深大寺を散策。
R0022224.jpg

神代植物園には入らなかったけど、植物園前の蕎麦屋が気になる。。。
おばちゃんの呼び込みが素敵で、なんだかお店に吸い寄せられていく。
R0022228.jpg


えーい、もう1枚食べちゃおうかな(笑)



深大寺
調布市深大寺元町5-15−1
042-486-5511


一休庵
調布市深大寺元町5−11−2
042-482-6773



Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。