--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

12

コメント

話題の豊洲&築地を歩く~「いい夫婦の日」記念ウォーク2016

11月20日(日)、「いい夫婦の日」記念ウオークが開催され、
熊夫さん・くまくまさん夫妻とうちら夫婦、
さらには奥様には断られあえなく単独参加となった(笑)Kさんの5人で参加してきた。

ぽかぽかとした秋晴れとなり、絶好のウォーキング日和!
集合場所は豊洲公園だ。
DSCF4198.jpg

DSCF4205_20161125121951060.jpg

昨年もこのイベントに参加したが、
昨年は絵画館前をスタートし、
四谷や飯田橋、青山などを回って絵画館前に戻ってくるコースだった。

今年は、いまなにかと話題の豊洲・築地を回る13kmのコースだ。
DSCF4203_20161125121950251.jpg

参加者のほとんどは60オーバーなんじゃないかな。
このなかでは、われわれはケツの青い「若者」だな(笑)
DSCF4212.jpg

コースはこんな感じ。
DSCF4210.jpg

スタート直後は人だかりですが、だんだんばらけていく。
DSCF4214.jpg

DSCF4216.jpg

DSCF4218.jpg

DSCF4220.jpg

DSCF4222.jpg
DSCF4224.jpg

DSCF4226.jpg

DSCF4230.jpg

DSCF4231.jpg

DSCF4233.jpg

DSCF4237.jpg

「盛り土だぁ!(笑)」

豊洲新市場が見えたぞ!
意味もなく興奮する。
DSCF4238_201611251222531fd.jpg

DSCF4240_20161125122249ac8.jpg

DSCF4242.jpg


DSCF4244.jpg

DSCF4245.jpg

これだけの施設がしばらくそのまんまとはね・・・

DSCF4246.jpg

晴海大橋を渡る。
DSCF4247_20161125122327111.jpg

DSCF4248_20161125122328c84.jpg

DSCF4249_20161125122323837.jpg

このビルとビルをつなく白い連絡橋みたいのはなんなんだろ?
どうなっているのか知らないけれど、高所恐怖症なので絶対通りたくない。
DSCF4251.jpg

勝鬨橋を渡り築地へ。
DSCF4252_20161125122403036.jpg

DSCF4256.jpg

波除神社
DSCF4258.jpg

築地場外
日曜日だけあってすごい人混みだが、アジア系の観光客の多いことなんの。
DSCF4259.jpg

築地本願寺
DSCF4261_20161125122451ffd.jpg

鯛の絵が描かれたビジネスホテル
DSCF4264_20161125122445501.jpg

この築地の一角、
なぜか横浜家系・博多ラーメン・東京豚骨とご当地ラーメン店が並んでいて
しのぎを削っているのだ。
DSCF4265_20161125122447c25.jpg

ふたたび勝鬨橋を渡る。
DSCF4266.jpg

DSCF4267.jpg

月島もんじゃストリート。
あぁ、ここでもう歩くのやめてビール&もんじゃにした~い。。。
DSCF4269_2016112512262884e.jpg

ファブリーズとコラボしているようで、店先にファブリーズを置いてる店が多かったな。
DSCF4268.jpg

DSCF4270_2016112512262236f.jpg

DSCF4271_201611251226241a6.jpg

ゴールの豊洲公園が対岸に見えてきたぞ!

と思ったら、いきなり廃線の橋梁があらわれた。
なんなんだろ?
DSCF4272_2016112512262573d.jpg

鉄分の多い私にはたまらない橋梁だ。
帰宅後、調べたら東京都港湾局晴海線の晴海橋梁という鉄道遺構らしく、
鉄ちゃんには有名なようだ。
詳しくはこちらの記事参照→http://toyokeizai.net/articles/-/110003
DSCF4276_20161125122659faf.jpg

そして、豊洲公園に帰ってきた。
DSCF4277_20161125122701b00.jpg

おぉ! これが有名な「ヒミコ」かぁ!
生ではじめて見たぞ! 

さっきの廃線跡といい、ヒミコといい、
ゴール寸前で疲れがでてきた私にパワーをくれるじゃないの。

松本零士氏がデザインを手がけた水上バスで豊洲~浅草を運行している。

宇宙観戦艦ヤマトや銀河鉄道999の松本零士氏らしい、
宇宙的なデザインが外国人観光客にも大人気だとニュースで見たことがある。

松本零士氏といえば、練馬区在住で西武鉄道の999ラッピングトレインでおなじみなだけに、
よけいに親近感がわくね。
DSCF4279_20161125122658e39.jpg

どうにか13km完歩!!!
予定よりも少し時間がかかってしまったけど、5人ともよくがんばりました!

地図の左下にある№が抽選番号になっていて、
私はタオルが当たった。

ほかの4人にドヤ顔しようと思ったら、
熊夫さんは、ペアコーヒーカップのセットを当てて、
重たい袋を持って帰る羽目になっていた(笑)

そして、当然おなかペコペコな5人。

よ~し、もうひとふんばりしてランチに行くぞぉ!


(つづく)


スポンサーサイト

05

02

コメント

パッカーンでお開き 【大坂屋@門前仲町】

品川、青物横丁とハシゴし、大江戸線を使って門前仲町へ移動。
DSCF9127_201504161647533fa.jpg

ようやく本来の目的地であった「大坂屋」にたどり着く。
DSCF9130_20150416164754f03.jpg

運良くお客さんが出たところで4人揃って入ることができた。
DSCF9132_201504161647553eb.jpg

こちらのは煮込みは串にささっているのが特徴だ。


最後は玉子スープ。


パッカーン!


ここに残ってる煮込みを投入。
美味い!


DSCF9133_20150416164757c5e.jpg

うなぎにサンドウィッチ、牛煮込み。
さすがにもう満腹でこれ以上は無理。。。

本日の煮込みツアー、ちょっと遠回りしたけど、
めでたくお開きとなるのだった。


大坂屋
江東区門前仲町2-9-12
03-3641-4997


10

21

コメント

ぽっかぽか 【大江戸温泉物語@お台場】

この日は、運動会で代休の次男を連れて親子3人で「大江戸温泉物語」へ。
超格安になる割引券もらったからね♪

池袋から埼京線で一本だから楽ちん。
東京テレポート駅
DSCF1701_20141012205405d4e.jpg

無料送迎バスに乗る
DSCF1702.jpg

平日の真っ昼間でも、まずまずのお客さんの入りよう。
DSCF1704.jpg

若い女の子が圧倒的に多いのにビックリ!
それと外国人観光客も多い!
DSCF1706.jpg

フードコートでそれぞれ食べたいものをチョイス。
DSCF1707_20141012205411adb.jpg

カミさんは、ジャージャー麺
ひとくちもらったが、摩訶不思議なお味。。。
DSCF1711.jpg

たこ焼き、ポテトは次男のリクエスト。
DSCF1713_20141012205440bbe.jpg

それと焼肉丼も頑張る次男。
DSCF1714.jpg

私は大勝軒の味玉ラーメン。
「大勝軒」の看板でなければそこそこ美味いんだけど・・・
DSCF1718_201410122054349c2.jpg

もちろんお風呂前の一杯もいただく。
DSCF1720_201410122055242a6.jpg


しかし、食事はどれもこれも・・・・・・ポテトがいちばんだった(苦笑)

そして、お風呂に入る前に、
カミさんがどうしてもやってみたいという「フィッシュセラピー」に初挑戦。

ドクターフィッシュは、コイ科の魚ガラ・ルファのことで、
この魚は足の角質を食べてくれるのだ。

なんともくすぐったく妙な気分。。。
DSCF1725.jpg


カミさんと次男は風呂上がりにかき氷。
DSCF1729_201410122055211fa.jpg

私の風呂上がりは「生ビール」で♪
DSCF1731.jpg

肝心のお風呂だが、浴室は広々していて気持ちいいのだが、
なんか物足りないのだ。

このレベルなら「おふろの王様」で十分だし、
ひばりヶ丘の「ゆパウザ」の方が充実感があるくらい。

割引券なかったら、かなり高いから再訪は厳しいな。

DSCF1708.jpg

まぁ、つべこべ言ったが、次男とゆっくりお風呂であったまれて、
足まできれいになった楽しい休日であった。


大江戸温泉物語
江東区青海2丁目6番3号


04

12

コメント

血は争えぬ 【万豚記@豊洲】

豊洲のキッザニアに長男・次男を連れてやってくる。
お仕事体験ができるこの施設は予約なしでは入れない大人気テーマパークだ。
R0023593.jpg

もう3、4度目になるが、子ども達は何度来ても飽きないようだ。
R0023578.jpg

こんな施設、私の子どもの頃にもあったら、さぞや楽しかったろうに。
いまの子どもがちょっとうらやましい。
R0023595.jpg


長男は、漫画家、医者、ツアコンなどをやっていたが、
次男のセレクトが笑えた。

次男が体験したのは、
RF1の野菜ジュース、モスバーガー、日生のソフトクリーム、ヤクルトと
お仕事が終わると、食べ物がもらえるものばかり。

自分でつくったハンバーガーやソフトクリームを満足げに食べている。

ピザーラがあっという間に受付を終了してしまい、
体験できなかったことをえらく悔しがっている。

「なんで食べ物ばかりなんだ、食い意地がはっているなぁ」と次男につっこんだら、
「パパだって子どもだったら、おなじとこを選んだでしょ」だって。

た、たしかに。。。
どうやら私の血を色濃く受け継いでいるのは次男のようだ(笑)



16時からの部に入り、20時過ぎまでたっぷり遊ぶ。
この施設、大人はただ見ているだけだが、それでも結構楽しめる。


21時近くになって遅い夕食をららぽーと内でとる。
「大餃子」という文字を見て、「大チャオズだ!」と喜ぶ次男。
ドラゴンボールの見過ぎでしょ(笑)
R0023654.jpg

「大チャオズ」に惹かれて、ここにする。
R0023655.jpg

私はホッピー。
R0023656.jpg

セットにつく唐揚げと「大チャオズ」をいただく。
R0023657.jpg

R0023664.jpg

塩好きの次男は鶏そば。
R0023660.jpg

長男はカニあんかけ炒飯。
これがムチャウマ◎
R0023658.jpg

カミさんは海鮮あんかけやきそば。
R0023663.jpg

R0023666.jpg

私は汁なし担々麺。
R0023661.jpg

R0023662.jpg


チェーン店だけど、厨房も外も中国人が活躍しており、なかなか本格的で美味しい。
そういえば、キッザニアにも中国人ファミリーが結構いたなぁ。
チャイナパワーは本当にすごいね。



万豚記(ワン・ツー・チー)豊洲店
江東区豊洲2-4-9ららぽーと豊洲3F
03-6910-1434


12

30

コメント

モンナカにウオサンあり! 【魚三酒場】

震災の影響で東京暮らしとなった2011年もあと2日。

実家での単身赴任生活、白河・京都との行き来、などなど大変なことも多いが、
東京では居酒屋開拓に精を出し、
京都では歴史散策を楽しみ、
白河では旧交を温めるといった具合に、それぞれに楽しい日々を過ごさてもらってきた。

そんな東京での居酒屋開拓のバイブルとしている本のひとつがこれだ。

東京 大人の居酒屋東京 大人の居酒屋
(2009/10/20)
太田 和彦

商品詳細を見る


この本に登場するお店は次の55店。
すでに閉店してしまったお店もあるが、
赤字がこのブログに登場したことのあるお店
青字がブログには出していないがかつて行ったことのあるお店だ。

金田(自由が丘)
赤津加(秋葉原)
斎藤酒場(十条)
さいき(恵比寿)
みますや(神田)
シンスケ(湯島)
浅七(門前仲町)
鍵屋(根岸)
伊勢藤(神楽坂)
笹吟(代々木上原)
こなから(大塚)

ふくべ(八重洲)
大はし(千住)
魚竹(築地)
善知鳥(阿佐ヶ谷)
宮鍵(下北沢)
新八(神田)
味泉(月島)
萬屋おかげさん(四谷)
樽平(銀座)
田中屋(千住大橋)
志婦や(浅草)
まるしげ夢葉家(赤坂)
やまに(月島)
両花(下北沢)
三州屋(銀座)
らんまん(中野)
銀魚(自由が丘)
山利喜(森下)
岸田屋(月島)
うち田(三軒茶屋)
和(恵比寿)
三四郎(錦糸町)
池林房(新宿)
魚惣(築地)
藤八(中目黒)
第二力酒蔵(中野)
可わら(阿佐ヶ谷)
三祐酒場(曳舟)
ととや(四谷)
佃喜知(銀座)
ゑびす(四つ木)
富士屋本店(渋谷)
鼎(新宿)
いせや総本店(吉祥寺)
幹東(緑が丘)
永見(北千住)
わくい亭(本所)
魚三酒場(門前仲町)
おふろ(下高井戸)
楽味(下北沢)
高井(西荻窪)
まるます家(赤羽)
玉椿(柳橋)
IZAYOI(麻布)







この日仕事を終えて遠征したのは門前仲町にある「魚三酒場」だ。
是が非でも行きたかったお店である。
のれん

のれんをくぐると2つあるコの字カウンターはぎっしり。
どうにか一人分空いている場所があり、座ることができた。

まずは瓶ビールから。
スーパードライなのはちぃと残念。。。
ビール

しめ鯖
しめ鯖

旬のカキフライ。
大ぶりな牡蠣が3つで400円!
カキフライ

お酒は燗でもらう。
名物の5合徳利で注いでくれる。
銘柄はなんでもいい。
お酒

たま天。タマネギの天ぷらだ。
たま天

この壁一面に貼られたメニュー。
これを見ているだけで飽きない。
メニュー


こりゃ楽しすぎる。

食欲のスイッチもはいってしまい、
お酒のおかわりとともに、つまみも次々と頼む。


貝ひも
貝ひも

あなご蒲焼き。通称「あなかば」
あなご

つぶ貝
つぶ貝

向かいのサラリーマンおやじ2人が、
カウンター内であくせく働くおばちゃんの背後から「ビール!」などと注文をしている。
1回目はおばちゃん、スルーしながらもオーダーを入れていたが、
2回目はカチンと来たらしく、「会社でそんな頼まれ方したら怒るでしょ」っておやじたちを一喝!

こういうのを嫌がる客もいるだろうが、
この一喝は私にとっては気持ちよかった。

だって私から見ても気持ちのいい頼み方じゃなかったからね。

店員さんの眼を見て注文をすることはもちろんだし、
店員さんに呼びかけるタイミングだって大切だ。

「店員さんとコミュニケーションがきちんとできることも大人の飲み方じゃないのぉ」
って心の中で思う。




まわりのお客さんが「おつゆ」「こっちもおつゆ!」って注文している。
「おつゆ」って何だろうと思いながら私も「おつゆをお願いします」と頼んでみる。

すると、ぶりと豆腐のおつゆであった。
これがなんと100円!!!
おつゆ

2階や3階(4階もあるのかな)は座敷になっているようだが、
このお店のすばらしさは、1階のカウンターにあるのだろう。

ひとりで飲んで1時間30分以上滞在することってほとんどないが、
ここでは気づくと2時間近く飲んでいた。

こんなに食べてこんなに飲んで、この安さとは!!!



恐るべし、ウオサンサカバ。
2011年私がお邪魔したお店のなかで「最強居酒屋」の称号を与えたいと思う。

外観


帰りは門前仲町から練馬まで大江戸線で戻る。

うーむ、ちょっと遠いけどまた行っちゃうんだろうなぁ。。。




魚三酒場
江東区富岡1丁目5-4
03-3641-8071





Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。