--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

13

コメント

「紀土」12種を12名で学ぶ 【吟花】

飲み友伊藤さんに「『吟花』へ行きませんか?」とお誘いをいただく。
「吟花」はいまをときめく「六花界」グループの姉妹店で女性限定のお店と聞く。

「え? 『吟花』に行けるんですか!!!」

「『紀土』の会なんで、山本さんの紹介で行けるんですよ」と伊藤さん。

これはなんと嬉しいことでしょう。

食随筆家の伊藤さんと「紀土」を醸す平和酒造の山本典正専務は
お互いの著書の出版記念イベントでトークセッションをおこなった間柄。

そのイベントには私もご招待していただいたが、
山本さんの酒づくりへの情熱にとても感動したのだった。

▼そのときの記事はこちらをクリック!
http://barwhiteriver.blog65.fc2.com/blog-entry-2178.html


そして、吟花で山本専務を迎えての日本酒会が開かれるというのだ。
ワクワク♪

場所は残念ながらヒミツ。。。
時間にならないと扉が開かないので、看板もない。
杉玉だけが目印の“隠れ家”だ。

お店につくと、この日のお客さんがすでに6、7人店先に並んでいる。

18:30、定刻にお店が開く。
靴を脱いで中へ入ると、大きなコの字カウンター席。
12名で満席だ。
女性限定とのことだったが、ほかにも男性2名がいて、
女性8、男性4がこの日のお客さんのようだ。

「吟花」は、高橋えりさんが店主として切り盛りされていて、
美しい“きき酒師”なのだ。

「六花界」の姉妹店なので、
出されるお料理は肉・にく・ニク。

写真でお見せしたいが、以前お邪魔した「初花一家」同様(ブログ未掲載)、
撮影NGですので、ご勘弁を。

12名という少人数で、蔵元から直に酒造りのお話を聞きながら、吟花のお料理に舌鼓をうつ。

いろんな日本酒会に出てたが、
日本酒好きとって、こんなに贅沢で、これほど勉強になる会はなかなかない。

私も調子に乗ってあれこれ質問しちゃった。
今思い出しても至福の時間だったなぁ~

会の最後、お酒のお写真はOKとのことだったので、
こちらがそのときの一枚。
梅酒まで含めると12種のスペックを味わった。


高橋さんと山本さんが創り出す至福の時間と空間、最高でした。
ありがとうございました。

伊藤さん、貴重な会にお誘いいただきありがとうございました。
お礼に伊藤さんの宣伝しときます♪

この10月からBSフジではじまった「ニッポン百年食堂」に伊藤章良さんが出演され、
百年以上続いている老舗をめぐっています。

ぜひ、ご覧ください!
logo.png


スポンサーサイト

02

12

コメント

復刻「鯛そば」 に感激~ 冬の日本酒会

年4回、某所で開かれる日本酒会。
ぼぶさんにお声をかけていただいて以来、ほぼ毎回出させていただいている。
(店主とのお約束でお店の名前は載せられないのだ。ご容赦を。)

こちらの会は、きき酒師の資格を持つ店主と女将さんが、
季節の料理6品とそれに合わせた日本酒6種で楽しませてくれるのだ。

乾杯酒は発泡性の強いこちら。
DSCF6063.jpg

「くろさわ 純米八〇 うすにごり生」(長野)
北八ヶ岳・千曲川最上流の蔵元のお酒なんだね。
これははじめて飲んだと思う。
DSCF6064.jpg

茨城の寒ちぢみほうれん草
DSCF6108.jpg

「萩の鶴 純米生原酒」(宮城)
DSCF6070_20150202132745f5a.jpg

焼津天然ぶり 辛み大根を添えて
DSCF6109.jpg

「天遊琳 特別純米 瓶囲い」(三重)
DSCF6073_20150202132919d69.jpg

九条ネギと赤貝のぬた
DSCF6079.jpg

「長珍 特別純米」(愛知)
DSCF6082.jpg

さばふぐに白子のエスプーマ・ゆり根に雲丹・ふきのとう
DSCF6076.jpg

「昇龍蓬莱 温水燗吉」(神奈川) お燗で。
DSCF6085.jpg

鯛かぶら
DSCF6097.jpg

「大那 特別純米 生酛造り」(栃木)
DSCF6090.jpg

酒肴八寸
京都の菜の花・静岡の海老芋にあん肝のパテ・たくあんの贅沢煮 など
DSCF6098.jpg

6種の日本酒を飲み切り、それ以外にお店にある日本酒を出していただく。
「三諸杉」(奈良)&「百十郎 青面」(岐阜)
“みもろすぎ”はみりんのような味わい。
DSCF6096.jpg

こちらの日本酒会のもうひとつの楽しみは店主が創る〆ラーだ。

この日は一夜限定復活の「鯛そば」である。
DSCF6099.jpg

「鯛ーーーーー!」って叫びたくなるふかーーーーい味だ。
★2015年ラーメン 6杯目
DSCF6104_20150202133054523.jpg


次回の日本酒会はすでに決まっていて、4月とのこと。

その場でもう予約しちゃった♪




02

04

コメント

「甘酸辛苦渋」

ぼぶさんにまたお声をかけていただき、
都内某所のいつもの日本料理屋さんでの日本酒会に参加する。


まずは食前酒。
ひれ酒であったまる。
DSCF1542.jpg

中味は「七賢 甘酸辛苦渋 本醸造」(山梨)
DSCF1544.jpg

甘酸辛苦渋。
日本酒の味をすべて表現しているが、
人生にもあてはまる言葉だ。
DSCF1545.jpg

粕汁でさらにぽかぽか。
DSCF1546.jpg

ふぐの皮とわさび菜(だったと思うが・・・)をジュレで
DSCF1553.jpg

「水芭蕉 純米スパークリング」(群馬)
DSCF1554.jpg

「仙介 無濾過特別純米」(兵庫)
DSCF1555.jpg

寒ブリを大根おろしで和えている。
はじめての食べ方だ。
さっぱりしておいしい。
DSCF1557.jpg

バーナーで炙っているのは・・・
DSCF1563.jpg

海老芋とあんきも。
これだけで相当飲めちゃう♪
DSCF1593.jpg

「水芭蕉 純米吟醸」(群馬)
DSCF1566.jpg

八寸。
白子・からすみ・かき・からすみ・ゆべし
DSCF1592.jpg

「きのえね(甲子)」(千葉)
DSCF1573.jpg

ほー、美味いねぇー。
裏書きも撮っておこう。
DSCF1574.jpg

難読日本酒。
「苗加屋 純米吟醸 琳赤」(富山)
「のうかや」とはなかなか読めない。。。
DSCF1560.jpg

椀物
DSCF1575.jpg


この日の日本酒は以上のラインナップだったが、
冷蔵庫にある日本酒が気になったので、こちらも追加で出してもらう。

「庭のうぐいす 特別純米 ふゆにごり」(福岡)
DSCF1578.jpg

「八海山 純米吟醸生原酒 越後で候」(新潟)
DSCF1583.jpg

そして、今回も〆のラーメン。
和風仕立て。何の出汁だったんだっけ(笑)
これだからダメなんだよなぁー
そのときは覚えているんだけど、すぐ忘れちゃうから・・・
スマホにメモろう。
DSCF1587.jpg


この日も手の込んだ美味しいお料理の数々と
きき酒師の資格を持つご夫婦セレクトの日本酒が実にマッチしていた。

こちらでの季節ごとに開かれる日本酒会は実に素晴らしい。
次回も楽しみだな。

02

01

コメント

リハビリうどん

私の底なし胃袋は「アイアンストマック」と呼ばれるほどだ。

ところが自慢の健胃がやられてしまった。。。

年末年始の暴飲暴食が今頃になって胃にキタようだ。
2日間、ほぼ絶食状態で過ごす。

するとようやく胃痛がおさまってきたので、
職場近くのお蕎麦屋さんで鍋焼きうどんを注文。
DSCF1624.jpg

昔から具合が悪いときや、
病後のリハビリには鍋焼きうどんが食べたくなるんだよね。

グツグツ煮たって登場だ。
本当は天ぷらとかはまだいけないんだろうけど。。。
DSCF1662.jpg


しっかり完食した。
もう大丈夫だな。

11

05

コメント

2度目の「ぼぶ寿司」

ぼぶさんにお声をかけていただき、久々の「ぼぶ寿司」だぁ!
2012年冬以来の訪問だ。

この日はカミさんも一緒。
カミさんは、ぼぶさんとはじめてお会いするので、柄にもなく緊張気味・・・

まずは、ビールで乾杯し、お初の方とご挨拶。
R0029598.jpg

お酒が進めばすぐに仲良くなってしまうさ♪
R0029600.jpg

こちらは日本酒の持ち込みOKとのことなので、
私はお気に入りの「結人」(群馬)と「屋守」(東京)を持参。

Wさんが持ってきて下さった「獺祭 スパークリング」(山口)で日本酒スタート!
R0029605.jpg

美しい八寸。
どれから食べようか迷ってしまう。。。
R0029607.jpg

あんきも
R0029617.jpg

お造り
R0029620.jpg

鯖寿司
R0029622.jpg

最近高騰している海老を贅沢にフライに☆
R0029626.jpg

頭もかりっと♪
R0029629.jpg

ぼぶさん持参の赤ワインもいただく。
R0029630.jpg

緊張気味だったカミさんも、
ぼぶさんはじめ、ご一緒したみなさんとも打ち解け、楽しそうであった。

そして、にぎりで〆る。
R0029633.jpg

いやぁ、本当に旨い。
R0029635.jpg

R0029641.jpg

R0029643.jpg

R0029648_20131102190555d44.jpg

このみかんもそんじょそこらのみかんではないらしい。
R0029649.jpg


もー、お腹がはちきれそうだ。



みなさんそれぞれにブロガーさんなので、
私はいろんな美味しいお店情報をゲットできてLUCKY!!

とくに横浜にできた白河ラーメンのお店情報はありがたい。
そこは朝ラーもやっているらしい。
すぐさま飛んでいきたいほどだ。


この日も驚きの連続の「ぼぶ寿司」であった。



10

25

コメント

「秋酒」と「くじらのラーメン」

そして、日本酒会。

こちらの日本酒会に参加するのは昨夏と今夏に続いて3度目となる。
秋の日本酒会は初参戦だ。

ブログで店名は伏せてほしいとのことなので、
毎回「ヒ・ミ・ツ」扱いのお店だ。

まずはビールで乾杯!
Photo 8

こちらの日本酒会に集うメンバーは、異業種の方々ばかりだ。
先輩方からいろんなお話しが聞けて毎回楽しい。


焼いたサンマをネギに巻いたもの(名前がわからない・・・)
柿の白和え。
Photo 1

トップバッターは「琥泉 純米無濾過生原酒」兵庫県東灘区にある泉酒造のお酒だ。
これはたぶんはじめて飲むなぁー。
好きなタイプ♪
Photo 6

2本目は、「越の雄町 純米吟醸無濾過」新潟県長岡市にある美の川酒造のお酒。
これも飲んだことないなぁー。
Photo 12

たこと梅肉を和えたもの。
Photo 14

3本目は「長龍 はな冷え囲い 生原酒」奈良県のお酒だ。
これもおそらくはじめて。。。
Photo 11

今日は珍しい銘柄ばかりが続いて楽しい。


手作りのお豆腐
愛媛県のお塩でいただく。
Photo 13

サーモンのクリームコロッケ。
Photo 15

そして、4本目も未知のお酒。
「Debut 純米無濾過生原酒」福岡県久留米市にある若竹屋酒造場のお酒だ。
Photo 16

ボトルもワインのようならば、味わいもワインのようだ。
Photo 17

5本目は、2本目の蔵の別銘柄。
「美の川 純米原酒」だ。
もちろんこれもはじめて。
Photo 20

うわー、ここまでのラインナップは初飲みばかりで、完敗だ。。。
利き酒師の資格を持つ店主ご夫婦に完全にしてやられている。

子持ち鮎・栗・甘藷・柚餅子
Photo 24

ラストは「旭鳳 純米原酒」。
やっと、飲んだことのあるお酒が出てきた(笑)
これも大好きな味わい。
Photo 21

椀物
Photo 23

まいたけとホンシメジ
Photo 26

隠し味にバターが入っているとか。
Photo 22

そして、こちらでは必ず〆に特製のラーメンが用意されている。

この日はなんと鯨のラーメン。
豚骨ならぬ鯨骨で出汁を取っているようだ。
うまーーーい!
Photo 25



本日のラインナップを復習。
まだまだ知らない蔵のお酒がいっぱいあるなぁ。
Photo 28


新たなお酒との出会いは、幸せな気持ちにさせてくれるのだ。

07

26

コメント

12名だけの贅沢日本酒会

この日は職場で野球大会があり、汗だくだ。

夜からはぼぶさんにお誘いいただいた日本酒会に出なくてはならない。

汗と砂まみれの体で日本酒会に参加するのは憚られるので、
ひとっ風呂浴びていこうと思う。

会に向かう経路の途中でいい銭湯はないか検索。
数ある候補から選んだのは、富士山の銭湯絵があると書かれていた「松原湯」だ。


明大前駅で降り、線路沿いを下高井戸方向に2~3分歩くと「松原湯」を発見!
R0026950.jpg

R0026953.jpg

お風呂は天井が高く、大きな富士山の絵もある銭湯だ。
ここの絵を描いたのも石神井の豊宏湯と同じ中島盛夫さんのようだ。
R0026952.jpg


いやぁーーーすっきりしたぁーーー
R0026951.jpg



今度は下高井戸から三軒茶屋へ東急世田谷線で移動する。
東急世田谷線に乗るのは実ははじめて。
前から乗ってみたかったんだよねぇ。
R0026955.jpg

都電とおなじ軌道線(いわゆる路面電車)だが、
すべて専用軌道なので車と併走するよう区間はない。

5km、17分の路面電車の旅を愉しむ。

銭湯に路面電車。
プチ旅行気分だ♪

そして、三軒茶屋に到着。

国道246号と世田谷通りの分岐点であるこのあたりに江戸時代三軒の茶屋があったことが、
地名に由来のようだ。
R0026957.jpg

ここで時間調整をかねて風呂上がりのビールをFreshness Burgerで飲む。
R0026959.jpg


ぷふぁ~!!!
生き返る。


さてと、そろそろ日本酒会へ向かおう。



続きを読む

09

13

コメント

「ジョナ愛」があるからこそ・・・・・・・

この日は都下にあるジョナサンでランチ。

学生時代にジョナサンでバイトしていたので「ジョナ愛」は人一倍ある。


日替わりランチは「てりやきチキンと白身魚フライ&牛肉コロッケ」だという。
RIMG6059.jpg


「じゃぁ、日替わりをお願いします」

揚げ物好きにはたまらない、メニューだ。
ランチスープを飲んで待つ。



日替わりランチが登場。



???



思わずメニュー写真をもう一度確認。



白身魚フライとあるが、これはアジフライじゃないの?
心なしか、チキンも写真より小さいし。。。
RIMG6060.jpg


アジフライでも白身魚フライでもたいした違いじゃないかも知れないが
(本当はたいした違いだと思っている)、
最初に「本日は白身魚フライがアジフライになりますがよろしいでしょうか?」
って断るべきじゃないかなぁーーー


別に店員を呼びつけたりはしないけど、
ちょっと後味の悪いランチになる。


愛があるジョナサンでのできごとだったので余計がっかりしてしまったのだ。





08

03

コメント

挑発的な日本酒会

この日はブロ友ぼぶさんのお誘いで、とある日本酒会に参加。

店主は「食べログ」での苦い経験から、ネットやブログがお好きでないとのこと。

だから、今回は店名は伏せてご紹介。

ごめんなさい。。。


最初は撮影すらまずいのかなと思い、遠慮していたが、
途中から撮っても良さそうな雰囲気だったので、撮らせてもらう。


乾杯酒は「天吹」(佐賀)のスパークリングだ。
RIMG4658_20120726233809.jpg


そして、食事に合わせてお酒が出てくる仕組み。

生たこに梅肉のジュレは、「旭鳳」(広島)のおりがらみ。
RIMG4660.jpg

RIMG4661.jpg

冬瓜の蟹あんかけには「七本槍」(滋賀)のにごり。
RIMG4664.jpg

なんと3本連続でにごり系で攻めてきた。
このチョイスはなかなかできない。
RIMG4667.jpg

にごり系が大好きな私ですら、店主の挑発的な酒のセレクトに驚愕だ。
RIMG4666.jpg


冷たい茶碗蒸し。雲丹が入っている☆
RIMG4670.jpg

これには「いづみ橋」(神奈川)の夏ヤゴ。
RIMG4672.jpg


満願寺唐辛子をごま油で炒める。
RIMG4674.jpg

最後は、サザエの壺焼きが供される。
RIMG4675.jpg


そして、〆にはこちらの裏メニューだという冷やし鶏そばをいただく。
RIMG4679.jpg


なんとも上品なラーメンだこと。


蔵元や酒屋さんがプロデュースする日本酒会は何度か参加したことがあるが、
利き酒師の資格をもつ店主夫妻が垂涎の日本酒をそろえ、
それに合わせた料理を出すという今回のスタイルは実に新鮮であった。




02

01

コメント

ぼぶさんとのオフ会 【ぼぶ寿司】

有名なラーメンブログ「ぼぶのラーメン紀行」の管理人ぼぶさんは、仕事でときどき白河に来ることがある。

そのときに私のブログを見つけたそうで、
これまで何度かコメントのやりとりをさせてもらった。

そしてある日。
ぼぶさんから「ぼぶ寿司」へのお誘いをいただいたのだ。

「ぼぶ寿司???」

もちろんそんなお店の名前のお寿司屋さんではないのだが、
ぼぶさんのお仲間が集うヒ・ミ・ツのお寿司屋さんということで、
ネットでは「ぼぶ寿司」として有名なのだ。

ぜひ、「ぼぶ寿司」でググってみてほしい。
You Tubeで動画まで出てくるからね。



ぼぶさんとはとある駅で待ち合わせ。
これもいわゆる「オフ会」ってやつだな。

実はこう見えても結構人見知りやさんなので、
初対面の人と集う場は少々苦手。

ドキドキして向かう。

ほどなくぼぶさん登場。

予想通りのジェントルマンだ。

この日は、ぼぶさんのお仲間5人もご一緒させていただき、
カウンターを占拠。
ぼぶ寿司を貸し切りだ♪


馬刀貝と大きなつぶ貝
馬刀貝

宍道湖の白魚
白魚

舞鶴の寒ブリ
寒ブリ

カニを平目で巻いている
ひらめ&かに

かわはぎ
き、肝が、きもが、キモが、美味すぎるぅぅぅぅ
かわはぎ

越後の三梅のひとつとして有名な「峰乃白梅」をいただく。
峰の白梅

な、なんとエゾシカ。
はじめて食べた。
エゾシカ

さば棒寿司
さば棒寿司

裏メニューのアジフライ
これがアジフライとは思えぬ柔らかさだ。
アジフライ

ほたてもフライにしちゃう。
ほたて

鵡川のししゃも
ししゃも


そして、にぎりへ。

自家製のからすみとこはだ
からすみ&コハダ

かんぴょう巻
かんぴょう

あなご
あなご

とろたく
とろたく

長生きできるお酒だね。
長命泉

〆はおみかんをいただく。
みかん


秋田出身の大将と奥さんがとってもあったかい人柄で、
江戸前のお寿司はもちろんのこと、
お店の雰囲気も最高のぼぶ寿司であった。


ぼぶさん、今度は白河で「ばる寿司(=廣鮨)」(初命名)にご招待しますね☆

ぼぶさん、みなさん、どうもありがとうございました。


Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。