--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

27

コメント

近江ちゃんぽん 【らーめん本気@彦根】

いよいよ台風が近づいてきた。
残念だが、新幹線が止まってしては困るのでなるべく早く帰京しよう。

でも、せっかくだから旅の〆は近江ちゃんぽんを食べてから帰ろう。

近江ちゃんぽんは彦根が発祥らしく、いまではチェーン店化したお店もあり、東京に進出もしているそうだ。

わざわざやってきてチェーン店のいうのは寂しいので、地元密着系を探す。

そして見つけたのが彦根銀座商店街にある「らーめん本気」。
DSCF9599.jpg

近江ちゃんぽんというのは、カツオ・昆布出汁ベースのスープを特徴とし、
中太麺とたっぷりの野菜で、通常魚介類は入れないそうだ。
長崎ちゃんぽんと違って、具材は炒めずに煮込むのも特徴。
途中でスープに酢を入れて味に変化を加えるのが定番の食べ方だそうだ。
DSCF9600.jpg

DSCF9602.jpg

長男はチャーハン大盛。
やや油っぽいがなかなか美味い。
DSCF9604.jpg

次男はキムチチャーハン。
最近わさびも食べられるようになったし、キムチもへっちゃらなのだ。
ノーマルのチャーハンよりもキムチのほうが美味い!
DSCF9612.jpg

カミさんはチャーシュー麺。
DSCF9608.jpg

長女はちゃんぽん。
DSCF9605.jpg

私はこの店の名物でもある「あんかけちゃんぽん」
DSCF9615.jpg

ちゃんぽんの麺は中太より少し細めという印象。
玉子でとじられたあんかけはアツアツだ。
DSCF9616.jpg

3種の麺類を食べ比べたが、
何気に美味かったのがチャーシュー麺だ。
鰹出汁のスープがいちばん際立っていたように思う。

ちゃんぽんもやはりスープが美味い。

あまりリサーチもせずに入ったが、
地元の方が次々とやってくる人気店であった。
DSCF9618.jpg

そうそう、こちらのお店「本気」と書いて「マジ」と読ませます。
かっこよすぎる(笑)
MA-27_detail.jpg

さぁ、湖東グルメ旅(笑)はこれにておしまい。

東京に帰るぞぉ。


ラーメン本気 (マジ)
滋賀県彦根市銀座町1-6
0749-27-3340


スポンサーサイト

08

26

コメント

地ビール半額の日 【長濱浪漫ビール&京極寿司@長浜】

鳥喜多で親子丼を食べ終えてから、まだ1時間ほどだが、
今度は夜ご飯に向かう(笑) 

長浜の地ビールである「長濱浪漫ビール」直営のビアレストランだ。
DSCF9570.jpg

DSCF9571.jpg

お天気は生憎だったが、
ラッキーなことに、この日は地ビールが半額になる金曜日。
一番かき入れ時であろう金曜日に半額にするなんて、いよっ! 太ぱっら!
DSCF9572.jpg

長浜はかつて北国街道の要衝、長浜宿として栄えたところだ。
DSCF9573.jpg

店内はかなり広い。
DSCF9574.jpg

ヴァイツェンとエールで乾杯!
DSCF9575.jpg

DSCF9576.jpg

DSCF9578.jpg

DSCF9579.jpg

DSCF9583.jpg

こちらではヴァイツェン・エール・ピルスナー・スタウトの4種を醸造している。
ピルスナー
DSCF9581.jpg

DSCF9582.jpg

DSCF9586.jpg

DSCF9587.jpg

DSCF9588.jpg

昼ご飯と夜ご飯が接近していたのに、
長女と長男はここでもライスを頼んで、
チキンやソーセージでがっついていた。

これまで食が細かった長男もだいぶ育ち盛りになってきたようで、
白米をかっこむ姿を見ると自分の中学時代を思い出し嬉しいのだ。


長濱浪漫ビール
滋賀県長浜市朝日町14−1
0749-63-4300


続きを読む

08

25

コメント

親子で大満足の親子丼 【鳥喜多@長浜】

京都の翌日は、レンタカーを借りて湖東へ向かう。

台風が近づいてきており、明日の天気予報がよくない。
予定を前倒しして、彦根港から竹生島へ渡ることにする。

学生時代に能をやっていたので
、謡曲に登場する「竹生島」には前々から一度行ってみたかったのだ。

彦根港から40分で竹生島到着。
DSCF9501.jpg

神の棲む島として古代より信仰されてきた島だ。

まずは都久夫須麻神社へ。
本殿は伏見城の遺構ともされる。
DSCF9504.jpg

工事中の舟廊下を通って宝厳寺へ。
DSCF9510.jpg

この唐門は国宝だ。
DSCF9515.jpg

参詣を終えたら船着き場でかき氷を食べながら、帰りの船が来るのを待つ。
DSCF9516.jpg


竹生島の雰囲気は子どもにもわかるのか、
寺社仏閣にあまり興味を示さない長女が「この島はいいね」と絶賛だった。


彦根に戻り、彦根城へ。

まずはこの方にお会いしないとね♪


ひこにゃん!
仕草が意外とかわいいので、見入ってしまった。
中に入っている人、どうやったらかわいく見えるか相当修行してるな(笑)
DSCF9528.jpg


ひこにゃんがひっこんだあと、彦根城の天守閣を目指す。
DSCF9531.jpg

現存12天守のひとつ。
見事だ。
DSCF9543.jpg

彦根藩主は井伊家。
先日墓参した井伊直弼の像もある。
DSCF9523.jpg

なんとか雨が降り出す前に竹生島と彦根城に行けてよかった。
予定の前倒しは成功だ。

しかし、昼ごはんを食べ損ねてしまい、
みんな腹ぺこ。
とりあえず宿泊先の長浜へ向かう。

時計の針はもう16時だ。

よし、ちょうどいい。
16時30分にオープンする有名なお店に行こう!

ホテルの無料シャトルバスを利用して長浜駅へ。
するとバケツをひっくり返したようなどしゃ降り。
DSCF9546.jpg

しかし、雨にぬれることよりも食欲の方が圧倒的にまさり、
豪雨のなかも駅前を歩いて行く。

そして着いたのがこちら。
「鳥喜多」だ。
DSCF9562.jpg

昼時だと行列必至の人気店らしいが、
どしゃ降りのせいか、夕方の開店時間だからか、
先客3組のみですぐに入れた。
DSCF9547.jpg

こちらの名物は580円の「親子丼」。
この親子丼が食べてくて、雨にも負けず、腹ぺこにも負けず、
びしょ濡れになってもやってきたのだ。
DSCF9550.jpg

とてつもない雨だったからカミさんが「運転していくよ」と言ってくれたのだが、
レンタカーはホテルに置いてきて正解だった。
せっかくの旅行なんだからカミさんも一緒に飲みたいもんね♪

「キリンとアサヒどちらにしますか?」って尋ねられた。
一番搾りだとイヤだったけどキリンはラガーだったので、Happy♪
乾杯!
DSCF9548.jpg

卵がダメな次男は「きつねうどん」。
370円って駅そばみたいだが、関西風のおうどんは美味しいに決まっている。
次男もハフハフしながらすごい勢いで食べている。
DSCF9551.jpg

私と長女と長男は「親子丼」。
見てよ、このビジュアル。
うつくすぃ~
DSCF9553.jpg

カミさんは「他人丼」にしてみた。
DSCF9555.jpg

もう一度「親子丼」を見ちゃお♪
びゅーてほーー
これが580円だなんて信じられない。
DSCF9557.jpg

長女も長男もこの親子丼には感動していた。
おそらくもう1杯、おかわりできたであろうくらい、美味そうに食べていた。
(もちろん私ももう1杯いけたが・・・)

ご夫婦の接客もすばらしく、
人気店のおごりをまったく感じない良店であった。

大満足の昼ご飯であった。
DSCF9561.jpg



店の前には旧開智学校。
滋賀県下で最初に建てられた学校だ。
DSCF9563.jpg

黒壁スクエアにある海洋堂ミュージアムでフィギュアを見て、(この世界は正直よくわからない。。。)
街中をぶらぶら。

DSCF9566.jpg

DSCF9567.jpg

DSCF9568.jpg

DSCF9569.jpg


昼ご飯を食べてから1時間ほど経って、みんなもう小腹が空いている・・・(笑)
それでは今度は夜ご飯と行きますか!



鳥喜多
滋賀県長浜市元浜町8−26
0749-62-1964



11

28

コメント

北嶺参詣 【延暦寺・三井寺・琵琶湖】

この季節の京都はやはり紅葉が美しい。
今年は暖冬で色づきがどこも遅いようで、まだ京都の紅葉のピークには早そうだ。

それでも少しでも標高が高いところにいけばいいのではと、
比叡山に登ることにした。

電車で比叡山に行くには、京都側から行くルートと、滋賀側から行くルートがあるが、
滋賀側からのルートを選択。

山科から比叡山坂本駅まで湖西線の新快速を利用するとわずか2駅・9分の近さなのだ。
そこからバスでケーブル坂本駅へ。

全長2025mの日本一長いケーブルカーで延暦寺を目指すのだ。
ケーブルカー

ケーブル延暦寺駅の前から望む琵琶湖の眺め。
ワンダホー!
琵琶湖をのぞむ

このケーブル延暦寺駅は開業当初の昭和2年のままだそうで、
国の登録有形文化財にも指定されている。(麓のケーブル坂本駅も)
延暦寺駅



天台宗の開祖最澄が開いた比叡山延暦寺。
前から来たかったんだよなぁ。

法然も親鸞も日蓮も栄西も道元も、
鎌倉新仏教を立ち上げる開祖はみな若き日にこの延暦寺で修業しているのだ。


おぉぉぉぉ、ここが根本中堂か。

根本中堂

根本中堂02

早速、お茶屋で休憩。
甘酒とくず餅だ。
茶屋

国宝殿まではいったが、西塔や横川の方までは足を伸ばせないので、
すぐにケーブルカーで下山。
ターンアウトと呼ばれる、上りと下りがすれ違う地点では、
ついついかつて鉄道ファンだった血が騒ぐ。
ケーブルカー02

下山し、少し坂本の町を歩くことにする。


天台宗・延暦寺の守護神でもある日吉大社に到着。
院政をはじめた白河上皇をもってしても思い通りにならないことが3つあったという(三不如意)。
それは「賀茂川の水」・「双六の賽」・「山法師」だ。

このうちの3番目「山法師」は延暦寺の僧兵のことをいう。
山法師は日吉大社の御輿を担いで朝廷に強訴を繰り返し、白河上皇を悩ませたのである。

そんな歴史のある日吉大社の本殿まで行きたかったのだが、
子どもたちはすでに神社・仏閣巡りアレルギーになっているので、
ここは鳥居の前で写真を撮っておしまいだ。
日吉大社

石積みの町坂本の町を歩きながら、
「1428年に起きた正長の土一揆の端緒となったのがここ近江坂本の馬借の一揆なのだよ」と
家族に講釈をたれるとカミさんと長男だけが私の蘊蓄を素直に聞いてくれる。
このままでは長女と次男は神社・仏閣アレルギーどころか、
歴史アレルギーになってしまうのではないかと心配だ。

坂本


というのも、カミさんが寺巡りが好きなものだから、
私がいない週末もカミさんは子どもたちを連れて
京都のあちこちのお寺さんを散策しているようなのだ。


京阪電鉄の坂本駅で電車に乗ると、なんとガンダムではないか。
ガンダム

でも・・・なんだ? ガンダムAGEって? 
ガンダム02

浜大津駅でガンダム電車に別れを告げ、浜大津アーカスにある「湖の駅」に入る。
浜大津

地ビールで乾杯!
電車で来ていると、私もカミさんも飲めるからいいね☆
地ビール

カミさんは近江牛うどん。
近江牛うどん

肉食系女子は、ここでも唐揚げ定食。
からあげ

私は滋賀の食材を使ったシンプルな定食だ。
ご飯のお米が近江米ということで、おかわりが自由だ。
私も長女もあまりのお米のうまさにおかわりしてしまった。
(私はどこでもおかわりするが・・・)
滋賀定食

長男はざるうどん、次男はおこさまカレーだから、写真は割愛(笑)




隣の物産コーナーには近江の地酒が並んでいたので、もちろんチェック。
買わなかったけどね。
近江のお酒


さて、神社・仏閣アレルギーだろうが、歴史がキライになろうが、
ここまで来たのだから、もう1カ所どうしても行きたい寺がある。

園城寺(三井寺)だ。

ここは最澄の弟子円珍が開いたお寺だ。
山門が工事中で残念。。。
園城寺

天智・天武・持統、三代の天皇の御産湯に用いられた霊泉があることから
御井の寺→三井寺とも呼ばれるようになったらしい。
三井寺

また日本三名鐘にも数えられる「三井の晩鐘」。
三井の晩鐘

「音の三井寺」とも言われるので、撞いてみる。
三井の晩鐘02




こちらの鐘は弁慶の引き摺り鐘。
承平年間に田原藤太秀郷が三上山のムカデ退治のお礼に
琵琶湖の龍神より頂いた鐘を三井寺に寄進したと伝えられている。
その後、山門との争いで弁慶が奪って比叡山へ引き摺り上げて撞いてみると
「イノー・イノー(関西弁で帰りたい)」と響いたので、
弁慶は「そんなに三井寺に帰りたいのか!」と怒って鐘を谷底へ投げ捨ててしまった
という鐘がこれなのだ。
弁慶の引き摺り鐘


三井寺の紅葉もまだ早かったようだ。
RIMG7628.jpg




再び浜大津の港に戻り、琵琶湖のクルーズに出ることにする。
琵琶湖に来たのもはじめてなので、私が一番興奮している。


ミシガン号だ。
ミシガン

南湖って、白河の南湖じゃもちろんない(笑)
60分のサンセットクルーズだ。
南湖

出航する前からバーでビールをゲット!
バー

湖上で飲むビールは美味い!!
ビールたち


記事を書き疲れてきた。
きれいな景色に言葉はいらないね。
琵琶湖01

琵琶湖02

琵琶湖03


あとで実家に帰って琵琶湖でミシガンクルーズに乗った話をしたら
「あら、私たちも乗ったわよ」だと。
5年前くらいに両親もミシガンクルーズしてたんだって。
ビックリ!






続きを読む

Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。