--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07

16

コメント

井筒三兄弟のちゃんこ 【相撲茶屋 寺尾@両国】

この日は兄夫婦と「ちゃんこを食べよう!」ということになり、
長男、次男は両親に預け、娘とカミさんと両国で待ち合わせ。
大人組だけの食事会というわけだ。


私は巨人も愛しているが、相撲も昔から大好き。
毎場所、星取り表は欠かさずチェックするし、
これはという大一番は必ず映像で見ないと気が済まないほどだ。

だから両国駅に降り立ち国技館を見ると、ついつい興奮してしまう。
でも、名古屋場所直前なので力士は誰もいないので少々寂しい。

Photo 1

父の故郷が鹿児島と言うこともあり、
鹿児島出身の力士をひいきにしており、
とくに若嶋津と霧島のファンだった。

その霧島のちゃんこ屋さんも両国駅そばにあるのだが、
今日のお店はここではない。
Photo 2

両国って、太っている人にやさしい街のように勝手に思えてしまう。
素敵な街だ(笑)
Photo 3


回向院のある交差点の手前。
R0026631.jpg

「相撲茶屋 寺尾」に入る。
R0026629.jpg

寺尾も鹿児島出身の力士で、人気のあった力士だ。
いまは錣山部屋を開いて若い力士を育てている。
R0026630.jpg

寺尾は相撲一家の三男として生まれ、
長兄は元十両鶴嶺山、次兄は元関脇逆鉾(現井筒親方)である。

そしてこの「相撲茶屋 寺尾」は長兄が経営しているのだ。
R0026633.jpg

寺尾といえば、突っ張りだったなぁー
R0026634.jpg

兄夫婦は一足早くに着いていたようで準備運動をはじめていた(笑)

乾杯!
R0026636.jpg

あれこれアラカルトを頼んで、まずはそれらをつまむ。
R0026637.jpg

R0026639.jpg

R0026638.jpg

R0026645.jpg

R0026640.jpg

R0026649.jpg

このあたりで私は日本酒にスイッチ。
R0026643.jpg


ちゃんこと一口に言っても、いろんな味があるようだ。
すでに兄が注文していて、一品料理がなくなったのを見計らってちゃんこ鍋が出てくる。
R0026662.jpg


女性3人側の鍋は「しょうゆ」
R0026650.jpg

そこに魚からとった「コラーゲン」をトッピング。
なんで女性はコラーゲンとかヒアルロン酸とかいうフレーズに弱いんだろうか。
R0026653.jpg

兄と私の前の鍋は「カレー」
「え! カレーかよっ!」て思ったが、お店の人によると常連さんにはカレーが人気らしい。

しょうゆは白菜だったが、カレーはキャベツのようだ。
R0026654.jpg


R0026658.jpg

カレーちゃんこ、確かに美味い!
しょうゆより私は好みだった。
R0026666.jpg


そして〆。

しょうゆちゃんこには「中華麺」。
カレーちゃんこには「うどん」を入れる。
R0026668.jpg

R0026669.jpg


暑いなか、ちゃんこ鍋をつつくのもいいものだ。


R0026674.jpg

R0026678.jpg

R0026679.jpg


時々こうして兄たちとは食事会を開いている。
年が離れた兄だからこそなのか、頼れる兄がいてくれることは本当に心強いものだ。


ケンカばかりしている我が家の3兄弟は、大人になってからどんな風に繋がっていくのかな。




相撲茶屋 寺尾
墨田区両国2-16-5 アズマビル 1F
03-5600-1466


そして、駅前の「カラ鉄」でさらにフィーバー(←死語)する五人衆。
R0026682.jpg

ハッスル(←これも死語だな)しすぎた・・・
R0026726.jpg





スポンサーサイト

08

16

コメント

モルト&モルト 【麦酒倶楽部ポパイ】

メトロ丸ノ内線から総武線に乗り換えだ。
この場合、地上に一旦出なくてはいけないのが、いかにも丸ノ内線らしく好きだ。

聖橋を眺めて、JR御茶ノ水駅へ。
お茶の水

そして、総武線で3駅目。
両国駅で下車。
手前は急行や特急の発着がかつてはあったホームだ。
右手に江戸東京博物館、その奥にスカイツリーを拝むことができる。
両国駅

この駅舎も相当古い。
駅舎


両国と言えば、もちろん国技館。
両国の街全体が相撲の街である。
力士の銅像と手形があちこちにあるのだ。
力士


にくさん、びーさん、力士に反応しないで(笑)
力士02


さてと、本題へ。
この日両国まではるばるやってきたのは、ウイスキーとクラフトビールを愉しむ
「MALT&MALT」なる会に参加するためだ。
チケット


会場は、日本のクラフトビールの聖地ともいえる「麦酒倶楽部ポパイ」だ。
ポパイ


ビール

ウイスキー

ウイスキー02

4000円のチケット制で、ビール、ウイスキー、フードをオーダー。
足りなければチケットを買い足すシステムだ。
チケット制

「5AM SAINT」から私はスタート!
ビア

フィッシュ&チップス
フィッシュ&チップス


モルト

オイルサーディン
オイルサーディン

アイスバイン
アイスバイン


最後が片っ端から飲みまくる。
モルトいっぱい



ビールもウイスキーも奥が深いよ。。。

日本酒以外ももっと勉強しないとな。



麦酒倶楽部 ポパイ
墨田区両国2丁目18−7 ハイツ両国駅前 1F
03-3633-2120




08

17

コメント

隅田川をはさんで 【麦酒倶楽部ポパイ&西口やきとん】

クラフトビールの聖地というべきお店が両国にある。

前々から一度行ってみたかったのだが、
山手線の東側、しかも総武線に乗り換えてとなると、
なかなか億劫で、これまでチャンスがなかった。

8月のある日、このお店の会員になっている後輩に誘われ、
念願の「ポパイ」初訪問だ。
外観

日本のクラフトビールがこれだけ揃う店はそうそうないだろう。
メニュー

まだ時間が早いから空席が目立ったが、どのテーブルにも予約の札が置かれているのだ。
カウンター

会員には毎月いろいろなお知らせが届くようで、そのサービスがハンパない。

1000ml入る、ビアタワー。
2人以上で来店すると、これがなんと無料なのだ。

冨士桜高原麦酒ヴァイツェン
圧巻である。
ビアタワー

お通し

枝豆

牛肉のビール煮
ビール煮

鶏ムネ肉のパイ包み
鶏ムネ肉

5時から8時にはさらに嬉しいサービスがある。
メニューに王冠マークがついている麦酒を頼むと、
このオーサマセットのメニューから好きなおつまみが1品無料でついてくるのだ。
オーサマ

ビアタワーを飲み干し、
王冠マークのついたビールを選び、おつまみをゲット!
オーサマ気分だ☆

ソーセージとザワークラウト
ソーセージ

豆腐とトマトのカプレーゼ
豆腐


私も後輩ももっと若ければ、
渋谷でスカウトされることは絶対にないだろうが、
両国ではスカウトされていたかもしれない。

満席になった店内ではトイレに行くのもままならなくなってきたので、
店をあとにする。

後輩がせっかくここまで足を伸ばしたのだから、連れて行きたいお店があるというのだ。
隅田川を渡り、その店へ向かうのだった。




麦酒倶楽部 ポパイ
墨田区両国2丁目18-7 ハイツ両国駅前 1F
03-3633-2120







続きを読む

Profile

ばるべにー

Author:ばるべにー
「ばるべにー酒店」に並べたい日本酒
※思い出したら追加していきます

福島:登龍(白河)
   奈良萬(喜多方)
   会津娘(会津若松)
   風が吹く(会津美里)
   天明(会津坂下)
   開當男山(田島)
   大七(二本松)
   一歩己(古殿)
東北:豊盃(青森)
   陸奥八仙(青森)
   洌(山形)
   上喜元(山形)
関東:松の寿(栃木)
   鳳凰美田(栃木)
   辻善兵衛(栃木)
   仙禽(栃木)
   屋守(東京)
   鏡山(埼玉)
   花陽浴(埼玉)
   来福(茨城)
中部:佐久乃花(長野)
   十九(長野)
   臥龍梅(静岡)
   房島屋(岐阜)
   小左衛門(岐阜)
   而今(三重)
   三重錦(三重)
北陸:白岳仙(福井)
   早瀬浦(福井)
近畿:篠峰(奈良)
   風の森(奈良)
中国:賀茂金秀(広島)
   美和桜(広島)
   貴(山口)
   雁木(山口)
   東洋美人(山口)
九州:鍋島(佐賀)
   天吹(佐賀)
   七田(佐賀)

いらっしゃいませ

カテゴリ

Bar Whiter River へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。